猫の脂漏症(脂漏性皮膚炎、マラセチア皮膚炎、ニキビダニ症)の原因、症状、治療方法



猫が体をしきりに痒がっていたり、過剰なフケや垢、皮脂によるベトつき、体臭異常などが見られる場合には、脂漏症にかかっている可能性があります。

脂漏症とは

脂漏症は、皮脂腺から分泌する皮脂の量が過剰に多くなるために、皮膚の基底層で作られた新しい細胞が、角質層まで速く押し上げられるようになり、角片として剥がれ落ちやすくなる状態です。

そのような皮膚の角化(新陳代謝)が速く起こるようになるために、皮脂を含んだフケや垢が多く出るようになり、皮膚のバリア機能が低下して細菌やアレルギー物質の影響を受けやすくなったり、皮脂を栄養源にしているマラセチア(真菌類)やニキビダニ(寄生虫)が繁殖しやすくなり、皮膚の腫れや脱毛などの病変が生じやすくなっていきます。

そのような事から、マラセチア皮膚炎、ニキビダニ症と呼ぶ場合もあります。

時には、角質層が異常に乾燥して、乾いたフケが異常に多く出るようになったり、粉を吹いたようになる場合もあります。

脂漏症の原因

皮脂腺から皮脂の分泌量が異常に多くなる原因は、避妊、虚勢、ホルモン分泌疾患(内分泌疾患)、糖尿病、肝臓病、腎臓病など、様々な病気によって体内のホルモンバランスが乱れる事で、新陳代謝の異常が起こる場合があります。

そのような新陳代謝の異常によって、皮膚が異常に乾燥した状態になる場合もあります。

また、黄色ブドウ球菌(細菌)やマラセチア酵母様真菌(カビ)などの皮膚の病原菌(常在菌)が過剰に繁殖しており、その毒素や刺激から皮膚を保護しようとして、皮脂の分泌量が多くなってくる場合もあります。

そして、毛穴に生息しているニキビダニの刺激によって、皮脂腺が刺激を受けて皮脂の分泌量が多くなる場合もあります。

他にも、アトピー性皮膚炎や食物アレルギーなどのアレルギー性皮膚炎を患っているために、皮膚が外部の刺激に過敏になっており、皮脂の分泌が促されるようになっていたり、時には細菌や真菌(カビ)などの病原菌や、その毒素に対してアレルギーを示している場合もあります。

時には、栄養分の偏り、栄養分の吸収障害、肥満などが原因となる場合もあります。

脂漏症の症状

猫の脂漏症は、皮脂が多く、体が脂っぽくなる油性脂漏症と、フケが多くなり、乾燥したようになる乾性脂漏症に区分されています。

油性脂漏症の場合には、皮脂で体がベトつくようになり、皮脂の酸化やその分解産物によって、体臭が強くなる事が多い傾向にあります。

皮脂の分泌量が多くなると、毛穴に生息するニキビダニや皮膚の常在菌であるマラセチア菌が、その皮脂を栄養源にして活発に繁殖しやすくなるため、皮膚や毛穴に炎症が起こり、皮膚が赤く腫れたようになったり、脱毛が起こる場合もあります。

乾性脂漏症の場合には、フケが異常に多くなったり、まるで粉を拭いたような状態になる事が多い傾向にあります。

油性脂漏症に比べると、ひどい脱毛を起こす事は少ないですが、被毛が薄くなったり、皮膚の赤みや黒ずみが見られるようになる事もあります。

いずれの場合も、痒みが生じる事が多く、猫が何度も引っ掻いたり、噛み付く事を繰り返しているうちに、患部が徐々に傷ついていき、細菌による二次感染が起こりやすくなっていきます。

また、皮膚のバリア機能が低下するために、皮膚の雑菌やハウスダストに対してもアレルギーを起こしやすくなり、痒みや発赤がひどくなる事もあります。

脂漏症の治療方法

脂漏症は、皮脂の過剰分泌や角化異常が、様々な問題を引き起こすようになるため、薬用シャンプーなどで患部の洗浄が行われます。

そして、皮膚の状態に応じて保湿や保油などのスキンケアを行ったり、消毒薬による殺菌処置が行われる場合もあります。

細菌や真菌が確認できた場合には、抗生物質や抗真菌薬などの薬物投与が行われます。

ニキビダニなどの寄生虫が過剰に繁殖している場合には、駆虫薬や駆虫効果のあるシャンプーを使用して、寄生虫の駆除が行われます。

ホルモン分泌異常が関与している場合には、ホルモン剤が投与される事もあります。

そして、脂肪分の少ないキャットフードやアレルギーを起こしにくい療法食に変更する事や、ビタミン剤やミネラル剤を補充するように指導を受ける場合もあります。

食物アレルギーの可能性を排除するには、いろんな種類のおやつは与えないようにして、特定のキャットフードだけを与えて、その後の経過を観察していくことが大切です。

ペルシャ、ソマリ、シャム、チンチラなど、皮脂の分泌量が多い体質の猫種は、このような皮膚トラブルが生じやすいため、定期的に猫の体をタオルで拭き取ったり、ブラッシングするなどして、余分な皮脂や垢などの汚れを取り除くようにお手入れをしてあげる必要があります。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト