スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


猫の細菌性皮膚炎(細菌性皮膚病、細菌感染症、膿皮症)の豆知識



猫の細菌性皮膚炎は、皮膚や粘膜にもともと存在している、黄色ブドウ球菌などの常在菌によって引き起こされる皮膚疾患です。

猫はグルーミングを頻繁に行う事が多く、口腔細菌が皮膚に感染する事によって、皮膚炎が引き起こされる場合があります。

このような皮膚の細菌感染症は、化膿性の病巣が見られる事から、膿皮症と呼ばれる場合もあります。

猫の細菌性皮膚炎の原因

細菌性皮膚炎は、皮膚の老化、免疫力の低下、皮膚の傷などが原因となって、皮膚のバリア機能が低下する事によって、黄色ブドウ球菌などの常在菌が繁殖しやすくなる事によって引き起こされる、細菌感染症です。

また、アトピー性皮膚炎などで皮膚が乾燥しやすい体質であったり、ノミアレルギーなどから強い痒みが起こり、何度も掻き毟ってしまったために、皮膚が傷付いて、細菌が繁殖しやすくなっている場合もあります。

肝臓病や腎臓病などの内臓疾患の影響から、皮膚の痒みが引き起こされ、細菌感染に至ってしまうケースもあります。

そのように、他の皮膚病や内臓疾患などの病因が、複雑に関与し合う事によって引き起こされている場合もあります。

猫の細菌性皮膚炎の症状

猫の細菌性皮膚炎は、最初のうちは皮膚の赤みが起こる事もなく、ポツポツとした湿疹がいくつか発生するだけで、それほどひどい痒みが生じる事はありません。

そのように症状が軽い場合には、自然に治まっていく場合もありますが、皮膚の抵抗力が弱くなっている場合や、ひどく掻き毟って皮膚が傷付いている場合には、毛穴の奥やその周辺組織にも細菌が入り込みやすくなるため、徐々に皮膚が赤く腫れたような状態になっていったり、同時に、強い痒みが生じるようになっていきます。

それでもなお、猫が体を掻き毟っていたり、毛穴の炎症がひどくなって毛根が傷付いてくると、脱毛が生じるようになります。

そして、引っ掻き傷などから皮膚の深層部にも細菌感染が及ぶと、皮膚が大きく腫れ上がったり、熱や痛みが生じるようになる場合があります。

猫の細菌性皮膚炎の治療

猫の細菌性皮膚炎の治療は、薬用シャンプーなどで病変部を洗浄するとともに、抗生物質(抗生剤)の投与が行われます。

なかなか治らずに慢性化していたり、再発を繰り返している場合には、他の病因を調べるためや、耐性菌の発生を疑って、詳しい病理検査や血液検査なども行われる場合があります。

ノミやダニなどの寄生虫感染が確認できた場合には、そのままでは治療効果が得られないため、駆虫薬を使用するなどして、寄生虫の駆除が行われます。

アレルギーの可能性がある場合には、ステロイド剤やアレルギー薬などの薬物治療を平行して行ったり、キャットフードの変更による食事の見直しや、こまめな掃除や除菌による生活環境の改善指導も行われる場合があります。

ホルモン分泌疾患や糖尿病、腎臓障害など、他の病因が確認できた場合には、その治療も同時に行われます。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。