スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


犬の白内障の対策(犬の白内障の原因、症状、治療、予防などの基礎知識)



犬がかかる目の病気のうち、高齢になると特に発症する事の多い眼病の一つに、白内障があります。

白内障は、犬が盲目になる眼病の中では、最も多い病気とされています。

白内障とは

白内障は、目の中央にある透明の水晶体が、白く濁ってしまう病気です。

水晶体が白く濁ってしまうと、目に映る視界が曇りガラスを通して見えるように、ぼやけて見えたり、かすんで見えるようになり、目の中に光も入らなくなるために、全体的に薄暗く見えるようになります。

時には、光の乱反射によって、視界の一部がまぶしく見えたり、強い光が差し込んでいるように見える場合もあります。

そのような事から、極度に視力が低下していきます。

水晶体の白濁が中央部ではなかったり、ほんの一部だけの場合には、それほどひどい視力低下は見られませんが、一度白濁した水晶体のタンパク質は再合成される事がなく、また、水晶体の濁りは徐々に広がっていくため、次第に見えづらくなっていきます。

水晶体の白濁

目の水晶体の白濁は、水晶体を構成しているクリスタリンと呼ばれるタンパク質が変性したために、透明性を失ってしまう事によって起こる事が知られています。

水晶体に存在しているクリスタリンは、タンパク質の合成によって形成された後は、生涯に渡って水晶体内に留まる事が分かっており、他の細胞と異なり、再合成される事がないため、細胞の損傷などによって一度透明度を失ってしまうと、再び透明に戻る事はありません。

このような水晶体の白濁が起こる原因は、先天的な遺伝や代謝異常(先天性白内障、代謝性白内障)、糖尿病や高血圧、動脈硬化による網膜血管の閉塞(糖尿病性白内障)、目に異物が入り込んだり、足で擦るなどして生じた外傷(外傷性白内障)、紫外線や赤外線などの有害光線、栄養不足(ビタミンやミネラルの欠乏)、ぶどう膜炎や網膜剥離、逆まつ毛などの眼病からの合併症、緑内障による視神経の圧迫や損傷、涙腺異常などによる極度のドライアイ(水晶体の酸化)、アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患(免疫疾患)の合併症(アトピー性白内障)、細菌やウイルスによる感染症(細菌性眼内炎)など、様々な事が影響する事によって引き起こされます。

人間の場合は、高齢者に多く見られる事から、高齢者の発症は加齢性白内障(老齢性白内障)と総じて呼ばれる事がありますが、犬の場合も同様に、高齢の犬になるほど、多く見られるようになります。

特に小型犬は、大型犬に比べると寿命が長い傾向にあるため、小型犬の発症割合が高いと言われています。

犬の年齢が若いうちに白内障を発症する場合もあり、そのような白内障は、若年性白内障と呼ばれています。

白内障の進行

白内障は、水晶体の白濁が一部の小さな箇所だけに起こっている場合など、それほど病状が進行していないうちは、犬が普段通りに不自由なく生活をしており、飼い主が見た目だけで異常を確認する事が難しいため、犬の動作や動きに違和感を感じた場合には、病状がかなり進行している事が多い傾向にあります。

時には発症後の進行が遅く、軽度のまま生涯を終える場合もあります。

白内障の進行は、犬によって様々ですが、加齢による体質の変化によって生じた白内障は、進行が遅い場合が多く、外傷や有害光線、眼病などから生じた急性白内障は、進行が早い場合が多いと言われています。

白内障の症状

犬が白内障になっても、普通に生活できている場合もありますが、視界が狭くになるにつれて、物にぶつかる事が多くなったり、よろけたりする事が多くなります。

また、室内の壁をつたって歩くようになる場合もあります。

視界が狭いために、警戒心が強くなったり、攻撃性が高まる場合もあり、頭を撫でようとしただけでも、怒って噛み付こうとするようになる場合もあります。

そして、あまり動こうとはしなくなる場合もあります。

夜中になると、不安になって夜鳴きをするようになる事もあります。

水晶体の広い範囲で白濁が起こってくると、飼い主が遠目から見ただけでも、犬の目の濁りが確認できるようになります。

白内障の目の濁りは、片目だけに現れる場合もあれば、両目ともに現れる場合もあります。

犬の視界が悪くなってくると、犬の目の前にティッシュを丸めたものなどの軽い物を落としても、落とした音がしないために、犬が全く気が付かなくなる事があります。

そして、飼い主の呼びかけに反応した際にも、目を合わせなくなったり、表情が乏しくなる事があります。

そのような場合には、犬の目がほとんど見えなくなっている可能性が疑えます。

白内障の治療

一度濁ってしまった水晶体は、自然に再び透明へと戻る事はありません。

現在は、白内障の特効薬はありませんが、点眼薬や内服薬などを使用して進行を遅くする事は可能ですので、そのような内科治療を行う方法があります。

また、手術によって白濁した水晶体を摘出した後、人工の眼内レンズを埋め込む事で、正常に視力の回復を図る、外科治療を行う方法もあります。

設備の整った動物病院であれば、手術の成功率は96%以上と言われており、10回に9回は術後の視力回復に至っている事になります。

それでも、手術には全身麻酔が必要になる事や、完全な失明の可能性もあり、眼圧の変化(緑内障)、細菌感染による眼内炎、網膜剥離といった術後の合併症が生じる場合もありますので、比較的症状が軽度の場合には、内科治療を行う事が多い傾向にあります。

犬が高齢の場合には、その後の余命や体力も考慮しながら、治療方法を検討する必要があります。

犬が白内障になり、手術を受ける事が難しい場合でも、犬は視力を失ってしまった際にも、人間以上に視覚以外の聴覚や嗅覚を頼りに生活する事ができますので、家具などの配置は変えないようにして、タンスや机の角にはクッションをおくなどして、ぶつかっても困らないようにしてあげる事が大切です。

白内障の予防

白内障は、水晶体の大半が白濁してしまった後からは、手術による方法でしか視力回復が見込めませんので、早い段階で異常を発見して、進行を遅らせたり、予防に努める事が大切になります。

そのような早期発見、早期治療を行うためには、日頃から愛犬の目の様子を定期的に観察しておく事が大切です。

白内障は、紫外線や赤外線を浴びる機会が多い犬ほど、発症率が高くなると言われています。

そのため、春先から夏場にかけて、日差しが強くなる季節には、日中の散歩は控えるようにして、早朝や夕方以降に散歩するように努める事も大切になります。

また、冬場は雪の反射光が、目には強い刺激となってしまうため、雪が積もっている時も、日中の散歩は避ける必要があります。

犬が目の周りの目ヤニや汚れなどを気にして、目の周囲を擦るなどして水晶体を傷つけてしまう原因になる事もありますので、目の周囲はいつも清潔に保つように心がけて、涙やけなどの雑菌の繁殖を防ぐ事も大切です。

シーズー、パグ、チワワ、ボストン・テリア、ペキニーズ、フレンチ・ブルドッグといった目が顔の外に飛び出している犬種や、トイプードル、マルチーズ、ヨークシャー・テリアといった目の周囲の被毛が長い犬種は、目の病気にかかりやすいため、十分注意が必要です。

アトピー性皮膚炎などの強い痒みを伴う皮膚炎を抱えている場合には、目の周囲を強く擦ってしまう事で、目の水晶体を傷つけてしまう事もありますので、食事の見直しや身の周りの掃除などのアレルギー対策に注意したり、細菌や真菌(カビ)などの感染症の予防にも注意が必要です。

食べ過ぎによる肥満や、内臓脂肪が過度に溜まっているために、糖尿病、高血圧、高脂血症(高コレステロール血症)、動脈硬化といった、白内障の誘発因子が生じる場合もありますので、食事の与えすぎや栄養分の偏りにも、日頃から注意しておく必要があります。

高齢犬や慢性疾患を抱えている犬は、定期健診を受けるようにして、白内障をはじめ、病気の早期発見、早期治療に努める事も重要です。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。