猫のアレルギー性皮膚炎の原因、症状、治療について



猫が何度も自分の体を引っ掻いたり、噛んだりする事を繰り返して、しきりに痒がる仕草を見せる場合には、何らかのアレルギー物質に対してアレルギー反応が起こり、それが皮膚の湿疹や発赤などの皮膚炎を引き起こしている可能性があります。

アレルギー性皮膚炎とは

アレルギー性皮膚炎は、空気中に浮遊している花粉やカビの胞子などの微粒子や、室内のホコリや繊維クズといったハウスダストなど、生活環境に存在している様々なアレルギー物質(アレルゲン)を吸引して、肺から体内へと取り込んでしまう事によって引き起こされる、アレルギー反応です。

このようなアレルギー反応は、吸引性アレルギーと呼ばれています。

また、キャットフードやおやつに含まれている特定のアレルギー食品を食べた際に、その食材に対する消化酵素の不足、体調不良や胃腸の働きの低下など、体質や消化吸収能力が影響して、未消化のまま吸収された粒子サイズの大きなタンパク質が血液中に存在するようになった際に、アレルギー反応が引き起こされる場合もあります。

このような食べ物によって引き起こされるアレルギー反応は、食事性アレルギー(食物アレルギー)と呼ばれています。

そして、ノミが吸血時に皮下に注入する唾液の成分や、そのノミが出す糞や分泌物に対してアレルギー反応が起こる場合もあります。

このようなアレルギーは、ノミアレルギー(寄生虫性アレルギー)と呼ばれています。

他にも、金属やプラスチック、ゴムや皮革製品など、特定のアレルギー物質に皮膚が直接触れる事によってアレルギー反応が起こる接触性アレルギーや、抗生物質やワクチンなどの薬物投与後に引き起こされる薬物アレルギー(薬剤性アレルギー)など、様々なアレルゲンと、その発症タイプがあります。

複雑な遺伝的素因によって引き起こされるアトピー性皮膚炎も、アレルギーを起こしやすい体質と、皮膚が乾燥しやすい体質によって引き起こされる慢性皮膚炎で、アレルギー性皮膚炎の一種とされています。

猫のアレルギー性皮膚炎の症状

猫がアレルギー性皮膚炎を起こすと、皮膚にポツポツとした湿疹が現れたり、皮膚が真っ赤に腫れたような状態になり、時にはフケが多くなったり、かさぶたが見られるようになる事もあります。

そのような皮膚炎が生じている所からは、強い痒みが生じるようになるため、猫は自分の体を何度も引っ掻いたり、噛んだりして痒がる仕草を繰り返すようになり、時には被毛を噛み千切る事を続けるようになる場合もあります。

そのため、皮膚が徐々に傷付いてくるようになり、出血をともなう傷ができてしまう場合もあります。

皮膚の異常は、目の周り、耳の後ろ(耳介)、唇や顎などの口元、顔全体、指の間、肉球、脇、下腹部、股下、尻尾の周囲など、全身の様々な部位に生じる可能性があります。

また、吸引性アレルギーの場合には、鼻炎や副鼻腔炎、気管支炎などの呼吸器にも異常を起こして、くしゃみや咳が多くなったり、鼻水がよく出るようになる場合があります。

そして、アレルギー性の角膜炎や結膜炎を起こして、目の充血や涙の増加、瞼の腫れなど、目に異常が見られるようになる場合もあります。

食事性アレルギーの場合には、口内炎(口腔アレルギー)や胃腸炎を起こして、食欲が低下したり、下痢や嘔吐が多くなる場合もあります。

接触性アレルギーは、金属製の食器や化学繊維のカーペット、ノミ取り用の首輪など、アレルギー物質に触れている皮膚にだけ、皮膚の発赤や蕁麻疹が見られるようになる事が多く、時には小さなイボのような水泡(水ぶくれ)が生じる場合もあります。

ノミアレルギーの場合には、猫の被毛の奥に、黒や茶色のゴマ粒のようなノミそのものや、小さな砂粒のようなノミの糞を確認できる場合もありますが、1~2匹ほどのわずかな寄生のために、被毛が長い猫などは、なかなかノミがいる痕跡を見つけられない事もよくあります。

ノミアレルギーを発症すると、皮膚が真っ赤になったり、ブツブツ(発疹)がいくつも見られるようになるとともに、強烈な痒みが生じるようになるため、猫は体中をひどく引っ掻くなどして、激しく痒がるようになります。

ノミは春先から夏にかけて活発に活動しやすくなりますが、冬の間も室内は温暖なため、猫のノミアレルギーは年中発症する可能性があります。

薬物アレルギーの場合も、他のアレルギー同様に、皮膚の発赤や湿疹などが現れたり、下痢や嘔吐を繰り返して体調を崩してしまう事が多い傾向にあります。

これらのアレルギー反応が特にひどい場合には、全身性のアナフィラキシーショックを引き起こす場合があり、呼吸困難や血圧低下、痙攣などを起こして重篤な状態に陥ると、命を落としてしまう危険性が生じる場合もあります。

猫のアレルギー性皮膚炎の治療

猫のアレルギー性皮膚炎の治療は、主にステロイド剤や抗ヒスタミン剤などの薬物治療によって症状を抑えながら、アレルギーを起こしやすい食材を除去したアレルギー対策用のフードを与えて経過を見る事が多い傾向にあります。

また、他の原因を調べために、皮膚の病理検査や血液検査などの詳しい検査が行われる場合もあります。

アレルギーの原因が食事にあり、アレルギー対策用のフードに切り替える事によって、症状が徐々に改善していく場合もありますが、アレルギー対策用のフードは、あらゆる食事性アレルギーを考慮した万能食ではありませんので、そのフードに含まれている食材のいずれかにアレルギーを示していれば、症状が改善される事はありません。

また、他にもアレルギーを引き起こしている原因がある場合には、薬物治療を中止するたびに病変が現れたり、病状がますますひどくなって再発が起こるようになります。

しかし、長期的な薬物治療は、内臓への負担が蓄積される事になるため、様々な副作用が引き起こされる可能性が高くなっていきます。

そのため、食事の見直しの他にも、身の周りの生活環境中のアレルギー物質(アレルゲン)を排除するために、室内をこまめに掃除したり、空気清浄機を使用する事も必要になってきます。

そして、猫の体を清潔に保つように、ブラッシングによる抜け毛や汚れのケアや、除菌スプレーによる細菌や真菌(カビ)の除去なども、定期的に行う必要があります。

完全な室内飼育であっても、ノミが玄関や窓から侵入してくる事はありますので、普段からノミの駆除や予防にも注意しておく必要があります。

また、動物病院でアレルギー検査を行い、食事性アレルギーや吸引性アレルギー、またはそれ以外のアレルギー物質(アレルゲン)も詳しく調べる事で、解決の糸口が見出せるようになる場合もあります。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト