カビの感染によって起こる猫の円形脱毛症(真菌症、真菌性皮膚炎、皮膚糸状菌症、猫カビ)



猫がかかる皮膚病の中には、体の一部に突如として円形状の脱毛(10円ハゲ)が見られるようになる皮膚疾患があります。

これは、リングワームと呼ばれている白癬菌や表皮菌などの皮膚糸状菌群と呼ばれる真菌類(カビ)が、皮膚の角質層で過剰に増殖したために引き起こされる病変です。

感染すると、皮膚に円形状の脱毛が起こり、最初とても小さい円ですが、それが徐々に大きく広がっていったり、他の部位にも転移して見られるようになる事から、リングワームと呼ばれています。

また、真菌症、真菌性皮膚炎、皮膚糸状菌症、猫カビなどと呼ばれる場合もあります。

皮膚糸状菌とは

皮膚糸状菌は、もともと猫の皮膚や粘膜に存在している常在菌で、真菌(カビ)の一種です。

酵母菌が細胞分裂するようにして増殖するのに対して、皮膚糸状菌は、枝状の菌糸を四方に伸ばしながら増殖して、角質層に根を張るようにして集落(コロニー)を形成していきます。

皮膚や体毛などに含まれているケラチンと呼ばれるタンパク質成分を栄養源にしながら、活発に繁殖する性質があるため、皮膚の角質層の他にも、被毛や爪の間でも繁殖する場合があります。

人間や犬が感染する菌種は異なると言われていますが、稀に人や犬など、他の哺乳動物にも感染が起こる場合があります。

猫の真菌症の原因

猫が真菌症にかかる原因は、既に真菌症を発症している犬や猫との接触によって感染が起こる場合や、その犬や猫がいつも使用しているベッドやマットを介して感染が起こる場合もあります。

また、ストレス、体調不良、加齢などの影響で免疫力が低下していたり、アトピーなどのアレルギー性皮膚炎、ダニの寄生によって起こる疥癬などの影響で、皮膚が傷付いて弱くなっている場合には、真菌への抵抗力が低下する場合があり、もともといた常在菌が過剰繁殖を起こしてしまい、病変が発生するケースもあります。

他にも、猫白血病ウイルス(FeLV)や猫免疫不全ウイルス(FIV)などのウイルス感染症にかかっていたり、腎不全や肝臓病、糖尿病などの慢性疾患にかかっているために、免疫力が低下しており、発症しやすくなる場合もあります。

感染力が高いため、多頭飼育の場合には、1匹の猫が感染すると、全ての猫に感染が及ぶ事が多い傾向にあります。

猫の真菌症の症状

皮膚糸状菌の過剰繁殖によって、猫が真菌症にかかると、体の一部に円形状の脱毛が見られるようになります。

その円形状の脱毛は、角質層に根を張った皮膚糸状菌が、増殖を続けながら、毛穴や毛根を傷付けたために起こる病変です。

そのため、徐々にその円形状の脱毛は大きく拡大しながら外側へと広がっていきます。

そして、その周囲には、傷付いた角質層が剥離して落ちるようになるため、かさぶたが見られたり、フケが多く出るようになったり、粉を吹いたようになる場合もあります。

最初のうちは、不快な痒みが生じる事がないため、猫が痒がる仕草を見せる事はほとんどありませんが、何らかの違和感から何度も舐めたり、引っ掻いたりしていると、やがて皮膚が傷付いてくるため、皮膚の深部へと感染が進行しやすくなり、痒みが生じるようになっていきます。

また、他の細菌によって二次感染が起こると、なかなか治りにくくなり、痒みもひどくなっていきます。

猫の真菌症の治療

真菌症の治療には、皮膚糸状菌の繁殖を抑える抗真菌薬の内服薬や外用薬を使用して治療が行われます。

そして、患部に薬を塗りやすくするためや、患部の通気性を高めるために、被毛を短くカットしたり、バリカンで刈り上げる場合もあります。

症状がひどい場合には、全身の被毛を刈り上げる必要がある場合もあります。

病変部が、猫の舌が届く範囲の場所の場合には、猫が舌で薬剤を舐め取ってしまう可能性があるため、内服薬だけが処方される場合もあります。

他にも、薬用シャンプーや薬浴を定期的に行う事で、皮膚や被毛を清潔に保つ処置が行われる場合もあります。

また、他の皮膚病の影響で、皮膚が傷付いて弱くなっている場合や、他の病気の影響で免疫力が低下している場合には、その治療も同時に行われます。

治療中は、猫の体を清潔に保つように心がけるとともに、身の周りに落ちた被毛やフケに付着している菌によって再感染が起こらないように、猫が使用したベッドやマットを殺菌消毒したり、壁や床などもこまめに掃除を行う必要があります。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト