猫の結膜炎の原因、症状、治療、予防について



猫が急に目を細めるようになったり、目をパチパチさせてまばたきを何度もするようになっていたり、まぶたが大きく腫れている場合には、結膜炎をはじめとする眼の病気を発症している可能性があります。

猫の結膜炎

結膜炎は、黒目以外の眼球の表面や、瞼の内側にある結膜と呼ばれる薄いゼラチン状の組織に、充血などの炎症が起こる病気です。

目の結膜は、目が開いている間は、常に外部にさらされている状態になるため、異物の進入、物理的な刺激、外圧や摩擦など、様々な刺激を受けやすい場所です。

また、結膜は常に涙で潤っており、適度な温度と栄養分が維持されているため、細菌やウイルスなどの病原体が繁殖しやすく、感染症やアレルギーによる病変が起こりやすい特徴があります。

猫の結膜炎の原因

猫の結膜炎は、猫風邪と呼ばれるウイルス感染症(猫ヘルペスウイルス、猫カリシウイルス、猫クラミジア)によって起こる事が多いと言われています。

そのようなウイルス感染症によって、結膜炎が慢性化してしまう場合もあり、そのような病態は、慢性結膜炎と呼ばれています。

また、目の中に、室内のホコリや繊維クズなどの異物が入り込み、目の結膜に傷がついてしまう事で、結膜炎の発症に至る場合もあります。

眼球や瞼に傷がつくと、微細な傷口に細菌が入り込みやすくなるため、免疫力が弱っている場合には、感染症を起こして目の結膜に炎症が起こる場合があります。

他にも、他の角膜炎や逆まつ毛(眼瞼内反症)、ドライアイ(角膜乾燥症、乾性角結膜炎、涙液減少症)などの眼病の影響で結膜炎を発症したり、そのような眼病を同時に発症する場合もあります。

アトピー性皮膚炎などの皮膚の強い痒みから、目の周囲をひどく掻き毟ってしまい、目の結膜に傷がつき、結膜炎の発症に至る場合もあります。

外出する習慣のある猫は、猫同士の喧嘩によって目の結膜に傷がついたり、東洋眼虫と呼ばれる寄生虫感染が起こり、結膜炎を発症する場合もあります。

猫の結膜炎の症状

猫が結膜炎になると、目のふちの瞼が赤くなり、瞼が大きく膨らんで腫れ上がった状態になったり、猫が目を大きく見開く事ができなくなり、常に目を細めたままの状態になる場合もあります。

結膜は、細菌やウイルス、ホコリや粉塵といった異物の進入を感知して、涙や粘液の分泌量を増やす働きがあるため、涙が多く出るようになり、いつも目の周囲の被毛が湿っていたり、涙目のように見えたり、目から異物などの汚れとともに目ヤニや膿のような分泌物が多く出てくるようになる場合もあります。

また、猫が結膜炎になると、目頭の付近にある瞬膜という膜にも炎症が起こり、チェリーアイと呼ばれる眼病を併発する事も多く見られます。

猫は目に痒みや痛みなどの違和感を感じると、足で目を何度も擦ったり、掻いたりするようになったり、床や壁に擦りつけるようになる場合があり、病変がますますひどくなり悪化してしまう場合があります。

ひどくなると、角膜炎を併発して、黒目が白く濁ってくる事もあり、著しい視力低下を招いてしまう場合があります。

最初のうちは片目だけに異常が生じているだけであっても、細菌やウイルスがもう一方の目にも入り込んでしまうと、両目ともに同じような病変が見られるようになる場合があります。

猫の結膜炎の治療

猫の結膜炎の治療は、主に点眼薬や眼軟膏などを使用した薬物治療が行われます。

瞼に溜まった膿や粘液を丁寧に取り除き、周囲の被毛の洗浄や殺菌なども行われる場合があります。

目の周囲の被毛が長い場合には、目に被毛が入り込まないように、被毛を短くカットする処置が行われる場合もあります。

治療中は、猫が目を擦ったり、掻いたりしないように、エリザベスカラーを着用させる必要があります。

猫ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス感染症、猫クラミジア感染症などの猫風邪によって発症した場合には、治療後も体内にウイルスが潜伏し続ける場合があり、体力や免疫力が低下した際に、再発を起こしたり、症状が治まらずに慢性化してしまう場合があります。

猫の結膜炎の予防

猫の結膜炎を予防するには、普段から猫の体や生活環境を清潔に保っておく必要があります。

結膜炎の原因になる事の多い猫風邪を予防するために、予めワクチン接種を行っておく事も大切です。

外出する習慣のある猫は、猫同士の喧嘩や、他の猫が持っているウイルスや寄生虫などがうつってしまい、結膜炎などの眼病を引き起こす可能性が高くなりますので、完全な室内飼育の方が、猫の寿命を長く保つ事にもつながります。

体力や免疫力の弱ってきている老猫は、特に注意が必要です。

目の周囲の被毛が涙でいつも湿っていたり、目ヤニが多く出ていたり、また、猫がまばたきを多く繰り返していたり、目を細めている場合には、何らかの目の病気を疑って、早いうちに動物病院で異常の有無を調べてもらう事も大切です。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト