猫がひどく痒がったまま慢性化する事の多い皮膚病、猫のアレルギー性皮膚炎



愛猫が、ある時から急に体をしきりに引っ掻いたり、掻きむしる仕草をよく見せるようになった際には、アレルギー性皮膚炎を発症している場合があります。

猫のアレルギーは、免疫機能の過剰反応によって引き起こされる病変で、幼少の頃から病変が生じている場合もあれば、体質や環境の変化とともに、ある時から急に病変が発生するようになる場合もあります。

症状は、皮膚の発赤や脱毛といった皮膚に異常が見られる場合が多いですが、くしゃみや鼻水などの呼吸器にも異常が生じる場合や、目の充血や涙の増加など、目に異常が現れたり、下痢や嘔吐などの消火器の異常として病変が生じる場合もあります。

猫のアレルギー性皮膚炎の原因

猫がアレルギーを引き起こす原因には、ノミやダニなどの寄生虫、花粉やホコリなどの空気の汚れなど、身の周りの生活環境の影響を受けて起こる場合や、毎日食べているキャットフードの食材の影響から、病変が引き起こされる場合もあります。

ノミやダニなどの寄生虫感染によって起こるアレルギーは、代表的なものにノミアレルギーがあり、ノミの体や、ノミが出す分泌物や糞に対して強いアレルギー反応を示すために、たった1匹の感染であっても、皮膚が真っ赤に腫れ上がり、激しい痒みに悩まされるようになります。

花粉やホコリなどの空気中に浮遊しているアレルギー物質を吸引する事によって起こるアレルギーは、吸引性アレルギーと言われており、アトピー性皮膚炎の大半は、この吸引性アレルギーによって症状が誘発されたり、悪化してひどくなる事が知られています。

また、皮膚の常在菌も、アトピー性皮膚炎をはじめとするアレルギー性皮膚炎の症状を誘発したり、悪化させる原因になる事が解明されています。

吸引性アレルギーは、花粉やホコリの他にも、カビの胞子、繊維クズ、ダニの死骸、大気汚染物質など、空気中に存在する様々な物が病変を引き起こす可能性を持っており、そのアレルギーを引き起こす物質は、猫によって個体差があるため、病変を引き起こしている原因を特定する事が難しいと言われています。

キャットフードの食材によって起こるアレルギーは、食物アレルギー(食事性アレルギー)と言われており、主に鶏肉や魚肉などの肉類、エビやカニなどの甲殻類、小麦やトウモロコシなどの穀物類、大豆などの豆類などに対して起こる事が多く、これらの特定のタンパク質の分解酵素を持っていない、または不足しているために、未消化のまま吸収され、血液中に存在するようになる事で、免疫機能が働くようになるものです。

このような食物アレルギーも、猫によって個体差が大きく、また複数の食材に対してアレルギーを示す場合も多い事から、病変を引き起こす原因となっている食材を特定する事が難しいと言われています。

猫のアレルギー性皮膚炎の症状

猫がアレルギーを起こした場合には、皮膚に病変が生じる事が多く、皮膚が赤く腫れたようになったり、湿疹(蕁麻疹)ができる場合もあり、昼夜を問わず強い痒みに悩まされるようになります。

そのため、猫はしきりに体を舐めたり、引っ掻いたりするようになり、徐々に皮膚が傷付いていくようになり、皮膚の炎症もひどくなっていきます。

毛根が傷付いてくると、脱毛が起こり、皮膚がむき出しの状態になってしまう場合もあります。

皮膚がただれたようになったり、小さな傷がいくつもできると、口腔細菌が入り込んだり、皮膚の常在菌が入り込みやすくなり、二次感染が起こると、ますます痒みがひどくなっていきます。

そして、化膿やかさぶた、色素沈着などが見られるようになる場合もあります。

ノミアレルギーの場合には、ノミに刺された場所だけに限らず、全身の広い範囲で脱毛や皮膚の発赤が起こる場合もあります。

ホコリや花粉などの吸引性アレルギーの場合には、鼻腔炎や副鼻腔炎、気管支炎を起こして、くしゃみや咳が異常に多くなったり、結膜炎や角膜炎などの眼病を引き起こして、目の充血や瞼の腫れなどが起こる場合もあります。

食物アレルギーの場合には、胃腸炎を起こして、下痢や嘔吐を繰り返すようになる場合もあります。

猫のアレルギー性皮膚炎の対策

アレルギーの原因物質を特定する事は、とても根気強く時間のかかる事です。

それでも、アレルギーの原因物質を生活環境から排除する事によって、症状そのものを無くす事ができたり、大幅に緩和させる事ができると言われています。

また、乳酸菌や酵素などを豊富に含んだ無糖ヨーグルトや納豆などの発酵食品を積極的に与える事によって、腸内環境が整い、消化吸収能力が高まったり、解毒作用が高まる事で、体質改善につながり、アレルギーの症状が軽くなる場合もあります。

猫はもともと小動物などの狩りをして生活していた動物ですので、狭い所に入り込んで身を潜める事を本能的に好む性質があります。

そのため、ホコリやゴミの多く溜まっている家具の隙間やカーテンの奥などに入り込む事が多いため、予め身を潜めるための清潔な箱やベッドを用意しておいたり、猫の行動範囲は、こまめに掃除をするようにして、ハウスダストを吸引させないように努める事も、アレルギーの症状悪化を防ぐ効果が期待できます。

そして、被毛の長い猫は、被毛の間に汚れが溜まりやすく、グルーミングで毛を飲み込んでしまう量も多くなるため、定期的にブラッシングをして、被毛に付いた汚れを取り除いてあげる事や、抜け毛の量を減らす事も大切になります。

食物アレルギーの可能性を疑って、キャットフードを変更する際には、少量ずつ新しいキャットフードを加えるなどして、時間をかけて慣らしていく事で、食に敏感な猫も食べてくれる事が多くなります。

また、食が細い猫であっても、キャットフードのニオイを出す事によって食欲が沸いてくる場合があるため、レンジで少しだけ温めたり、お湯や鶏や魚などの出汁を少しだけ加える事で、積極的に食べてくれる場合があります。

しかし、保存状態が悪いキャットフードは、酸化して古くなった脂肪分のニオイやカビ臭いニオイがするようになり、それを敏感に察知して、お腹が空いていても食べなくなる場合がありますので、真空保存容器に入れて保存したり、冷凍保存を行う事も大切です。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト