スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カビの繁殖によって引き起こされる犬の皮膚病、犬の真菌症(真菌性皮膚炎、真菌感染症)



犬が引き起こす皮膚病のうち、それほど痒がる様子を見せないにも関わらず、皮膚に円形状の脱毛が起こるなどして、皮膚に湿疹やかさぶたなどの病変が生じるようになる皮膚疾患に、真菌症(真菌性皮膚炎、真菌感染症)があります。

真菌症は、カビの仲間の真菌類によって引き起こされる感染症で、犬の皮膚病の中では比較的多く見られる傾向にある皮膚疾患です。

カビは空気中にも様々な種類の菌が無数に浮遊しており、湿気の多いバスルームや結露の付きやすい窓枠やサッシなどの室内にも、数多く存在しています。

また、もともと犬の皮膚や粘膜にも常在菌としていくつもの種類の菌が存在しています。

人間が、足の指の間などに水虫を発症するのと同じように、犬も体調不良や疲労などから免疫力が低下していたり、体にフケや垢などの汚れが多く溜まっている場合には、このような真菌類が繁殖しやすくなります。

人間の水虫は、皮膚の古い角質層に含まれているケラチンという成分を栄養源にしながら繁殖する性質を持つ、白癬菌(はくせんきん)によって引き起こされますが、犬の真菌症には、同じような性質を持つ白癬菌や皮膚糸状菌などの真菌の他にも、皮脂を栄養源にして繁殖するマラセチア菌なども存在しています。

犬の真菌症の原因

既に感染している犬との接触が原因となってうつる場合もありますが、体のどこかに真菌などの菌が付着する事によって、必ず真菌症を引き起こすという訳ではありません。

もともと犬の皮膚や粘膜には、様々な種類の真菌が存在していますが、自然な皮膚の抵抗力(免疫力)によって真菌の繁殖を防ぐ事ができていたり、皮膚の新陳代謝や皮脂膜を形成する働きなどの自浄作用によって、皮膚の常在菌が急増する事もなく、一定の範囲で保たれています。

しかし、ストレスや体調不良によって、免疫力が低下していたり、他の皮膚炎によって皮膚が傷付いている場合には、真菌の繁殖を防ぐ働きが鈍くなるため、過剰繁殖を起こしやすくなります。

また、内臓疾患やホルモン分泌異常、避妊や虚勢などの影響から、皮膚の新陳代謝が異常に促進されたり、逆に著しく低下する事で、真菌が繁殖しやすくなってしまう場合もあります。

時には、皮膚や被毛の汚れ、身の周りの生活環境の衛生状態によって、発症が誘発される場合もあります。

犬の真菌症の症状

最初のうちは、体の一部に小さな円形状の脱毛が生じるだけで、犬が体を痒がる様子を見せる事はほとんどありません。

そして、真菌の繁殖とともに周囲の毛根も傷付けられていきますので、徐々に脱毛部が大きくなって広がっていきます。

そして、真菌によって傷付けられた古い角質層が、ポロポロと剥離してよく落ちるようになるため、フケが異常に多くなったり、粉を吹いたようになる場合があります。

その体から落ちたフケや垢にも、真菌が大量に存在しているため、再び体に付着するなどして再感染が起こると、他の部位にも同じような脱毛が起こり、少しずつ病変が広がっていきます。

脱毛が起こった箇所には、湿疹やかさぶたなどの病変が生じる場合もあり、傷付いた皮膚に細菌が入り込んだために二次感染が起こったり、アトピーやアレルギーなどの体質の場合には、強い痒みを引き起こす場合があります。

菌の種類によっては、人にもうつる場合があり、人にも感染が起こった際には、強い痒みを引き起こすようになります。

時には、真菌の菌体そのものや、菌の作り出す毒素や老廃物に対してアレルギーを示す場合もあり、皮膚にひどい発赤が生じるようになったり、激しく痒がるようになる場合もあります。

犬の真菌症の治療

主に洗浄力の強い薬用シャンプーや薬浴によって皮膚や被毛の洗浄を行う事が多く、抗真菌薬などの治療薬の外用薬や内服薬が処方されます。

抗真菌薬は成分が強く体への毒性も強い場合が多いため、犬が薬を舐めてしまう可能性が高い場合には、肝臓や腎臓への負担が大きくなるため、内服薬だけが処方される場合があります。

そして、薬を塗りやすいように、また、患部の通気性を高めるために、被毛をハサミで短くカットしたり、バリカンで周囲の被毛を刈り上げる場合もあります。

治療中は、犬の体を清潔に保つように心がけ、また体から落ちたフケやかさぶたによって再感染が起こらないように、犬の身の周りや行動範囲もこまめに掃除するなどして、衛生的に保つ必要があります。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。