スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


亡くなった飼い主の墓の傍から、1年経っても離れない猫が話題に

犬は、忠犬ハチ公でも知られているように、飼い主に対してとても忠誠心が強く、我慢強く待ち続ける事があるが、そんな忠犬ハチ公のように、飼い主の事を想いながらひたむきに待ち続ける猫が現れ、話題になっている。

その猫は、インドネシアの老婆が飼っていたキティーという名前の猫で、老婆が亡くなってから1年経過した後も、その老婆の墓の傍でじっと寄り添ったままいるのだという。

墓石が立てられる前は、飼い主が土の中で眠っているのをまるで知っているかのように、その周囲の土の上で過ごしていたが、墓石が立てられた後は、その墓の傍から離れなくなったのだという。

周囲に住む人は、墓の傍でいつも鳴いている猫を不憫に思い、引き取ろうと家に連れて帰っても、翌日にはその墓の傍に戻ってしまうそうだ。

その猫が、唯一墓から離れる時は、飼い主だった老婆の子供の家に、餌をもらいに行く時だけなのだという。

通りすがりの人も、餌を与えたり、水をあげているのだが、夜になっても飼い主の傍にいたいようで、その猫は毎晩墓の傍で過ごしているそうだ。

今も、戻ってきてくれる事を信じて、墓の前でじっと待ち続けているという。



光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。