スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


猫のニキビ(黒ニキビ)、アクネ、座瘡(ざそう)を改善!猫のニキビの原因、症状、お手入れ、処置、予防方法



猫の顎の下のあたりに、黒い砂粒のように小さな垢や角栓などの汚れがいくつも溜まっていたり、皮膚がやや赤みがかって見える場合には、猫のニキビ(アクネ、ざそう)と呼ばれる病変が生じている可能性があります。

猫のニキビとは

猫のニキビは、アクネまたは座瘡(ざそう)と呼ばれる場合もあり、毛穴の中に古い角質や皮脂などの老廃物が入り込んだまま、毛穴の出口を塞いでしまったために、その老廃物中に雑菌が繁殖して集落(コロニー)が形成されたものです。

顎の下には、小さな黒い汚れの粒に混じって、ポツポツとした小さな湿疹がいくつも見られるようになる場合もあります。

そのような皮膚の汚れや湿疹が生じている皮膚の周囲には、雑菌の毒素によって皮膚に炎症が起こり、皮膚の色が赤みがかってきたり、被毛が薄くなったり、脱毛が起こる場合もあります。

猫のニキビができるメカニズムは、人間のニキビと同様ですが、人間の場合は、思春期などの体の成長が著しく進む頃に多く見られますが、猫はそのような若い頃だけに限らず、高齢になってからも見られる違いがあります。

猫のニキビの原因

猫の顎の下に現れるニキビは、皮膚や被毛に溜まった汚れや、汗腺分泌物などの老廃物が残ったままになるために起こる事が多いと言われています。

猫は普段から頻繁にグルーミングを行うために、舌で舐めたり、唾液のついた手足で毛づくろいをしている場所は、いつも清潔な状態に保たれています。

しかし、顎の下には、舌が直接は届かない所ですので、唾液のついた手足で拭くくらいしか毛づくろいを行う事ができない場所ですので、猫もそれほど積極的に掃除しようとはしないため、汚れが溜まりやすい傾向にあります。

そのため、皮膚や毛穴で雑菌が繁殖しやすくなり、やがて湿疹や腫れなどの炎症が生じやすくなっていきます。

また、加齢、内臓疾患(内臓障害)、ホルモン分泌器官の異常(内分泌疾患)、避妊や虚勢などの影響で、体内のホルモンバランスが乱れ、皮膚や汗腺の新陳代謝が急速に進んだり、逆に極端に低下したために、このような病変が引き起こされる場合もあります。

猫が高齢で体力が弱っていたり、猫エイズウイルス(FIV)や猫白血病ウイルス(FeLV)に感染して免疫力が低下している場合にも、発症しやすくなります。

他にも、食器やボウルへの接触性アレルギー、食器やボウルに繁殖した雑菌の付着、皮脂を好むニキビダニの過剰繁殖(ニキビダニ症)が原因となって発症する場合もあります。

脂肪分の摂り過ぎ、食べ過ぎ、肥満などが影響して、病変が生じる場合もあります。

オス猫とネス猫では、どちらも共通して病変が現れる事から、性ホルモンとの関係性はないと考えられています。

猫のニキビの症状

猫のニキビは、唇から顎の下にかけて、黒い砂粒のような垢や角栓のような汚れが溜まるようになります。

症状が軽いうちは、口元にキャットフードの食べカスや、室内のゴミなどの汚れが付いているだけのように見えますが、やがて汚れのある箇所は、顎の下の広い範囲へと広がっていきます。

毛穴やその周囲に炎症が起こるようになると、徐々に痒みが生じるようになっていきますので、猫が爪を立てて引っ掻くようになり、皮膚が傷付いて出血が起こったり、被毛が薄くなったり、脱毛が起こるようになります。

傷付いた皮膚に生じた傷口から細菌が入り込むと、二次感染を起こして黄色い膿が出たり、被毛が黄色っぽく汚れたようになる場合があります。

それでもなお、顎の下を掻き毟っていると、傷口がさらに深くなり、じゅくじゅくした状態になり、なかなか治りにくくなっていきます。

皮脂を分泌する脂腺(皮脂腺)は、猫の場合は、唇や顎などの口元の周囲の他にも、目の上や尻尾の周囲にも多く密集して存在していますので、そのような場所にも、同じような病変が現れる場合があります。

猫のニキビのお手入れ、処置、予防方法

猫のニキビは、単なる吹き出物かもしれませんが、猫は痒みを感じるとひどく掻き毟ってしまい、やがては皮膚や毛穴がひどく傷付いてしまいますので、早いうちに適切な処置を行う事が大切です。

顎の下に溜まっている汚れは、細菌の集落(コロニー)ですので、毛先の柔らかい小さな歯ブラシやノミ取りクシなどで優しくなぞるようにしながら、軽い力で払って取り除く必要があります。

しかし、無理に汚れを取り除こうとして、強い力で擦ってしまうと、皮膚や毛穴が傷付いてしまいますので、水やぬるま湯で湿らせたティッシュやコットンで事前に患部を湿らせたり、消毒液や除菌溶液などを噴霧した後に掃除する方が、皮膚や毛穴を傷めにくくなります。

お風呂やシャワーを嫌がらない場合には、石鹸やシャンプーでしっかり洗浄した方が、より清潔な状態に保つ事ができます。

そして、毛穴に溜まった老廃物をきれいに取り除いた後は、消毒液などで殺菌消毒をして、雑菌が繁殖しないようにしておく事が大切です。

接触性アレルギーの疑いがある場合には、ご飯や飲み水の器は、陶製の器に変更する事も重要です。

このような皮膚に生じた湿疹や炎症は、すぐには治まらない場合もありますが、過度にブラシで擦ったり、患部の洗浄を繰り返すと、かえって皮膚や毛穴が傷付いてしまったり、猫にとっては大きなストレスになってしまい、ますます治りにくくなってしまう場合があります。

そのため、焦らずに時間をかけて、コツコツとお手入れを続けるようにして、汚れが完全に取り除けない場合には無理に取り除かないようにして、時間をかけて経過を見守っていく事が大切です。

経過が心配な場合は、患部の状態を写真に撮るなどして、その後の様子を見ていくと、病変部の状態の変化が分かりやすくなります。

それでも、なかなか治らない場合や、徐々にひどくなっていく場合には、他の病気の原因を疑って、動物病院で詳しい検査を受ける事も、時には必要な場合があります。

病変が治った後も、顎の下は汚れが溜まりやすい部分ですので、再発予防のために、ご飯の後や水を飲んだ後は、猫の口元をきれいに拭いたり、食器やボウルは清潔に保つなどして、口元の汚れや湿気、雑菌の繁殖を予防する事も大切です。

また、顎の下の通気性を良くするために、顎の周囲の被毛だけを短くカットしておく事で、汚れや湿気が残りにくくする事ができます。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。