猫の皮膚炎、痒み、脱毛を改善!猫の真菌性皮膚炎の原因、症状、治療方法



猫の被毛が局所的に抜け落ちて薄くなったり、体の一部に円形状の脱毛が起こったり、皮膚の赤みとともに痒がるようになる皮膚病には、真菌(カビ)の感染によって引き起こされる真菌性皮膚炎(真菌症)があります。

真菌性皮膚炎とは

真菌性皮膚炎は、真菌(カビ)が皮膚で過剰に繁殖しすぎた事によって引き起こされる、皮膚の感染症です。

猫が感染する真菌類には、白癬菌、カンジダ菌、マラセチア菌など、様々な種類が存在しています。

空気中、土壌中、水中など、その胞子や菌体は至る所に存在しており、体温ほどの温かさと、適度な湿気がある環境で生息する事ができるため、猫の体の皮膚や粘膜にも常在菌として存在しています。

そして、フケや垢などの皮膚の古くなった角質層や老廃物を栄養源にしたり、皮脂や糖分などの汗腺分泌物を栄養源にしながら、活発に繁殖する性質を持っています。

通常は、このような常在菌が過剰繁殖を起こす事はありませんが、何らかの原因によって急激に増殖してくると、皮膚に腫れや発赤などの皮膚炎を引き起こしたり、脱毛が起こり、局所的に被毛が薄くなったり、被毛が抜け落ちてしまうようになります。

真菌性皮膚炎の原因

猫の真菌性皮膚炎は、不衛生な生活環境、皮膚や被毛の汚れ、洗面台や浴室などじめじめした所で過ごすなどして、皮膚に付いた真菌(カビ)が、過剰繁殖を起こしやすくなる事によって皮膚病が引き起こされる場合があります。

また、アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、接触性アレルギーなどのアレルギー疾患の影響で皮膚炎が生じていたり、細菌感染症(細菌性皮膚炎)やノミやダニによる寄生虫感染症など、他の皮膚病や皮膚感染症によって皮膚がひどく傷付いている場合には、真菌に対する抵抗力が弱まるために、皮膚で過剰繁殖を起こしやすくなり、真菌性皮膚炎の病巣を引き起こしてしまう場合があります。

他にも、腎不全、肝臓病、糖尿病などの慢性疾患や、猫エイズウイルスや猫白血病ウイルスなどのウイルス感染症によって、免疫力が低下しているために、皮膚で真菌が過剰繁殖を起こしてしまう場合もあります。

副腎疾患や甲状腺疾患などの内分泌疾患や、虚勢や避妊の影響によって、体内のホルモンバランスが乱れてしまい、皮膚や汗腺の新陳代謝が急速に進んだり、逆に極度に低下する事によって、皮膚の感染症にかかりやすくなってしまう場合もあります。

皮膚の老化によるバリア機能の低下や、栄養分の偏りの影響によって、皮膚が乾燥しやすくなったり、皮脂や糖分などの汗腺分泌物が多くなり、真菌の繁殖が促されてしまう場合もあります。

真菌性皮膚炎の症状

猫の真菌性皮膚炎は、その真菌の種類によって症状は異なってきます。

白癬菌などの皮膚糸状菌と呼ばれている真菌類が皮膚で繁殖した場合には、突如として体の一部に円形状の脱毛(10円ハゲ)が現れ、真菌が繁殖していくにつれて、その脱毛部が大きくなっていきます。

皮膚糸状菌は、そのような円形状の脱毛を引き起こす事から、リングワームとも呼ばれています。

その脱毛部の周囲には、フケやカサブタが見られるようになる場合もあり、傷付いた角質層が剥離して取れやすくなるため、病変部の周囲は、まるで粉を吹いたような状態になる事もあります。

そして、体から落ちた被毛やフケにも無数の菌が付着したまま、しばらくの間は生存しているため、それが再び体に付いてしまうと、他の場所にも同じような円形脱毛が起こるようになります。

カンジダ菌などの酵母菌やマラセチア菌などの酵母様真菌が皮膚で繁殖した場合には、その栄養源となる汗腺分泌物が多くなっている事が多く、皮脂やタンパク質、糖分などの分泌物によって、猫の体の皮膚や被毛がベタベタしている事が多い傾向にあります。

また、酵母菌や酵母様真菌は、発酵食品などでもよく知られていますが、糖分や皮脂などの栄養源を分解しながら揮発性のあるアルデヒド類のガスを発生させるため、発酵臭や酸味臭のような独特な体臭を発生させるようになります。

そして、これらの真菌(カビ)が繁殖するに従って、皮膚を傷付けて炎症を引き起こしたり、脱毛が生じるようになっていきます。

いずれの場合も、症状が軽いうちは、それほど強い痒みが起こる事はありませんが、毛穴や微細な傷などから皮膚の深部へと感染が進んでくると、皮膚が赤く腫れたり、脱毛もひどくなり、強い痒みが生じるようになっていきます。

そして、何度も舐めたり、引っ掻く事を繰り返しているうちに、皮膚がますます傷付いてしまい、他の細菌による二次感染が起こったり、寄生虫にも感染しやすくなるなどして、病状が複雑化していくと、治療にも時間がかかるようになり、すぐには治りにくくなっていきます。

真菌の菌体そのものや、真菌が作り出す毒素に対してアレルギーを示す場合もあり、そのような場合には、皮膚が真っ赤に腫れ上がり、ひどい痒みに悩まされるようになります。

真菌性皮膚炎の治療方法

猫の真菌性皮膚炎は、視診によってある程度の判断を行う事が可能ですので、視診によって真菌性皮膚炎の判断ができる場合には、患部を抗真菌シャンプーで洗浄した後に、抗真菌薬を使用して治療が行われます。

抗真菌薬には内服薬と外用薬がありますが、猫が舌で舐め取ってしまう可能性のある場所は、外用薬は使用せず、内服薬だけが処方される事になります。

他にも皮膚病を引き起こしている病因が潜んでいる可能性がある場合や、症状が長く続いていたり、慢性化している場合には、他の可能性を排除して確定診断を行うために、被毛や皮膚の一部を採取して行う顕微鏡検査を行ったり、1週間から10日程かけて真菌を培養する事により、原因菌を正確に把握する真菌培養検査なども行われる場合があります。

皮膚や被毛を清潔に保つために、シャンプーや薬浴による洗浄を定期的に行う場合もあります。

また、患部の通気性を高めるために、被毛を短くカットしたり、バリカンで刈り上げる場合もあります。

アレルギー疾患、細菌感染症、寄生虫感染症、内臓疾患など、他の病因が確認できた場合には、その治療も同時に行われます。

治療中は、猫の体を清潔に保つように注意しながら、体から落ちた被毛やフケに付いている菌によって再感染が起こらないように、猫の行動範囲をこまめに掃除するなどして、周囲の環境も清潔に保つ事が大切です。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト