スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


犬の皮膚病の辛い痒みにさようなら!犬の膿皮症の原因、症状、種類、治療方法



犬の皮膚病の中でも、特に発症する事の多い皮膚疾患の一つに、膿皮症があります。

膿皮症とは

膿皮症は、黄色ブドウ球菌などの皮膚にもともと存在している常在菌が、過剰繁殖したために引き起こされる皮膚炎で、黄色い膿を含んだ湿疹やかさぶたが見られるようになるなど、皮膚に化膿性の病巣が生じる事から、そのような病名で呼ばれています。

時には、細菌性膿皮症、細菌性皮膚炎などと呼ばれる場合もあります。

膿皮症の原因

犬が膿皮症を引き起こす原因は、様々な事が可能性として挙げられます。

不衛生な生活環境、皮膚や被毛の汚れ、室内温度と湿度の上昇など、皮膚の常在菌が繁殖しやすい環境になる事によって、病変が誘発される場合があります。

逆に、頻繁に犬のお手入れ(スキンケア)をやり過ぎており、過剰なシャンプーによって皮膚の乾燥や炎症が生じていたり、過度なブラッシングによって皮膚や被毛が傷付いているために、膿皮症にかかりやすくなる場合もあります。

また、脂漏症(脂漏性皮膚炎)、真菌感染症(真菌性皮膚炎)、アトピー性皮膚炎、アレルギー性皮膚炎、ヒゼンダニ症、ニキビダニ症など、他の皮膚病によって皮膚が傷付いており、細菌に対するバリア機能が低下している事によって誘発される場合もあります。

他にも、糖尿病、肝臓病、腎臓病、甲状腺疾患、副腎疾患といった慢性的な内臓障害によって免疫力が低下して、皮膚の抵抗力が弱まり、感染症にかかりやすくなる場合もあります。

栄養不足や食事の偏りによって、免疫力が低下したり、皮膚のバリア機能が低下して、膿皮症が誘発される場合もあります。

膿皮症は、夏場になると発症数が急増する傾向にあり、特に子犬や老犬など、皮膚の抵抗力の弱い犬が発症しやすい傾向にあります。

膿皮症の症状

犬が膿皮症を発症すると、皮膚の表面に、ニキビのようにポツポツとした湿疹がいくつも見られるようになります。

その湿疹には、黄色い膿が含まれている事が多く、犬が舐めたり、引っ掻いたりする事によって湿疹が破れると、黄色い膿を含んだ体液が出てくるため、湿疹のある病変部の周囲には、黄色のカサカサと乾燥したカサブタや垢のような汚れが溜まるようになる場合があります。

病変は、顔、脇、指の間、下腹部、背中、股下、尻尾の周囲など、汚れが溜まりやすい場所に発生しやすく、セッターやコッカースパニエルなど、上唇が下唇を覆っている犬種は、下唇に病変が発生しやすい傾向にあります。

また、パグやブルドッグなど、顔にシワの多い犬種は、シワの間に汚れが溜まりやすいため、そのシワのある箇所に病変が発生しやすい傾向にあります。

症状が軽い場合には、自然に治まっていく場合もありますが、細菌の感染が毛穴の奥やその周辺組織にも及ぶようになると、皮膚に発赤が見られるようになったり、脱毛が生じるようになり、徐々に皮膚の痒みが強くなっていきます。

犬が痒みを我慢できずに何度も舐めたり、引っ掻く事を繰り返してしまうと、やがて表皮の角質層が破けてしまい、ホットスポットと呼ばれる、じゅくじゅくした状態になってしまう場合があります。

そのような状態になると、ますます細菌が皮膚の深層部にも進入しやすくなるため、患部が大きく腫れ上がってしまったり、痛みが伴うようになる場合もあります。

膿皮症の種類

膿皮症は、症状の度合いによって、表在性膿皮症、浅在性膿皮症(表層性膿皮症)、深在性膿皮症の3つに区分されています。

表在性膿皮症は、皮膚の最も外側にある角質層だけに病変が生じている状態です。

膿を含んだ湿疹やかさぶたが見られるものの、皮膚の発赤や脱毛は見られず、犬が痒がる様子を見せなかったり、時折、病変部を舐める仕草を見せる程度で、軽い場合には自然に治まるケースもあります。

湿疹などの異常が確認できない場合であっても、犬が皮膚の違和感を感じ取り、しきりに舐めるために、一部の被毛だけがしっとり濡れている事だけが確認できる場合もあります。

浅在性膿皮症(表層性膿皮症)は、毛穴の中の毛包と呼ばれる組織や、その周囲の表皮組織にも細菌感染が及んでいる状態です。

皮膚の発赤や脱毛が見られるようになり、犬がしきりに痒がって、舐めたり、引っ掻いたりする仕草を頻繁に見せるようになります。

皮膚の赤みや黒ずみなどの変色(色素沈着)が起こる場合もあります。

深在性膿皮症は、皮膚の深部にある真皮や皮下組織にも細菌感染が及んでおり、ひどく重症化してしまっている状態です。

病変が全身の広範囲に及んでいる事も多く、特に細菌感染がひどい箇所は、皮膚の痒みもひどくなっており、角質層が破れて出血を起こしていたり、浸出液が出るなどして、強い痛みも生じている場合があります。

このような状態になると、治療にも時間がかかるようになり、なかなか治りにくくなっていきます。

膿皮症の治療方法

膿皮症の治療は、病変部を清潔に保つために、薬用シャンプーや薬浴を定期的に行う場合も多いですが、皮膚の炎症や傷がひどい場合には、洗浄力の強い薬剤で病変部を洗浄する事によって、かえって皮膚を傷めてしまう可能性があるため、低刺激の消毒薬だけを使用して、殺菌消毒が行われる場合もあります。

また、患部の通気性を良くするために、被毛を短くカットしたり、バリカンで刈り上げる場合もあります。

そして、抗生物質の投与による薬物治療が行われます。

抗生物質の投与は、再発を避けるために、少し長めの投薬期間が定められる事が多い傾向にあります。

マラセチア菌や皮膚糸状菌などの真菌(カビ)の感染や、ニキビダニやヒゼンダニなどの寄生虫の感染など、他の感染症(複合感染、混合感染)の疑いがある場合には、病変部の被毛や皮膚組織を顕微鏡で検査する、皮膚病理検査が行われる場合もあります。

また、他にも内臓疾患やアレルギーの除外診断を行うために、血液検査などの詳しい検査が行われる場合もあります。

治療中は、犬の皮膚や被毛をなるべく清潔に保つように心がけ、身の周りの生活環境も、こまめに掃除をするなどして、雑菌が繁殖しにくい状態に保つ事が大切です。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。