スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


猫の細菌性皮膚炎、黄色ブドウ球菌感染症について



猫がかかる皮膚病のうち、皮膚の常在菌によって引き起こされる感染症、膿皮症(のうひしょう)があります。

膿皮症

膿皮症は、黄色ブドウ球菌をはじめとする皮膚の常在菌が過剰に繁殖したために、皮膚に黄色い膿を含んだ湿疹やカサブタなどの化膿性の病巣が現れ、その悪化とともに皮膚の発赤や脱毛が見られるようになる、細菌感染症です。

皮膚の細菌感染が浅い順に、表面性膿皮症、表在性膿皮症(浅在性膿皮症)、深在性膿皮症に区分されています。

表面性膿皮症

表面性膿皮症は、皮膚の最も外側にある表皮にのみ細菌感染が起こっている状態です。

皮膚の炎症は軽く、腫れや発赤は見られませんが、膿を含んだ湿疹やカサブタが確認できるようになります。

病変部の痒みや違和感などから、猫が舐めたり、掻くなどして湿疹が破れると、中から膿が出てくる場合があり、その膿が乾燥してカサカサしたカサブタのようになったり、フケや垢のように、その病変部の周囲に汚れが付く場合もあります。

表在性膿皮症(浅在性膿皮症)

表在性膿皮症(浅在性膿皮症)は、毛穴の奥の毛包部や、表皮の下にある真皮にも細菌感染が広がっている状態です。

皮膚の腫れや発赤が起こるようになり、毛包部の炎症とともに脱毛も確認できるようになります。

猫は強い痒みを感じるようになり、しきりに舐めたり、引っ掻くなどして痒がる仕草を頻繁に見せるようになります。

深在性膿皮症

深在性膿皮症は、表皮の下にある真皮や皮下組織など、皮膚の深部にも細菌感染が進行している状態です。

皮膚の腫れや発赤は一層ひどくなっており、より強い痒みが生じるようになる事から、猫は患部を強く噛んだり、掻き毟るようになります。

角質層が破れてジュクジュクした傷(ホットスポット)が現れる場合もあり、膿や浸出液が出てきたり、出血やかさぶたなども確認できるようになります。

患部から痛みが生じるようになったり、熱を持つようになる事もあり、飼い主に体を触られるのを嫌がるようになる事もあります。

膿皮症の原因

猫の膿皮症は、免疫力の低下によって引き起こされる事が多く、その原因は、加齢、ストレス、内臓疾患、ウイルス感染症、栄養分の偏り、食べ過ぎ(肥満)など、様々です。

また、不衛生な生活環境や、猫の体の汚れの影響で、皮膚や被毛の常在菌が繁殖しやすくなる場合もあります。

アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、接触性アレルギーなどのアレルギー疾患によって皮膚が傷ついていたり、ニキビダニやヒゼンダニなどの寄生虫感染症によって、皮膚や毛穴に炎症が生じているために、細菌への抵抗力が弱まり、細菌感染が起こりやすくなる場合もあります。

他にも、皮脂などの汗腺分泌物が多く分泌しやすい体質のために、皮膚の常在菌が増殖しやすくなっている場合もあります。

膿皮症の治療

猫の膿皮症は、症状が軽い場合には、自然に治まっていく場合もありますが、皮膚の発赤や脱毛が生じている場合には、薬用シャンプーや薬浴を行って患部を洗浄したり、消毒薬で殺菌消毒が行われます。

そして、抗生物質や痒み止め薬などの薬物治療が行われます。

皮膚の傷やカサブタなどの損傷がひどい場合には、刺激の少ない消毒薬だけが使用される場合もあります。

なかなか治らない場合や、長期間に渡って症状が続いている場合には、皮膚の病理検査や細菌の培養検査といった、詳しい検査が行われる場合もあります。

他にも、アレルギー疾患や、ノミやダニなどの寄生虫感染、内臓疾患などが確認できた場合には、その治療も同時に行われます。

治療中は、エリザベスカラーや術後服を着用させるなどして、患部を傷めないように注意しながら、皮膚や被毛の洗浄や殺菌などを定期的に行い、猫の体を清潔に保つ必要があります。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。