スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


猫の疥癬、耳疥癬(猫疥癬症、疥癬虫症、ヒゼンダニ症、耳ヒゼンダニ症)



疥癬(かいせん)は、体長が1mmにも満たない微細なダニによって引き起こされる猫の皮膚病で、特に激しい痒みが生じる特徴があります。

疥癬とは

猫の疥癬は、疥癬虫(ヒゼンダニ、猫小穿孔ヒゼンダニ、耳ヒゼンダニ)というダニの仲間の寄生虫が、猫の体に寄生したために引き起こされる、寄生虫性の皮膚疾患です。

猫の皮膚病の中では、最も痒みの度合いが強くなる病気と言われており、発症すると、ひどく体を掻きむしるなどして、ひどい脱毛が生じたり、じゅくじゅくした傷が見られる場合があります。

人や犬に寄生するヒゼンダニとは種類が異なりますが、稀に人や犬にも感染する場合があり、皮膚に定着はしないものの、湿疹や発赤などの病変が生じる場合があります。

時には、耳の中にも感染が及ぶ場合があり、外耳炎の原因になる場合もあります。

疥癬の原因

猫の疥癬は、外出する習慣のある猫が発症する事が多く、ヒゼンダニに感染している屋外の野良猫や野生動物との接触、野良猫や野生動物の住みかでの感染などが、主な感染経路となります。

室内飼育の場合には、このような感染が起こる事はありませんが、他の猫が使用したケージやブラシなどを介して、間接的にうつる場合があります。

飼い主が感染猫を触った後に、未感染の猫を触ったり、飼い主の衣服を介して感染が起こる場合もあります。

ヒゼンダニは感染力がとても強いため、多頭飼いの場合には、1匹が感染すると、短い間に他の未感染の猫にも感染が広がってしまう事が多い傾向にあります。

疥癬の症状

猫の体にヒゼンダニが寄生すると、皮膚の角質層に横穴(疥癬トンネル)を開けて留まるようになり、その角質層や垢などを食べながら、皮下で生息するようになります。

そして、メスはオスとの交尾の後に産卵を繰り返しながら、どんどん繁殖を続けていきます。

ヒゼンダニの体長は、オスが0.1~0.2mm、メスが0.3~0.4mmほどの大きさですので、肉眼では確認する事が難しく、最初のうちは猫の皮膚や被毛の異常が確認しにくい特徴があります。

しかし、ヒゼンダニに感染した猫は、皮下でヒゼンダニがうごめくようになるため、猛烈な痒みに悩まされるようになります。

そのため、体を何度も引っ掻いたり、噛み付いたりして、ひどく痒がるようになります。

そして、体を激しく掻き毟るなどして、皮膚をひどく痛めてしまうと、脱毛が生じたり、見た目にも痛々しい傷やカサブタができるようになります。

そのようにして皮膚が傷ついてくると、ますますヒゼンダニが繁殖しやすい環境になり、さらに細菌による二次感染が起こると、化膿や腫れが見られるようになり、皮膚病の症状が複雑化していきます。

疥癬の治療

猫の疥癬の診断は、病変部の皮膚やカサブタを採取して、顕微鏡で調べた際に、病因であるヒゼンダニやその卵を発見する事ができれば、確定診断となります。

しかし、ヒゼンダニの数が少ない場合や、ヒゼンダニが角質層の奥に潜んでいる場合には、採取した皮膚やカサブタからは、ヒゼンダニそのものを発見できない場合があります。

疥癬は、疥癬トンネルができる事によって、皮膚がカサカサしているように見えたり、フケが出るようになるなど、アトピー性皮膚炎の症状に似ている場合があります。

そのような場合に、ステロイド剤などの免疫力を抑える薬を使用すると、皮膚の抵抗力が弱まり、ますます疥癬の症状が悪化してひどくなる場合があります。

疥癬の治療には、ヒゼンダニを駆除する効果のある薬用シャンプーや薬浴によって体を洗浄したり、駆虫効果のある注射薬や内服薬の投与が行われます。

細菌による二次感染が起きている場合には、抗生物質なども使用される場合があります。

病変部の範囲や程度を把握するために、患部の周囲の被毛を短くカットしたり、刈り上げる場合もあります。

適切な治療によってヒゼンダニの成虫が駆除できると、一時的に症状が改善に向かう場合がありますが、卵が孵化した後に再び痒みが出てくる場合がありますので、完全に治まるまでは、獣医師の指示に従い、治療を継続する必要があります。

多頭飼いの場合には、他の猫にうつらないように、感染猫が完治するまでは隔離飼育を行うようにして、こまめに手洗いをしたり、未感染の猫の飼育環境をこまめに掃除をするようにしながらも、未感染の猫が痒がる様子を見せないかどうかも、注意深く見守っておく必要があります。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。