猫の尻尾の皮膚炎、尾腺炎(スタッドテイル)について



猫が尻尾(しっぽ)の周囲をしきりに舐めていたり、噛み付いたりして、頻繁に気にしている場合には、尾腺炎(びせんえん)などの何らかの病変が生じている場合があります。

猫の尾腺炎(スタッドテイル)とは

猫の尾腺炎は、尻尾の付け根付近にある尾腺(びせん)と呼ばれる分泌腺に炎症が起こる病気です。

尻尾の尾腺の炎症がひどくなると、尻尾やその付近の皮膚が、まるで鋲(びょう)を打ったようにデコボコしてくる事から、「スタッド(鋲)テイル(尾)」という病名で呼ばれる場合もあります。

尾腺は、猫の体にいくつもある、皮脂の分泌腺である脂腺(しせん)の一つです。

尻尾の他には、瞼(まぶた)、耳、唇、顎(あご)、オスの包皮や陰嚢(いんのう)などに分布しており、皮膚や粘膜の乾燥を防いだり、皮下へ細菌やウイルスが進入するのを防ぐ働きなどがあります。

また、猫が自分の縄張り(テリトリー)を示す際の臭いをつける役割などもあると言われています。

猫の尾腺炎の原因

猫の尾腺炎は、尾腺から分泌する皮脂の量が過剰に多くなるために、周囲の被毛がからんだり、固まりになる事で、尻尾の付け根付近に汚れが溜まりやすくなったり、雑菌が繁殖しやすくなる事によって起こります。

顎の下にできるアクネ(ニキビ)と同じような現象と考えられています。

アクネは、オス猫とメス猫では発生頻度にそれほど違いは見られませんが、尾腺炎は、虚勢をしていないオス猫に多く見られる傾向にあり、メス猫にはほとんど見られない傾向にあります。

そのため、尾腺炎は、性ホルモンの影響が大きいのではないかと考えられています。

稀に、避妊していないメス猫が発症する場合もあります。

猫種においては、ペルシャ、ソマリ、シャム、チンチラといった皮脂の分泌量の多い体質の猫が発症しやすいと言われています。

猫の尾腺炎の症状

猫が尾腺炎になると、尻尾の付け根付近にある尾腺に炎症が起こり、皮膚の赤みや腫れ、脱毛が見られるようになります。

皮脂の分泌量が多くなっているために、尻尾の周囲がベトベトしていたり、強い臭いが生じている場合もあります。

病変部からは、痒みや痛みが生じるようになるため、猫はしきりに舐めたり、引っ掻いたりする事を繰り返すようになります。

そして、尻尾やその周囲に傷ができたり、出血が起こる場合もあります。

細菌による二次感染が起こると、膿を含んだ湿疹やカサブタができるなど、化膿性の病巣が見られる事があります。

ひどくなってくると、見た目には、尻尾の付け根付近がデコボコした状態になり、スタッドテイルの名のごとく、まるで飾り鋲やボタンが付いているような腫れやしこりが現れ、ひどく痛々しい様子に見えるようになっていきます。

猫の尾腺炎の治療

猫の尾腺炎の治療は、尻尾の付け根付近の病変部を薬用シャンプーで洗浄し、細菌感染が起こっている場合には、抗生物質の投与が行われます。

尻尾の周囲の通気性を良くするために、尻尾の付け根付近の被毛を短くカットする事も行われます。

他にも、アレルギーやホルモン分泌異常などの慢性疾患が影響している場合には、その治療も同時に行われます。

獣医師からは、尾腺炎の原因である皮脂の分泌量を少なく抑えるために、去勢手術が勧められる場合がありますが、虚勢手術を行った後も、発症する事があります。

猫の尾腺炎は、治療後も再発する事が多いため、汚れが付きやすい股下や尻尾の周囲の被毛は、定期的にカットするようにしたり、定期的にシャンプーを行うようにして、猫の体を清潔に保っておく事が大切です。

皮脂はぬるま湯にも溶け出しやすいため、シャンプーが苦手な猫には、ぬるま湯のシャワーで体をすすいだり、ぬるま湯を含んだタオルで体を拭き取るだけでも、余分な皮脂を取り除ける効果が期待できます。

キャットフードに含まれている脂肪分が多い場合や、脂肪分の酸化(劣化)の可能性がある場合には、キャットフードの種類を変更したり、保存状態を見直す事も、時には有効な場合があります。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト