スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


猫風邪、猫インフルエンザ(猫ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス感染症、猫クラミジア感染症)



いつもは元気いっぱいの猫が、ある時から咳やくしゃみを繰り返すようになったり、活発さが無くなったり、食欲が低下してきた場合には、猫風邪と呼ばれる上部気道感染症にかかっている可能性があります。

猫風邪と呼ばれる上部気道感染症には、猫ウイルス性鼻気管炎(猫ヘルペスウイルス)猫カリシウイルス感染症(猫カリシウイルス)猫クラミジア感染症(猫クラミジア)の3種類があると言われています。



猫ウイルス性鼻気管炎

猫ウイルス性鼻気管炎は、猫伝染性鼻気管炎とも言われているウイルス感染症です。

猫カリシウイルス感染症を併発した場合には、ウイルス性呼吸器感染症と呼んだり、猫インフルエンザと称して呼ぶ場合もあります。

猫ウイルス性鼻気管炎の原因

猫ウイルス性鼻気管炎は、猫ヘルペスウイルスに感染する事によって引き起こされる病気です。

既に感染している猫がくしゃみをするなどして、その鼻水やよだれが未感染の猫の目や鼻、口などの粘膜に付いてしまったり、猫同士のグルーミングから、ウイルスの付いた目ヤニや被毛を口にする事によって感染が起こる場合もあります。

また、食器やブラシ、ケージやトイレを介してや、飼い主が感染猫に触れた際の手や衣服を介してなど、間接的に感染が起こる場合もあります。

猫ウイルス性鼻気管炎は、一度発症すると、症状が治まった後も、体内にウイルスを保持したままのウイルスキャリアとなる事が多く、現在は風邪のような症状が出ていない猫であっても、過去に感染歴がある場合には、その猫を介して感染が広がってしまう場合があります。

猫ウイルス性鼻気管炎は、強い感染力を持つウイルスと言われており、空気感染(飛沫感染)によって感染が起こる事が多く、また、感染猫の排泄物にもウイルスが含まれている事から、屋外で猫がよく集まる場所の周辺にはウイルスが存在している可能性が高く、また、その場所に集まる猫の多くもウイルスキャリアの可能性が高いと言えます。

猫ウイルス性鼻気管炎の症状

猫ウイルス性鼻気管炎にかかった猫は、咳やくしゃみが多くなったり、発熱が起こり、食欲不振を起こすなど、人の風邪のような症状を見せるようになります。

また、猫ヘルペスウイルスが涼しい場所を好む性質から、外気に触れて体温が低くなる目、鼻、口などに病変が現れるようになります。

目は、結膜炎や角膜炎を起こしたり、目やまぶたの充血、涙や目ヤニの増加などが見られる場合があります。

鼻からは、鼻水が多く出るようになったり、ヘルペス性皮膚炎が見られるようになる場合があります。

口には、口内炎ができたり、その痛みからよだれを垂らすようになったり、口の周りがよだれで汚れている事が多くなる場合があります。

体力の弱い子猫や老猫が発症すると、重症化する場合があり、衰弱したり脱水を起こしてしまい、命を落とす危険性が生じる場合もあります。

猫ウイルス性鼻気管炎の治療

猫ウイルス性鼻気管炎の治療は、その原因である猫ヘルペスウイルスに対する特効薬はありませんので、その病気の症状を緩和する対症療法が中心となります。

それには、猫の目ヤニや鼻水、よだれなどの汚れをこまめに拭き取る事で呼吸を楽にしたり、免疫力を高め、体力をつけるために、体の保温をして安静に保ち、栄養補給や水分補給なども行われます。

脱水を防ぐために、水分補給にも注意する必要があります。

また、猫の免疫力を高めて、ウイルスの増殖を抑えるために、インターフェロン製剤が用いられたり、体力が低下しているために、他の細菌による二次感染の予防に、抗生物質が用いられるなど、薬物治療が行われる場合があります。

症状が治まってきたために、治療を途中で中断してしまうと、慢性的な鼻炎や副鼻腔炎になる場合があります。

また、猫が全快した後も、猫の体内ではウイルスを保持したままになる場合も多く、体力が弱った時など、体の抵抗力が低下した際に、再発を起こす場合があります。

猫ウイルス性鼻気管炎の予防

猫ウイルス性鼻気管炎は、事前にワクチン接種を行っておく事で、100%ではありませんが、高い確率で発症を未然に防ぐ事ができます。

猫を動物病院に連れて行った場合には、猫の体や、ケージやキャリーバッグも丁寧に消毒したり、飼い主も手洗いをしっかり行い、靴や衣服を介して感染が起こらないように注意する必要があります。

野良猫など、ウイルスに感染している可能性のある猫には、極力近づかないようにしたり、手を触れないようにする事も大切です。



猫カリシウイルス感染症

猫カリシウイルス感染症は、猫カリシウイルスに感染する事によって引き起こされる病気です。

猫ウイルス性鼻気管炎(猫伝染性鼻気管炎)との混合感染を起こす事も多く、ウイルス性呼吸器感染症と呼ばれたり、猫インフルエンザと称して呼ばれる場合もあります。

猫カリシウイルス感染症の原因

猫カリシウイルス感染症は、猫カリシウイルスに感染している猫がくしゃみをするなどして、その唾液や鼻水が未感染の猫に付き、ウイルスが体内へと入り込む事によって感染が起こります。

また、感染猫の排泄物にもウイルスは含まれているため、その排泄物が、未感染の猫の体に付着した後のグルーミングよって感染が起こる場合もあります。

そして、猫同士のグルーミングによって感染が起こるケースもあります。

猫カリシウイルスは感染力が非常に強いため、感染猫を触った人間の手や衣服を介してや、ご飯の食器や飲み水のボウルを介してなど、間接的に感染が起こる場合もあります。

猫カリシウイルス感染症を一度でも発症した猫は、体内のウイルスを完全に死滅させる事ができないまま、無症状のままウイルスを保有した状態になる事も多く、特に病変が現れていない猫であっても、その猫が感染源となってしまう場合があります。

猫カリシウイルス感染症の症状

猫カリシウイルス感染症にかかった猫は、咳やくしゃみをする事が多くなったり、鼻水や唾液を垂らすようになります。

また、発熱が起こったり、食欲低下や元気消失など、人の風邪のような症状が見られるようになります。

舌や口腔内に潰瘍ができる事が多く、口内炎や舌炎が発生しやすい特徴があります。

猫ヘルペスウイルスの感染によって起こる猫ウイルス性鼻気管炎とも、症状がかなり似ている事から、その判別が難しい場合があります。

体力や抵抗力の弱い子猫や老猫は、容態が重症化しやすく、肺炎を起こしたり、ウイルス血症を起こして命を落としてしまう事もあります。

猫カリシウイルス感染症の治療

猫カリシウイルス感染症の治療は、症状が悪化して、肺炎を起こすなどしてひどくなると、回復に時間がかかったり、命を落とす危険性が高まるために、早期の処置が必要になります。

しかし、病変を引き起こしている原因である猫カリシウイルスそのものを死滅させる特効薬はありませんので、点眼剤や点鼻剤を使用するなどして、病気の諸症状を抑えながら、自力での回復を待つ対症療法が中心となります。

口内炎や舌炎があり、口の中の痛みによってご飯を食べられない場合には、シリンジや食道チューブによる流動食の強制給餌が必要になります。

また、猫の体力をつけ、免疫力を高めるために、体の保温や点滴による栄養補給が行われたり、インターフェロン製剤による免疫機能補助療法が行われる場合もあります。

脱水を防ぐために、水分補給にも注意が必要になります。

他の細菌による二次感染を予防するために、抗生物質の投与が行われる場合もあります。

猫エイズウイルスや猫白血病ウイルスなど、免疫力をひどく低下させてしまうウイルス感染症にかかっている場合には、重症化しやすく、回復が難しくなる場合もあります。

適切な治療を受け、猫の症状が治まり、全快した後も、体内の猫カリシウイルスを完全に排除しきれないまま、ウイルスキャリアとなってしまう事も多く、他の猫への感染源になったり、体力や免疫力が低下した際に再発してしまう場合があります。

猫カリシウイルス感染症の予防

猫カリシウイルス感染症は、ワクチンを受けておく事で、100%ではありませんが、高い確率で発症を未然に防ぐ事が可能になります。

猫カリシウイルスは、非常に感染力が強く、感染猫の周囲の空気に乗って空気感染(飛沫感染)が起こるため、人を介した感染が起こらないように、感染している可能性のある野良猫には近づかないようにして、他の猫も、たとえ毛並みが美しく健康そうに見えていても、触らないように注意する必要があります。

動物病院の定期健診で、お出かけした場合には、ケージやキャリーバッグを消毒したり、猫の体の除菌も行っておくようにして、飼い主も手洗いや着替えを行うなど、入念な感染予防に努める事が大切です。



猫クラミジア感染症

猫クラミジア感染症は、猫クラミジアという細菌とウイルスの中間的な性質を持つ病原体に、感染する事によって起こる病気です。

稀に人にもうつる場合があり、感染猫の目ヤニや鼻水、排泄物を人が触り、その後に目をこするなどして、結膜炎を起こす場合がある事から、人獣共通感染症(ズーノーシス)とされています。

猫クラミジア感染症の原因

猫クラミジア感染症は、感染猫との直接的な接触によって病原体の感染が起こるケースが大半ですが、感染猫の目ヤニや鼻水、排泄物などに存在している病原体が、未感染猫の目や鼻、口などから体内へと入り込む事によって感染に至る場合もあります。

そのため、完全な室内飼育の場合には、感染猫との接点がなく、発症する事はほとんど無いと言われています。

過去に発病した事がある猫は、治療後も体内に病原体を保有する無症候性キャリア(保菌状態)となる場合があり、母猫から子猫へと母子感染(垂直感染)が起こる場合があります。

外出する習慣のある猫は、感染猫やその排泄物に接触する機会が多くなるため、感染が起こりやすくなります。

また、感染猫が使用した食器、トイレ、ブラシなどを介して間接的にうつる場合もあります。

猫クラミジア感染症の症状

猫クラミジア感染症の病変は、目や鼻に現れる事が多く、化膿性の結膜炎や鼻炎を起こすようになります。

そのため、粘度の高い目ヤニや鼻水が出るようになり、咳やくしゃみを繰り返したり、発熱が起こり、元気がなくなるなど、人の風邪に近い症状が見られるようになります。

下痢や嘔吐を繰り返したり、胃液や胆汁だけを吐くようになる場合もあります。

感染が気道にまで及ぶと、気管支炎や肺炎など起こして、重篤な状態に陥る場合もあり、体力や抵抗力の弱い子猫や老猫は、ひどくなりやすい傾向にあります。

また、猫クラミジア感染症にかかる事で、他の細菌やウイルスの感染症にもかかりやすくなる場合があります。

適切な治療を受ける事によって、結膜炎や鼻炎などの目や鼻の症状がすっきりと治まる場合もありますが、体内の病原体を完全に死滅させる事ができず、キャリア化すると、それらの病変が慢性化する事が多くなります。

猫クラミジア感染症の治療

猫クラミジア感染症は、その原因である猫クラミジアに対して有効な抗生物質がありますので、点眼薬や点鼻薬、経口薬の投与による薬物治療が行われます。

症状が重い場合には、輸液(点滴)による栄養補給や水分補給が行われたり、インターフェロン製剤によって免疫力を高める処置が行われる場合があります。

治療後も、体内の病原体を完全に死滅させる事ができず、無症候性キャリア(保菌状態)となり、他の猫への感染源になったり、体力や免疫力が低下した際に再発してしまう場合があります。

猫クラミジア感染症の予防

猫クラミジア感染症には、ワクチンがあり、事前に接種しておく事で、100%ではありませんが、発症を未然に予防する事ができたり、発症した際の症状を軽くできる場合があります。

外出する習慣のある猫は、屋外の感染猫との接触を避けるため、外出させないようにする事も大切です。

また、人を介して感染が起こる場合もありますので、野良猫への接触は控えるようにして、他の猫を触った手で飼い猫を触らないように注意する事も重要です。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。