犬のニキビダニ症(イヌニキビダニ症、毛包虫症、アカラス、デモデックス)の原因、症状、治療について



犬の皮膚病がなかなか治らなかったり、何度も再発を繰り返している場合には、その背景にニキビダニの過剰繁殖が影響している場合があります。

ニキビダニ症は、膿皮症、脂漏症、アトピー性皮膚炎など、他の皮膚病と併発して起こる場合も多く、難治性の皮膚病の場合には、ニキビダニ症との関連も疑う必要があります。

犬のニキビダニ

ニキビダニは、体長が約0.3mm程の非常に小さなダニの一種です。

ニキビダニの体は、細長い芋虫状になっており、毛穴の毛包部に生息する性質がある事から、毛包虫と呼ばれたり、アカラス、デモデックスなどと呼ばれる場合もあります。

犬のニキビダニ症の原因

ニキビダニは、皮脂腺から分泌する余分な皮脂を食べてくれる存在でもありますが、皮脂の分泌量が過剰に多くなったり、免疫力が低下すると、過剰に繁殖するようになる場合があり、毛穴からはい出してくる場合もあります。

そして、犬同士の直接的な接触や、ブラシやタオルを介するなどして、簡単に感染が起こります。

子犬のほとんどは、母犬からの母子感染(垂直感染)によって幼少の頃から体に付いている事が多く、健康的で皮膚に異常が生じていない犬であっても、毛穴にはニキビダニが寄生している場合があります。

しかし、そのニキビダニが毛穴で異常繁殖を起こさない限りは、皮膚に異常が生じる事はなく、ニキビダニが寄生していながらも、皮膚に異常が生じておらず、健康上の問題が生じていない犬も多く存在しています。

ニキビダニの過剰繁殖は、免疫力の低下、新陳代謝の異常、皮膚の老化、栄養分の偏り、発情、ストレスなど、様々な事が影響して起こると言われています。

糖尿病、肝臓病、腎臓病などの慢性疾患を抱えていたり、甲状腺疾患や副腎疾患などのホルモン分泌異常があるために、免疫力が低下して、ニキビダニが異常繁殖を起こしやすくなり、皮膚に異常が起こる場合もあります。

人間も同様に、ほとんどの人の毛穴にはニキビダニが付いていますが、人と犬ではニキビダニの種類が異なるため、種を超えて広がる事は無いと言われています。

犬のニキビダニ症の症状

犬のニキビダニ症は、体の一部に局所的な病変が現れる場合や、体中の広い範囲で病変が現れる場合もあります。

局所的な病変の場合には、特定部位の皮膚や毛穴が赤く腫れたり、被毛が薄くなったり、局所的な脱毛が見られる場合もあります。

病変部からは強い痒みが起こるため、犬がしつこく掻きむしったり、噛み付くなどして、傷やかさぶたができる場合もあります。

細菌による二次感染が起こると、膿を含んだ出血やかさぶたが見られるようになったり、浸出液が多く出るようになったり、皮膚が黒ずんだようになる事もあります。

このような皮膚の異常が、体の広い範囲に及んでいる場合には、体中のあちこちに脱毛が見られたり、皮膚がボロボロになるなどして、見た目にも痛々しい様子になっていきます。

病変が全身の広い範囲に及んでひどくなると、症状がすぐに治まる事はほとんどなく、時には生涯に渡って治療を継続する必要が生じる場合もあります。

免疫力が脆弱な子犬や老犬は、病変が全身へと広がりやすく、重症化しやすい傾向にありますが、子犬の場合は、成長にしたがって皮膚の自浄作用や免疫力が高まり、自然に症状が軽快していく場合があります。

膿皮症、脂漏症、アトピー性皮膚炎など、他の皮膚病の影響で皮膚が弱くなっていたり、傷ついている場合には、症状がひどくなりやすく、慢性化しやすい傾向にあります。

免疫力が極度に低下している場合には、敗血症を起こして命を落としてしまう場合もあります。

犬のニキビダニ症の治療

最初に病変部の皮脂腺から出る分泌物を採取して、顕微鏡でニキビダニの存在を確認する検査が行われます。

初期の場合など、ニキビダニの数が少ない場合には、ニキビダニの存在を確認できない場合もあり、反復的な検査が必要になる場合もあります。

治療には、ニキビダニに対して効果のある駆虫薬を使用して、過剰に増えすぎたニキビダニの駆除が行われます。

殺虫効果のある薬浴を行い、犬の体からニキビダニの駆除を行う場合もあります。

それでも、犬の体から全てのニキビダニを完全に駆除する事は難しいため、根気強く治療を継続する必要があります。

細菌や真菌による二次感染が生じている場合には、抗生物質や抗真菌薬の投与も行われます。

他の基礎疾患やホルモン分泌疾患などの病気を抱えている場合には、ニキビダニ症の病変を悪化させたり、治りにくくしてしまうため、その治療も平行して行われます。

症状が軽い場合には、自然に快方へと向かう場合もあり、薬用シャンプーによる洗浄のみで、経過観察が勧められる場合もあります。

犬が高齢で免疫力も著しく低下している場合には、完治させる事が難しい場合もあり、全身の広い範囲で細菌や真菌による二次感染が生じている場合には、敗血症を起こす危険性があるため、生涯に渡って薬物治療を継続したり、体の衛生管理が必要になる事があります。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト