スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


細菌や真菌の繁殖によって引き起こされる猫の皮膚病(感染性皮膚炎)



猫は1日の大半を寝て過ごすと言われていますが、起きている間は、食事の後や遊びの合間などに、何度もグルーミングを行う事があり、日頃から皮膚や被毛に溜まった汚れを取り除いているため、犬に比べると皮膚病にかかる事が少ないと言われています。

それでも、猫の被毛の一部が薄くなったり、局所的な脱毛が起こるなど、被毛の一部に異常が見られるようになったり、皮膚の赤みや湿疹など、皮膚に炎症が見られるようになる場合があります。

このような被毛や皮膚に異常が生じた場合には、免疫力の低下、ストレス、内臓疾患などから、細菌や真菌などの病原菌に感染しやすくなっていたり、アレルギー体質によって皮膚のバリア機能が低下しているなど、何らかの皮膚病の悪化因子が発生している可能性があります。

常在菌の過剰繁殖によって起こる猫の皮膚病

健康な猫の皮膚や粘膜には、もともと様々な種類の常在菌が存在していますが、皮脂膜による皮膚のバリア機能や免疫細胞の働きによって、通常は常在菌が過剰繁殖する事もなく、一定の範囲で保たれています。

また、細菌同士による均衡を保つ働きなどからも、特定の細菌だけが過剰繁殖を起こす事もなく、皮膚や被毛は正常な状態で維持されています。

しかし、何らかの原因によって、特定の常在菌が過剰繁殖を起こすと、脱毛や皮膚炎などの病変を引き起こすようになっていきます。

黄色ブドウ球菌の急増によって起こる猫の膿皮症

皮膚の常在菌が過剰繁殖を起こしたために、皮膚病を引き起こすようになる疾病の一つに、膿皮症(のうひしょう)があります。

膿皮症は、主に黄色ブドウ球菌が過剰繁殖したために生じる皮膚炎で、黄色い膿を含んだ湿疹やかさぶたが皮膚の一部に見られるようになる、皮膚の細菌感染症です。

最初のうちは、皮膚にニキビのような湿疹がポツポツと見られるだけで、症状が軽い場合には、自然に治まっていく場合もあります。

細菌感染が毛穴の奥やその周囲の皮膚組織にも及んでくると、皮膚が赤く腫れたようになり、強い痒みが発生するようになります。

そして、毛根がダメージを受けるのに従って、被毛が抜け落ちて薄くなったり、局所的な脱毛症によって、皮膚が露出した状態になってしまう場合があります。

猫が体を激しく掻きむしるなどして傷ができると、その傷口から細菌が皮膚の深部へと侵入しやすくなるため、ますます痒みがひどくなったり、患部が大きく腫れ上がってしまう場合があります。

真菌類の急増によって起こる猫の皮膚病

常在菌が過剰繁殖を起こす事によって引き起こされる皮膚病には、白癬菌、皮膚糸状菌、マラセチア菌、カンジダ菌などのカビの仲間が原因となる場合もあります。

白癬菌や皮膚糸状菌は、古くなった角質層や被毛に含まれているケラチンというタンパク質成分を栄養源にしており、マラセチア菌は、毛穴から分泌する皮脂を栄養源にしており、カンジダ菌は、毛穴から分泌する分泌液の糖分を栄養源にしていると言われています。

そのため、皮膚や被毛に汚れが多く溜まっていたり、汗腺分泌物が多い体質の場合には、このような真菌感染症が起こりやすくなります。

内臓疾患、ストレス、加齢などが原因となって、猫のホルモンバランスが乱れる場合があり、その結果、皮膚の新陳代謝が急速に異常に進んだり、汗腺分泌物が多くなる場合があり、真菌の過剰繁殖を促してしまう事があります。

ペルシャ、ソマリ、シャム、チンチラなどの猫種は、もともと皮脂などの汗腺分泌物が多い体質である事が多く、このような真菌性皮膚炎を起こしやすいと言われています。

また、汗腺分泌物が少ない猫種であっても、舌の届きにくい場所は、グルーミングの際にも唾液をつけた手足で擦るくらいしかできませんので、汚れが溜まりやすい傾向にあります。

そのため、皮脂を分泌する毛穴の奥に汚れが溜まる事によって、顎の下に黒いニキビ(アクネ)ができたり、尻尾に尾腺炎(スタッドテイル)と呼ばれる吹き出物が生じる事があります。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。