スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


犬のカビ(真菌症、真菌性皮膚炎)の原因、症状、治療方法



犬の体の一部に脱毛が見られたり、ある時から急にフケが多くなったり、体臭が強くなってきた場合には、真菌(カビ)による感染症を引き起こしている場合があります。

犬の真菌症(真菌性皮膚炎)について

犬の真菌症は、空気中、土壌中、水中など、生活環境の至る所に存在している真菌(カビ)が、犬の皮膚や被毛で過剰に繁殖する事によって病変を引き起こすようになる、真菌(カビ)の感染症です。

人間が足に水虫を発症する事が多いように、このような皮膚の真菌感染症は、犬においても比較的多く見られる皮膚疾患の一つです。

犬が感染する真菌(カビ)には、白癬菌、マラセチア菌、カンジダ菌など、様々な種類が存在しています。

白癬菌は、皮膚の角質層や垢、被毛や爪などに含まれているケラチンと呼ばれるタンパク質を栄養源にして、活発に繁殖する性質を持っており、マラセチア菌は、毛穴から分泌する皮脂を栄養源にして、活発に繁殖する性質を持っています。

カンジダ菌は、毛穴から分泌する汗腺分泌物に含まれている糖分を栄養源にして、活発に繁殖する性質を持っています。

そのため、健康な犬の皮膚や粘膜にも、様々な種類の真菌が常在菌として存在しており、何らかの原因によって過剰繁殖を起こすと、皮膚に炎症を引き起こしたり、毛根にダメージを与えて脱毛を引き起こすようになります。

犬の真菌症(真菌性皮膚炎)の原因

犬の真菌症は、皮膚や被毛の汚れ、不衛生な生活環境、室内の空気のよどみなど、犬の体や身の周りの生活環境の衛生状態が悪いために、真菌が過剰に繁殖しやすくなり、皮膚に異常が生じるようになる場合があります。

また、加齢、病気、ストレスなど、心身の不調によって免疫力が低下して、皮膚の常在菌が過剰に繁殖しやすくなり、このような皮膚病が誘発される場合もあります。

栄養分の偏り、栄養不足、食べ過ぎ(肥満)など、食事内容に問題がある場合や、フードの保存状態が悪いために、皮膚のバリア機能が低下したり、免疫力が低下してしまい、真菌の過剰繁殖を誘発してしまう場合もあります。

他にも、アレルギー疾患、寄生虫感染症、細菌感染症など、他の皮膚病を患っているために、皮膚が傷付いて弱くなっており、真菌への抵抗性が低下して、真菌の感染症を招く場合もあります。

また、甲状腺や副腎皮質など、ホルモン分泌器官の障害によって、皮膚の新陳代謝が過度に進んだり、逆に極端に低下して、皮膚の常在菌である真菌が過剰繁殖を起こしてしまう場合もあります。

犬の真菌症(真菌性皮膚炎)の症状

犬の真菌症は、感染後、過剰繁殖を起こした菌体の種類によって、皮膚や被毛に現れる症状が異なってきます。

白癬菌などの皮膚糸状菌が過剰繁殖を起こした場合には、体の一部に円形状の脱毛が見られるようになり、その局所的な脱毛は、徐々に大きくなって拡大していきます。

そして、犬が患部を触った後の足で、別の所を触るなどしていると、他の部位にも同じような円形状の脱毛が見られるようになっていきます。

脱毛が起きている患部の周囲には、フケが多く溜まっていたり、粉を吹いたようになっていたり、カサブタが生じている場合もあります。

マラセチア菌やカンジダ菌などの酵母菌(酵母様真菌)が過剰繁殖を起こした場合には、その栄養源となる汗腺分泌物が多くなっている場合が多く、体が皮脂などの分泌物でベトベトしていたり、皮脂の付いたフケや垢が多く出るようになったり、強い体臭が生じている事が多い傾向にあります。

時には、皮膚がカサカサと乾燥したようになり、フケが急に多くなったり、粉を吹いたようになる場合もあります。

いずれの場合も、症状が軽い初期のうちは、犬が痒がる様子を見せる事はありませんが、少しずつ、毛穴やその周囲の組織など、皮膚の深部へと感染が進行してくると、皮膚が赤く腫れて炎症が起こったり、皮膚の痒みが生じるようになっていきます。

皮膚が赤く変色したり、黒ずんだようになり、色素沈着を起こす場合もあります。

犬が痒がるようになると、しきりに体を引っ掻いたり、噛み付く事を繰り返すようになるため、皮膚や毛根が少しずつ傷付いてくるようになります。

そのため、皮膚の炎症がさらにひどくなったり、傷ができたり、脱毛が起こるなどして、徐々に症状がひどくなっていきます。

細菌による二次感染が起こると、化膿が起きたり、患部が熱を持つようになる場合もあり、ますます痒みがひどくなり、症状が複雑化して治りにくくなっていきます。

犬の真菌症(真菌性皮膚炎)の治療方法

犬の真菌症の治療は、患部または全身を、抗真菌シャンプーや抗真菌作用のある薬浴によって洗浄が行われます。

そして、被毛を短くカットしたり、刈り上げるなどして、患部の通気性を良くする処置も行われます。

また、病変がこれ以上悪化しないように、真菌の繁殖を抑える飲み薬や塗り薬を使用して、皮膚病の原因菌を少なく減らす薬物治療も同時に行われます。

患部の皮膚や被毛など、病変部の組織の一部を採取して、顕微鏡で原因を調べる病理検査や、皮膚や被毛に存在している真菌を10日前後かけて培養し、原因菌を特定する真菌培養検査が行われる場合もあります。

また、他の病因の除外診断を行うために、血液検査などの詳しい検査が行われる場合もあります。

治療中は、犬の体から落ちるフケや被毛にも、菌が多く存在していますので、再感染が起こらないように、犬が使用しているベッドやマットも、こまめに掃除をして清潔に保つ必要があります。

無糖ヨーグルトや納豆などの発酵食品を与える事も、腸内環境が整ったり、排泄機能が高まる事によって、犬の免疫力を高める効果が期待できます。

マラセチア皮膚炎などで、皮脂の分泌量が異常に多い場合には、こまめにシャンプーをしたり、濡れたタオルで定期的に体を拭くなどして、犬の体をいつも清潔に保つ事が大切になります。

犬の真菌症は、耳の中にも病変が及んでしまい、外耳炎を併発する事も多いため、耳の中の臭いや汚れにも注意して、定期的に耳掃除や耳の中の洗浄なども行う必要があります。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。