青森県三戸町の三戸大神宮が、三毛猫をモチーフにしたキャラクター名を公募

青森県三戸町にある三戸大神宮は、同神社をPRするキャラクターを新たに作り、その名前の募集を開始した。

禰宜(ねぎ)の山崎貴行さんは、「このキャラで、神社がより親しめる場になれば。子どもから高齢者まで、幅広く愛されるキャラになるような名称を付けてほしい」と話している。

キャラクターは、神社につかえる「巫女(みこ)」と、同町出身の漫画家・絵本作家の馬場のぼるさんの「11ぴきのねこ」にちなんで、「巫女」と「猫」が組み合わさった、かわいらしいデザインになっている。

そのデザインは、八戸市の三社大祭山車絵師で「山車づくり名人」として知られている夏坂和良さんが手がけたものだ。

夏坂さんによると、このキャラクターはメスの三毛猫で、額や耳などに福を授けるハートマークが七つあるという。

恋愛成就と幸せを招くのが得意で、三戸町の「三」にちなんで三つの願いをかなえてくれるそうだ。

このキャラクターが願い事をかなえる時には、額のハートが金色に輝くという設定になっている。

夏坂さんは、「キャラの名称募集で、三戸大神宮をより広く知ってもらえる。キャラが定着し、ゆくゆくは全国にも知れ渡るようになればうれしい」と話している。

名前の決定後、夏坂さんがキャラクターの人形を作り、5月頃をめどに神社拝殿に展示する予定だ。

応募は住所、名前、年齢、電話番号などの連絡先を明記し、メール(shinmei-kun■rose.ocn.ne.jp、■を@に変更)か、三戸大神宮(〒039-0134、三戸町同心町諏訪内43)宛てのハガキで受け付けている。

名前の募集は3月末まで。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

マックハウスが猫画像の投稿サイト「マックハウスのいやしネコ大賞」の募集を開始

3月1日、新高円寺に本社のあるマックハウスが、「マックハウスのいやしネコ大賞」の募集を開始した。

マックハウスは、社長の白土孝さんが、大の猫好きとして知られており、同社では、猫の殺処分ゼロ運動を応援したり、里親募集なども行っている。

「マックハウスのいやしネコ大賞」は、近年のオリジナル猫キャラクターをモチーフにしたブランド「Nyans World(ニャンズワールド)」の販売に合わせて、「猫が持つセラピーパワーで、みんなを笑顔にする」というコンセプトから立ち上がった企画だ。

今回の募集は、2016年度の募集に引き続き、2回目となる。

同企画への応募は、フェイスブック、またはグーグルプラスのアカウントでサインインする事で、自宅で一緒に暮らしている猫や、外出先で偶然出会った猫など、お気に入りの猫の画像を投稿する事ができる。

応募画像の閲覧者は、「良い」「癒やされた」「共感した」などという気持ちを、「いいニャ!」ボタンを押して表す事ができる。

賞金は、大賞に10万円(1人)、優秀賞に一眼レフカメラ(1人)、入選に1万円(5人)となっている。

応募受け付けは、2018年2月28日まで。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

猫の日にちなみ、ユーキャンが猫専用の通信講座「ユーニャン」の動画を公開

通信教育や出版業で知られるユーキャンが、2月22日(にゃん・にゃん・にゃん)の猫の日にちなんで、インターネット限定動画「ねこ勉~Cats Learning~」を公開した。

この動画は、長野県の山奥で暮らしをしているお婆さんと、一緒に住む白猫と黒猫の2匹の猫が登場する、ショートムービーになっている。

白猫と黒猫の2匹の猫は、亡くなったお爺さんの写真を見て悲しむお婆さんを元気にしようと、お婆さんには内緒で、こっそりと猫専用の通信講座「ユーニャン」の勉強を始める。

その「ユーニャン」には、「2本足での立ち方」、「しっぽの振り方」、「肩の揉み方」などが猫の肉球(猫語)で書かれたテキストで解説されていたり、また、DVDの映像を見る事でも学べるというもので、お婆さんを思う2匹の猫は、毎日コツコツ一緒に勉強を行う。

そして、季節は教材が届いた春から夏、秋、冬へと移り行く。

冬の厳しい寒さの影響からか、お婆さんは亡くなったお爺さんの写真を見て、再び涙を流してしまう。

そんな様子を見た2匹の猫は、2本足で立って踊って見せたり、お婆さんの肩を揉んであげたりと、「ユーニャン」で学んだ成果をお婆さんに見せる。

すると、お婆さんの表情は、とても明るい笑顔へと変わる。

動画の内容は、全て実在しない架空の設定ではあるものの、じわじわと心に響く、とても感動的なショートムービーになっている。

この動画を見た視聴者からは、「じんわり泣ける」、「心温まる」、「CMっぽくない」など、SNSを中心に、多くの感動の声が発信されている。



光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

東レが猫の慢性腎臓病治療に有効とされる新薬を開発

東レは1月23日に、猫の慢性腎臓病治療薬として、ベラプロストナトリウムを有効成分とする、経口プロスタサイクリン(PGI2)製剤「ラプロス®」の製造販売承認を取得したと発表した。

そして、4月より共立製薬を発売元として、同製剤の販売を開始する予定としている。

腎機能低下の抑制を効果効能とした、国内初の製剤「ラプロス®」は猫専用のもので、1回あたり1錠、1日2回、朝晩の食後に経口投与する錠剤だ。

慢性腎臓病(慢性経過の腎不全)は、腎臓の機能が徐々に低下していく病気で、食欲不振、体重減少、多飲多尿、嘔吐といった様々な症状が現れる疾病だ。

高齢猫に多く見られる傾向にあり、10才以上の猫における有病率は、30~40%とも言われている。

しかし、病態が解明されていない点も多く、その治療法は限られていた。

最新の研究報告によると、腎機能低下の主要因は、腎臓の間質における線維化と判明しており、同社はこれに着目し、線維化の抑制が慢性腎臓病の防止につながると考え、新薬の開発を着手した。

同製剤は、血管内皮細胞保護作用、血管拡張作用、炎症性サイトカイン産生抑制作用および抗血小板作用を有しており、これらの薬理作用によって腎臓の虚血および低酸素状態を改善させる事ができ、腎機能の低下を抑制し臨床症状を改善させることを可能にするという。

同社の発表では、腎機能低下の抑制を効果効能として承認を取得している薬剤は他に無く、同製剤が国内初のものだという。

今後は、ライセンス契約などで海外展開なども積極的に検討するとしている。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

猫が迷子になっても安心!GPS搭載の猫専用ハイテク首輪が話題に

猫を飼っている人の中には、完全な室内飼育を行っている人もいれば、自由な外出を許している人もいて、その飼い方については飼い主によって様々だ。

外出する習慣のある猫は、自分の縄張りを定期的にパトロールしたり、マーキングする必要性が生じるようになるため、かなり長い間、外出したまま帰ってこない事も多い。

そもそも、猫は自由気ままでマイペースな性格なため、一度外出させると、いつ帰ってくるのか、どこに行っているのかは、飼い主にも分からない。

そのため、他の野良猫との喧嘩、野生動物との遭遇、交通事故、行方不明など、飼い主にとっては様々な心配事にもなる。

そんな外出中の猫に対する、飼い主の心配事を解決するアイテムが登場し、海外を中心に話題を集めている。

そのアイテムは、PAWTRACKというGPS搭載の猫専用の首輪だ。

首輪にはWi-Fiアンテナも付いており、猫が自宅に戻っている時には、GPSを自動的に停止して、省エネモードになるため、バッテリーが長持ちするように設計されている。

この省エネ機能こそが、他のペット追跡装置にはない特徴の一つなのだという。

また、Wi-Fiアンテナは、猫の首の後ろに付いているため、感度も非常に良いという。

飼い猫にこのPAWTRACKを着けた後は、猫の行方を探したい時には、PAWTRACKの公式ホームページにログインする事で、パソコンやスマートフォンから、すぐに猫の居場所が分かるようになっている。

また、猫の行動履歴もデータとして保管されるため、普段の行動パターンを知る事も可能になっている。

猫好きの飼い主にとっては、このPAWTRACKによって、飼い猫を安心して外出させる事ができるばかりか、飼い猫の行き先や行動パターンを見るだけでも楽しめるようだ。



光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト