犬の椎間板ヘルニアの原因、症状、治療、予防について



犬の椎間板ヘルニア

犬の脊椎(背骨)は、7個の頸椎、13個の胸椎、7個の腰椎、3個の仙椎、約5個の尾椎が一列に連なっており、真ん中には脊柱管と呼ばれる空間があり、その空間に脊髄と呼ばれる神経幹が通っています。

脊髄は、脳と合わせて中枢神経系と呼ばれる場合もあります。

犬の椎間板ヘルニアは、何かの拍子でその脊椎に強い衝撃が加わったために、一列に並んでいる椎骨と椎骨の間のクッションのような役割のある椎間板(軟骨)が変形したり、その一部が外側へと飛び出してしまったために、脊髄と呼ばれる神経幹を圧迫して、痛み、しびれ、麻痺、痙攣などを引き起こすようになる病気です。

犬の椎間板ヘルニアの原因

犬の椎間板ヘルニアは、どの犬種においても発症する可能性がありますが、中でもダックス、コーギー、ペキニーズ、シーズー、ビーグルなどの犬種は、遺伝的に椎間板ヘルニアを発症しやすい傾向にあります。

椎間板ヘルニアを発症する主な原因には、高所からの飛び降り、段差の昇り降り、連続的な飛びつき(ジャンプ)、全力疾走などがあります。

肥満の犬は、脊椎にかかる負担が大きくなる事や、脊椎を支える筋肉が貧弱になってくるため、椎間板ヘルニアを発症する危険性が高くなります。

また、老化による骨密度の低下(骨量の減少)や、椎間板の弾力の低下(水分量の減少)も、椎間板ヘルニアの発症リスクを高める原因になります。

犬の椎間板ヘルニアの症状

犬が椎間板ヘルニアになると、椎間板の異常が生じた箇所から、神経を圧迫して起こる鋭い痛みが生じるようになります。

そのため、安静時でも痛がって鳴いたり、体を触られるのを嫌がって怒るようになる場合があります。

散歩中に足のもつれがよく起こるようになったり、お尻をつくなどの傾向が見られるようになる事もあります。

また、神経麻痺が起こると、足を引きずったり、立ち上がれなくなるといった運動障害が見られるようになる事もあります。

ひどい場合には、四肢の全てが完全に麻痺する半身不随、トイレの失敗(粗相)の増加、排尿(排便)困難が起こる場合もあります。

時には、このような痛みの原因が脊椎や椎間板の障害ではなく、膝蓋骨の脱臼や変形によって起こっているケースも多いと言われています。

犬の椎間板ヘルニアの治療

犬の椎間板ヘルニアは、症状が軽い場合には、痛み止め薬や抗炎症薬などの薬剤を使用した内科治療を行い、なるべく運動を控えるなどして安静に保つようにする事で、徐々に改善していく場合があります。

人間のぎっくり腰のように、急な動作や運動によって、腰の周囲の筋肉が硬直し、それによって筋肉を包んでいる膜(筋膜)も硬直し、動けない程の強い痛みが生じているという場合もあり、脊椎や椎間板に異常が無い場合には、安静に保つ事で自然に治まる場合があります。

患部を温めたり、鍼灸治療を行う事も、筋肉の強張りが緩み、筋肉に栄養分が送られるようになるため、治療効果が現れる場合もあります。

しかし、このような急性の腰痛を繰り返し起こしている犬は、脊椎や椎間板の周囲の筋肉が弱くなっており、やがて椎間板ヘルニアを発症する場合があるため、運度のさせ方や肥満には十分注意が必要と言われています。

内科治療や、安静に保つ事でも改善が見られない場合には、手術により、飛び出した椎間板を物理的に除去したり、脊椎の一部を切除する外科治療が行われます。

手術後は安静に保つ必要がありますが、犬の多くは安静に保つ事が難しいため、手術に成功しても、その後の経過によって改善に至らない場合もあります。

自力で排尿や排便ができない場合には、尿道カテーテルを使用して人為的に排尿させたり、お腹を圧迫したり浣腸するなどして、人為的に排便させる事が必要になります。

また、治療後も運動機能の回復が見込めない場合には、犬用車いすなどの補助用具を使用して、その後の生活の質を高める事を考慮する必要があります。

犬の椎間板ヘルニアの予防

犬の椎間板ヘルニアを予防するには、フリスビーを空中でジャンプしてキャッチさせるなど、激しい運動を控えたり、連続的な飛びつき(ジャンプ)をさせないように躾ける事が大切になります。

また、高所からの飛び降りや段差の昇り降りなどをさせないように、ソファーやベッドにはスロープをつけて、なるべく脊椎に負担をかけないように配慮する事も大切です。

また、フローリングは犬が滑り、関節炎や脱臼の原因になる場合があり、脊椎にも負担がかかりますので、椎間板ヘルニアの予防には、コルクマットを敷き詰めたり、カーペットを敷く事も大切です。

食べ過ぎによる肥満は、椎間板ヘルニアをはじめ、様々な骨格の病気の発症リスクを高める原因になりますので、食事量と体重管理を定期的に行い、肥満防止に努める事も大切です。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

猫は食べ物、おもちゃ、においよりも、人間を好む事が判明

昔から「犬は人につき 猫は家につく」と言われており、犬は人(飼い主)に好意を抱き、猫は家(住処)に愛着を持つと考えられている。

すなわち、猫は人をそれほど好きになる事はないという事が、長い間信じられてきたが、そのようなイメージが覆される研究結果が発表された。

その実験を行ったのは、クリスティン・ビターレ・シュリーブ氏率いる、オレゴン州立大学の研究チームだ。

実験では、猫に食べ物、おもちゃ、におい、人間の4種類の刺激を与え、その中から、どれを好んで選ぶのか、という事を検証した。

実験では、猫が最も好む刺激を判断するために、猫をそれぞれ1匹ずつ隔離した上で、食べ物(鶏肉、マグロ、猫用おやつ)、おもちゃ(羽根、ネズミのおもちゃ、針金の先に厚紙のおもちゃがついた「キャットダンサー」)、におい(アレチネズミのにおい、西洋マタタビと呼ばれるイヌハッカのにおい、ほかの猫のにおい)、人間(赤ちゃん言葉で話しかける、撫でる、羽根がついたおもちゃで一緒に遊ぶ)と、さらに細分化した3つの刺激を用意して、どの刺激にどのくらいの時間を過ごすかを細かく記録した。

その後、4種類の刺激の中から、猫が最も好んだ刺激を1つずつ選び、その4つを猫に同時に与えた。

そして、その際に猫が何を選ぶかで、猫の好みが何なのかを判断した。

実験に参加した猫は55匹いたが、そのうち実験をこなせたのは38匹だけだったが、そのうちのちょうど半数の19匹が、ほとんどの時間を人間と過ごしたという結果になった。

次いで、14匹の猫が食べ物を選び、おもちゃを選んだのは4匹、においを選んだのは、わずかに1匹だけだった。

この結果を踏まえ、研究者らは「猫の多くは、社交的な関わりよりも孤独を好むと考えられていたが、本実験データは異なる結果を示している」と述べた。

ただし、今回の実験はサンプル数が少なく、大規模なものではなかった事や、また、どの人間にどう反応するかは、猫によって異なる可能性が注意点としてあるとしている。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

犬の甲状腺機能亢進症の原因、症状、治療について



犬の甲状腺機能亢進症

甲状腺機能亢進症は、喉元にある甲状腺と呼ばれる内分泌器官が、過剰に働くようになる内分泌疾患です。

それにより、細胞レベルで働きかける甲状腺ホルモンが多く分泌されるようになるため、体中にある様々な組織や臓器に多大な影響を及ぼすようになります。

犬の甲状腺ホルモンの働き

甲状腺から分泌される甲状腺ホルモンは、体内のエネルギー利用を促進する働きのあるホルモンで、新陳代謝の促進や調節、骨、筋肉、内臓、皮膚、被毛の形成など、身体活動にも大きく関与しています。

甲状腺ホルモンが過剰に分泌するようになると、副腎皮質で分泌されるアドレナリンが過剰に分泌した時のような症状が見られるようになり、動機、不整脈といった心拍数の異常、心肥大をはじめとする心臓疾患、エネルギー消費量の増加に伴う体重減少、嘔吐や下痢などの消化器の異常、息切れや呼吸困難などの呼吸器疾患、めまいや傾き(平衡感覚障害)、震え、発熱、多飲多尿など、様々な症状が見られるようになります。

また、落ち着きがなくなったり、理由も無く攻撃的になるなど、犬の行動にも変化が見られるようになる場合があります。

犬の甲状腺機能亢進症の原因

犬の甲状腺機能亢進症は、甲状腺に発生した腫瘍が原因となる事が多く、高齢犬に多く見られる傾向にあります。

甲状腺に発生する腫瘍には、良性の場合と悪性の場合があります。

悪性(ガン)の場合には、進行がゆるやかなケースも中には見られますが、多くの場合は、とても攻撃的で、周囲の組織を急速に蝕み、肺をはじめ他の臓器にも転移しやすいと言われています。

また、自己免疫疾患、ストレスなどの影響から、甲状腺の働きが過剰に促されるようになり、甲状腺機能亢進症を発症する場合もあると言われています。

他にも、甲状腺機能低下症の治療の際に使用した薬剤の過剰投与によって起こるケースがあり、そのような場合には、甲状腺機能低下症の治療薬の投与量を減らす事で、自然に改善していくと言われています。

犬の甲状腺機能亢進症の症状

犬が甲状腺機能亢進症を発症すると、異常に活動的になり、食欲が増加する事が多いため、病気になったようには見えず、むしろ元気になったように錯覚する事が多いと言われています。

しかし、ご飯をたくさん食べても体重が減少してきたり、毛艶が悪くなったり、フケや抜け毛が多く出るなどして、皮膚病にかかりやすくなったり、嘔吐や下痢をよくするようになるなど、お腹を壊したり、体調が悪いように見える事が多くなります。

甲状腺機能亢進症の病態が悪化してひどくなってくると、旺盛だった食欲は低下していき、それに伴い活動性も低下してくるようになります。

発熱が続いたり、動機、不整脈といった心拍数の異常や、嘔吐や下痢を繰り返し、脱水症状が起こるなどして病態がひどく悪化すると、こん睡状態に陥ったり、時には命を落としてしまう場合もあります。

犬の甲状腺機能亢進症の治療

犬の甲状腺機能亢進症の診断は、血液中の甲状腺ホルモンの測定や、超音波検査によって行われます。

犬の甲状腺機能亢進症の主な治療方法は、薬剤の投与を行う内科治療と、手術によって甲状腺を切除する外科治療に分けられます。

内科治療では、抗甲状腺薬剤の投与を行う事で、血液中の甲状腺ホルモン濃度を低下させ、正常なホルモン濃度へと誘導する治療方法です。

外科治療では、腫大した甲状腺を切除する事で、甲状腺ホルモンの分泌量を抑える治療方法です。

甲状腺は、喉元に左右2つずつあり、病態に応じて一部または全部の摘出が行われます。

甲状腺の周囲には、動脈、神経、食道、気管などの様々な組織があり、悪性腫瘍(ガン)の侵略度が大きい場合には、非常に難しい手術となります。

術後は、甲状腺ホルモンの分泌が全く無くなったり、著しく減少するケースがあり、そのような場合には、甲状腺ホルモンを生涯に渡って投与し続ける事が必要になります。

他には、放射性ヨード(アイソトープ)を内服し、甲状腺の中から放射線を出して甲状腺の細胞を潰していく、新しい治療方法などもあります。

ただし、放射性ヨードの治療の場合には、後遺症として甲状腺機能低下症を発症するリスクがあると言われています。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

犬が人間に対して戦略的なウソをつく事が、実験により証明される

犬は様々な経験を学習する事によって、戦略的にウソをつく事ができるという論文が、学術サイト「Animal Cognition」に発表された。

スイスのチューリッヒ大学の研究者マリアン・ヘバーライン氏は、自分の飼い犬達の奇妙な行動に興味を持った。

それは、1匹がもう1匹の注意をそらし、その隙に相手の寝床を奪おうとした事だ。

このような犬の行動を見たマリアン・ヘバーライン氏は、犬は人間に対しても、このような行動を行うだろうかと考えた。

その論文に書かれた実験によって、犬は自身で考える戦略に応じて、人間に対してもウソをつく事が証明された。

その実験とは、見知らぬ2人の人間(1人はご褒美をくれる協力的な人、もう1人はご褒美を見せるも、自分でキープしたままくれない非協力的な人)とパートナーを組み、ご褒美の入った箱へパートナーを連れていかせるというものだ。

ご褒美の入った箱は3つ(1つは好物のおいしいソーセージ、2つ目はソーセージほど好物ではないビスケット、3つ目は空箱)を用意しておき、2人のパートナーのうちの1人を箱の傍へ連れていくように命じる。

そして、その作業の後は、犬は飼い主を箱の傍へ連れて行く事ができ、残ったご褒美が全てもらえるという設定だ。

その実験では、2人のパートナーのうち、非協力的な人を連れていく際のほとんどは、わざと空箱へと導き、自分がご褒美を得ようとした事が分かった。

このように、非協力的な人を自身の戦略から遠ざける行動は、他の実験においても証明されているそうだ。

それは、犬の飼い主が他の人に作業を手伝って欲しいと頼む際に、協力的な人、非協力的な人、中立的な人(観察者)を配置し、その作業後、非協力的な人と中立的な人の両方からご褒美を差し出された際に、そのほとんどは中立的な人を選んだというものだ。

このような行動には、飼い主に対する親愛や忠誠の表れにも関係があり、犬が高い認知能力を持っている事も分かったそうだ。

このような行動は、人間の幼児やオマキザルにも見られるそうだ。

また、犬種間でもそれほど大きな違いは無いという。

今回の論文に書かれた研究成果からは、犬に対してご褒美を与えるのを渋った際には、犬が自身の目的であるご褒美を得るために、時にはウソをつくなど、様々な戦略を組み立て、目的達成を図る可能性がある事を示唆しているそうだ。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

犬のツメダニ症(ツメダニ皮膚炎、ケイレテイラ皮膚炎)



犬のツメダニ症

犬のツメダニ症は、イヌツメダニというダニの一種が、犬の皮膚に寄生する事によって起こる、寄生虫感染症です。

ツメダニ皮膚炎、または、ケイレテイラ皮膚炎と呼ばれる場合もあります。

イヌツメダニは、その名前の通り、大きな鉤爪(かぎづめ)を持っているツメダニの仲間で、体長0.4~0.6mm程の微細なダニです。

サイズがとても小さく、肉眼では点のようにしか見えませんが、虫眼鏡があれば、容易にそれがイヌツメダニかどうかの判断ができると言われています。

宿主である犬の皮膚に取り付くと、吸血する事はありませんが、皮膚にかぎ爪で傷を付け、染み出した体液を吸いながら生息を続けるようになります。

そして、メスは多くの卵を皮膚に産み付けながら、盛んに繁殖を行うようになります。

人間の皮膚にも寄生する場合があり、イヌツメダニに感染している犬を抱きしめたり、一緒に寝るなどして、イヌツメダニに刺されると、皮膚に赤い湿疹(ダニ刺咬性皮膚炎)が現れ、強い痒みを引き起こす場合があります。

また、直接の刺咬害が無い場合でも、イヌツメダニの糞、脱皮殻、死骸などのアレルギー物質が原因で、皮膚炎や気管支炎などのアレルギー疾患が起こる場合があります。

犬のツメダニ症の原因

犬のツメダニ症は、既にイヌツメダニに感染している犬との接触によって起こります。

ブラシや首輪などの道具を介してや、ノミやシラミ、ハエなどの大型の昆虫類を媒介してなど、間接的にうつる場合もあります。

また、猫に感染するネコツメダニや、うさぎに感染するウサギツメダニも、宿主特異性にそれほど大きな違いが無いため、猫やうさぎとの接触が原因となる場合もあります。

また、既に感染している犬から、猫やうさぎへとうつる可能性もあります。

犬のツメダニ症の症状

犬がツメダニ症にかかると、被毛の隙間に大量のフケが発生するようになります。

そのような大量のフケは、イヌツメダニの繁殖が進むとともに、耳、首、胸、脇、背中、お腹、股下、尻尾の付け根など、体中のいたるところで見られるようになります。

また、しきりに体を引っ掻くなどして痒がるようになったり、皮膚に炎症が起こり、赤みが生じるようになる事もあります。

犬が何度も掻き毟る事によって、脱毛やかさぶたなどの二次的な病変が現れる場合もあります。

中には、皮膚の痒みや赤みなどの症状が現れず、単にフケだけが大量に出るケースもあります。

犬のツメダニ症の治療

犬のツメダニ症の治療には、殺ダニ剤を使用した薬浴やシャンプーによる皮膚洗浄、薬剤を使用した薬物治療などが行われます。

塗り薬は、犬が舐め取ってしまう可能性がある事から、内服薬が多用されています。

イヌツメダニは、宿主の体から離れても、10日間程は生存する事ができると言われていますので、ツメダニ症の治療中は、こまめに室内を掃除機を使って掃除したり、犬が使用しているベッドやマットにも掃除機をかけたり、ダニ取りシートや布団乾燥機も使用するなどして、残ったダニの駆除に努める事も重要になります。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト