スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


犬の涙やけ(流涙症)の原因と対策



犬の目の周囲の被毛がいつも変色していたり、目の周囲の皮膚にも変色やただれが起きていて、それが長い間治まらない場合には、犬の目に何らかの異常が生じているために、そのような涙やけ(流涙症)が発生している可能性があります。

犬の涙やけ

涙やけとは、目頭や目尻から涙が頻繁に溢れ出す事によって、目の周囲の被毛が常に湿った状態になり、その涙の成分や雑菌の繁殖によって、目の周囲の被毛が変色してしまう事です。

時には、涙やけの生じている箇所に、皮膚炎が起こる場合もあります。

涙やけは、涙が常に流れ出る状態が続く事から、流涙症(りゅうるいしょう)と呼ばれる場合もあります。

犬の涙やけの原因

涙が目から頻繁に溢れ出てしまう原因は、涙の量が多くなっているために、瞼で涙を留める事ができなくなっている事によって起きている場合があります。

それには、不衛生な生活環境などで、目の中にホコリや花粉などの異物が多く入り込んでしまう事や、その異物に対してアレルギーを起こしているために、涙の量が多くなっている場合があります。

また、角膜炎や結膜炎、ぶどう膜炎や逆まつ毛などの目の異常が原因となっている場合もあります。

他にも、涙が頻繁に溢れ出してしまう原因には、目と鼻を繋いでいる鼻涙管(びるいかん)が狭くなっていたり、閉塞してしまっているために、余分な涙が鼻の方へ流れなくなっている事によって起きている場合もあります。

また、何らかの眼病や腫瘍などで、鼻涙管が圧迫されているために、涙が流れにくくなっている場合や、先天的に鼻涙管が細いために、子犬の頃から涙が鼻へと流れにくくなっている場合もあります。

そして、生まれつき、瞼の形成異常によって、涙が溢れ出やすくなっている場合もあります。

トイプードル、チワワ、ミニチュアダックス、シ―ズ―、マルチーズ、パピヨン、パグ、ポメラニアンなど、頭の小さな小型犬や鼻先の短い犬種は、涙嚢(るいのう)が小さく、鼻涙管も詰まりやすいため、涙やけが生じやすい傾向にあります。

他にも、ドッグフードに含まれている消化しにくいタンパク質や脂肪分、酸化防止剤や保存料などの添加物の摂取が原因となっていたり、肝臓病や腎臓病、糖尿病や動脈硬化などの慢性疾患の影響によって、老廃物を多く含んだ涙が出るようになり、鼻涙管の閉塞が生じやすくなっている場合もあります。

犬の涙やけの対策

涙やけの原因が、鼻涙管の狭窄や閉塞、逆さまつ毛や瞼の形成異常など、目の病気によって起きている場合には、病院での治療が必要になりますが、それ以外の生活環境におけるハウスダストやドッグフードなどの食事の影響によって鼻涙管が狭くなっている場合には、身の周りの掃除や犬の体のお手入れをこまめに行ったり、ドッグフードの種類を変更する事によって改善が見られる場合があります。

また、変色を起こした被毛の周囲には、雑菌が繁殖している事が多く、皮膚炎や眼病を誘発してしまう恐れもありますので、定期的に目の周囲をティッシュやコットンで拭き取るようにしたり、殺菌消毒を行う事も大切です。

目の周囲に目ヤニやゴミが付いている場合には、強く擦る事によって目を傷つけてしまう恐れがありますので、最初のうちは湿らせたティッシュやコットンで優しく拭き取るようにする必要があります。

水分をあまり摂らない場合には、涙の粘度が高くなったり、涙に含まれる老廃物が多くなるために、鼻涙管が詰まりやすくなる場合があります。

そのため、いつも新鮮な飲み水を用意してあげる事も大切になります。

今はまだ涙やけの症状が見られない場合でも、犬の目がいつも涙目になっていたり、目から涙がポロリと流れているのを見かけた場合には、涙の量が多くなっていたり、鼻涙管が狭くなっている可能性がありますので、目の周囲の異常に注意しながら、その後の経過を見守ってあげる必要があります。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。