猫の皮膚の痒みの原因(細菌感染、真菌感染、寄生虫感染、腎不全、尿毒症、甲状腺疾患、副腎疾患)



猫が自分の体をしきりに引っ掻いたり、何度も舐める事を繰り返したり、時には被毛を噛み千切るなどしてひどく痒がっている場合には、猫の体に何らかの病気(病因)が潜んでいる可能性があります。

また、時にはいくつもの原因が複合的に関与して、猫の皮膚に痒みを引き起こしている場合もあります。

細菌感染による皮膚の痒み

猫が体を痒がるようになる原因の一つには、細菌感染症があります。

細菌感染症は、皮膚にもともと存在している黄色ブドウ球菌などの細菌(常在菌)が、過剰に繁殖したために引き起こされる皮膚の感染症です。

不衛生な生活環境、皮膚や被毛の汚れ、栄養分の偏り、免疫力の低下、皮膚の老化など、様々な事が原因となって引き起こされます。

黄色ブドウ球菌は黄色い色素を出す性質があるため、痒みのある皮膚の周囲には、黄色い膿を含んだ湿疹やかさぶたが現れる事が多く、ひどくなると、皮膚の発赤や脱毛なども生じるようになります。

時には、菌体そのものや、細菌が作り出す毒素に対してアレルギーを示す場合があり、そのような場合には、皮膚が真っ赤に腫れ上がったり、強烈な痒みに悩まされるようになります。

真菌感染による皮膚の痒み

猫の体の痒みは、真菌感染症によって引き起こされる場合もあります。

真菌感染症は、もともと猫の皮膚や粘膜に存在している真菌(常在菌)が、皮膚で過剰に繁殖したために引き起こされる皮膚疾患です。

猫の真菌には、白癬、カンジダ、マラセチアなど、様々な種類が存在しています。

これらの真菌類は、猫の体温ほどの適度な温かさがあり、湿気のある環境を好み、古い角質層や汗腺分泌物などの老廃物を栄養源にしながら活発に繁殖する性質を持っています。

そのため、浴室や洗面台などの湿気の多い場所で過ごす事が多い場合や、皮膚や被毛に汚れが多く溜まっている場合には、このような真菌類が繁殖しやすくなり、皮膚の発赤や脱毛などの異常を引き起こすようになる場合があります。

新陳代謝が盛んな猫は、体に垢や皮脂などの老廃物が溜まりやすいため、このような真菌感染症にかかりやすい傾向にあります。

また、病気やストレスなどの影響で免疫力が低下していたり、猫免疫不全ウイルス(FIV)や猫白血病ウイルス(FeLV)などのウイルス感染症によって免疫力が低下していると、ますます病状がひどくなっていきます。

時には、菌体そのものや、真菌が作り出す毒素に対してアレルギーを示す場合があり、皮膚が真っ赤に腫れ上がり、激しい痒みが発生するようになる事があります。

寄生虫感染による皮膚の痒み

猫が体を痒がるようになる原因には、寄生虫感染症があります。

寄生虫感染症は、ノミやマダニなどの大型の吸血性寄生虫に寄生される事によって起こる場合や、肉眼では見る事のできない微細大きさのヒゼンダニやニキビダニが、皮膚や毛穴で急増する事によって起こる場合があります。

ノミやマダニは、屋外の茂みや草むらなどに生息している事が多く、外出する習慣のある猫は感染しやすい傾向にありますが、完全な室内飼育であっても、玄関や窓から室内へと侵入してきたノミやマダニによって感染が起こるケースもあります。

ヒゼンダニやニキビダニは、感染猫との直接的な接触感染や、授乳期の親子の接触による母子感染によって感染するケースが多いと言われています。

時には、ノミやダニが出す分泌物や糞に対してアレルギーを示す場合があり、そのような場合には、皮膚が真っ赤に腫れ上がり、激しい痒みに悩まされるようになります。

アレルギーによる皮膚の痒み

猫が体をしきりに痒がる原因の一つに、アレルギー疾患があります。

アレルギー疾患は、空気中の花粉やホコリを吸引する事によって起こる吸引性アレルギー(吸入性アレルギー)、キャットフードに含まれている特定のアレルギー食品を食べる事によって起こる食物アレルギー(キャットフードアレルギー)、金属や皮革製品など、特定のアレルギー物質に触れる事によって起こる接触性アレルギー(金属アレルギー、皮革アレルギー)、抗生剤やステロイドなどの治療薬、ワクチン、血液製剤などの薬物投与が原因となって起こる薬物アレルギー(ワクチンアレルギー)など、様々な種類があります。

また、遺伝的に皮膚が乾燥しやすい体質やアレルギーを起こしやすい体質を受け継ぐ事によって起こるアトピー性皮膚炎も、アレルギーの一種と言われています。

他にも、好酸球性プラーク、好酸球性肉芽腫、無痛性潰瘍などの好酸球性皮膚炎(好酸球性肉芽腫症候群)や、肉球皮膚炎(プラズマ細胞性足底皮膚炎、形質細胞性足底皮膚炎、形質細胞性皮膚炎)、天疱瘡などの自己免疫疾患も、アレルギーの一種と言われています。

これらのアレルギー疾患は、免疫機能の過剰反応または暴走によって、正常な組織が破壊されてしまう病変です。

そのアレルギーを引き起こす原因物質(抗原)は、猫によって個体差がとても大きく、いくつものアレルギー物質に対しても連鎖的に免疫機能の過剰反応や暴走が起こる場合もあります。

免疫機能が脆弱な子猫のうちに症状が現れていても、成長とともに自然に治まっていく場合もあり、また、成猫までは異常が見られなかったものの、老猫になり、体質の変化とともに病変が見られるようになる場合もあります。

病変は、皮膚の赤みや脱毛など、皮膚に現れる事が最も多いですが、胃腸炎を起こして下痢や嘔吐を繰り返すようになったり、副鼻腔炎や気管支炎を起こして、咳やくしゃみが異常に多くなったり、涙の増加や涙やけ、目の充血や瞼の腫れなど、眼に異常が現れる場合もあります。

内臓疾患による皮膚の痒み

猫の体の痒みは、腎不全(慢性腎不全)が原因となって引き起こされる場合もあります。

猫はもともと砂漠などの乾燥地域で生息していた生き物ですので、食べ物に含まれている水分なども効率良く吸収する事ができたり、体外へ排出する尿を濃縮する事によって、水分の排出総量を抑えるなど、体内の水分を効率良く使用する機能が非常に優れていると言われています。

そのため、普段から人や犬などと比べても水分を摂る量がかなり少なく、濃縮された尿を排泄し続けているために、結石(尿石)が発生しやすく、老猫の多くは腎不全などの腎臓疾患を患う事が多い傾向にあります。

また、腎臓障害によって体内に毒素が多く溜まってくると、血液の粘性が高まるために、腎臓の血管を傷つけやすくなったり、他の血管や心臓にも大きな負担がかかるようになっていきます。

そして、体内の老廃物や毒素を分解する働きを持つ肝臓も酷使されるようになり、体内の解毒機能が徐々に低下していきます。

血液やリンパ液にも毒素が多く溜まってくると、汗腺から出る分泌物にも毒素が多く含まれるようになるため、猫の体臭が強くなったり、皮膚の痒みも生じやすくなります。

猫は腎不全にかかると、体内の塩分濃度が高くなるなど、体液が濃くなる事から、自然に喉が渇くようになり、水を大量に飲むようになっていきます。

それでも、腎臓で尿を濃縮する働きが機能しなくなってくるため、尿の水分量が多くなったり、体にむくみが起こりやすくなり、脱水症状を起こしやすくなります。

そのため、皮膚が乾燥しやすくなったり、毛艶が悪くなる事も多く、免疫機能も低下してしまう事から、皮膚の痒みが生じやすくなり、細菌や真菌などの感染症にもかかりやすくなります。

また、甲状腺疾患や副腎疾患といったホルモン分泌器官の異常(内分泌疾患)が起こった場合にも、皮膚の新陳代謝が急速に進んだり、極端に低下してしまうために、細菌や真菌などの皮膚常在菌が繁殖しやすくなります。

このようなホルモン分泌器官の異常によって、広い範囲で脱毛が起こったり、血管が透けて見るほどに皮膚が薄くなったり、免疫力が低下する事で、他にも寄生虫に感染しやすくなったり、アレルギー物質の影響も受けやすくなるなど、様々な皮膚病を複合的に発症する事も多くなり、症状が複雑化してしまう場合もあります。

時には、皮膚に発生した腫瘍によって、猫が痛みや痒みなどの違和感を感じ取り、しきりに舐め続けていたり、びらんや潰瘍などの傷になっている場合もあります。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト