犬の結膜炎の原因、症状、治療、予防について



犬の結膜炎

結膜炎は、白目の表面や瞼の内側にある、ゼラチン質の薄い膜である結膜に炎症が起こり、白目や瞼に赤い充血が見られるようになる目の病気です。

眼球の表面を覆っている結膜は眼球結膜、瞼の内側を覆っている結膜は眼瞼結膜、その両者の接続部分にある結膜は円蓋結膜と呼ばれています。

結膜は、細菌などの微生物や、花粉やホコリといった異物が目の中に入り込んだ事を感知して、粘液や涙の生産量を増やし、眼球を保護しようとする働きがあります。

結膜炎は、犬の眼病の中では最も多く見られる病気と言われています。

犬の結膜炎の原因

犬の結膜炎は、目の中に細菌やウイルスなどの病原体が入り込んだ事による感染症が原因となったり、花粉やホコリなどのアレルギー物質が入り込んだために、アレルギー反応が生じるなど、何らかの異物の刺激によって引き起こされる場合があります。

室内の繊維クズや毛玉、抜け毛などのハウスダストが目に入り込んだために、目の結膜が傷つき、結膜炎の原因となってしまう場合もあります。

また、公園や散歩道の草花が目に当たったり、床やカーペットに頭を擦りつけた際に、目の結膜を痛めてしまう場合もあります。

犬同士の遊びやじゃれ合いによって、目を傷つけてしまい、結膜炎を発症する場合もあります。

シャンプーや薬剤などの刺激物が目に入り込んだために、結膜に充血が起こり、結膜炎に至る場合もあります。

涙を分泌する涙腺の機能が低下して、極度のドライアイ(角膜乾燥症、乾性角結膜炎、涙液減少症)が起こり、眼球と瞼の摩擦が生じやすくなっていたり、涙による自浄作用が低下しているために、結膜に炎症が起こりやすくなり、結膜炎が誘発される場合もあります。

アトピー性皮膚炎による目の周囲の痒みから、目の周りを何度も引っ掻いてしまい、目の結膜を傷つけてしまう事が原因となる場合もあります。

犬が角膜炎や逆まつ毛(眼瞼内反症)などの他の眼病にかかっており、その眼病から併発して起こったり、目の違和感から、犬が目を気にして引っ掻いてしまい、目の結膜が傷ついてしまう場合もあります。

他にも、涙が異常に多くなる流涙症(涙やけ)から、目ヤニが過度に多く出るようになったり、目の周囲に雑菌が繁殖しやすくなり、結膜炎が誘発される場合もあります。

パグ、ボストンテリア、フレンチブルドッグ、ブルドック、トイプードル、チワワ、シーズー、マルチーズ、ポメラニアン、ペキニーズなど、鼻先が短い犬種や、目が外側に飛び出している犬種は、結膜炎を発症しやすいと言われています。

犬の結膜炎の症状

犬が結膜炎にかかると、目に痒みや痛みなどの違和感が生じるようになるため、目を足で引っ掻いたり、目を床や壁に擦りつけるようになる場合があります。

また、犬がまばたきをする回数が多くなったり、涙の量が多くなり、いつも涙目になっていたり、目ヤニが多くなったり、時には瞼から涙がこぼれ落ちる事が多くなり、目の周囲がいつも濡れた状態になる場合もあります。

目の中に入り込んだ異物を出そうとして、何度も頭を振るようになる場合もあります。

犬の白目には、一部分だけに赤い充血が見られる場合でも、犬が目を掻いたり、擦ったりしているうちに、白目の全体へと充血が広がっていき、白目の全体が赤く見えるようになっていきます。

瞼が腫れて、異常に大きくなっていたり、その腫れによって目が大きく開けなくなっている事を確認できる場合もあります。

このような病変は、片目だけに生じる場合もあれば、両目ともに生じる場合もあります。

症状がひどくなると、角膜炎を併発して、目の角膜が白く濁ってきたり、白目に色素沈着が起こり、茶色に変色する場合があり、悪化すると視力低下を引き起こす場合もあります。

犬の結膜炎の治療、予防

犬の結膜炎の治療は、主に点眼薬を使用して行われます。

細菌やウイルスが原因の場合には、白目や瞼の炎症を抑えるために、抗生物質などの点眼薬や眼軟膏を使用して治療が行われます。

アレルギーが原因の場合には、免疫抑制剤などの点眼薬を使用したり、人工涙液を使用して治療が行われます。

全身性のアレルギーがある場合には、内服薬も使用したり、ドッグフードを変更するように指導を受ける場合があります。

慢性疾患など、他の全身性の病気がある場合には、その病気に応じた治療が行われます。

目の周囲の被毛の洗浄や消毒なども行われます。

また、目の周りの被毛が長く、目に入る可能性がある場合には、短くカットする場合もあります。

治療後も、犬が目を掻いたり擦ったりする可能性がある場合には、なかなか治らなかったり、余計にひどくなってしまう可能性があるため、エリザベスカラーの着用が必要になります。

自宅では、空気中の花粉やカビの胞子などが目に入り込まないように、空気清浄機を使用したり、ホコリや繊維クズなどのハウスダストが目に入り込まないように、室内を清潔に保つ事も大切です。

また、目の周囲で細菌やウイルスが繁殖しないように、普段から目の周囲を丁寧に殺菌するなどしてお手入れをしたり、目ヤニや涙などの汚れを取り除く事も大切です。

目を傷めないように、低刺激のシャンプーに変更したり、シャンプーの溶液を薄めて使用する事にも、注意する必要があります。

そして、犬を深い草むらや茂みの中には入らせないようにして、犬の目を物理的な刺激から守るように努める事も大切になります。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト