スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


犬のアトピー性皮膚炎の辛い症状と、それを克服する効果的な対処方法



犬の皮膚病のうち、なかなか治りにくく、慢性化しやすい事の多いアトピー性皮膚炎は、単なる薬物治療だけに頼るのではなく、食事(フード)の見直し、皮膚の保護(スキンケア)、生活環境の改善(衛生管理)などから、犬の自然治癒力を高めたり、体質改善を図っていく事も大切だと言われています。

犬のアトピー性皮膚炎の症状、病変

犬のアトピー性皮膚炎は、目の周囲、耳介、口や顎の周囲、指の間、胸元、脇の下、腹部、股下、尻尾の周囲などが、症状の現れやすい好発部位と言われています。

ある季節にだけ症状が現れたり、ひどくなったりする場合もあります。

そのような季節性がある場合でも、徐々に症状が現れる期間が長くなっていったり、ひどくなる期間が伸びてくる事も多く、やがて慢性化して年中症状が続くようになるケースも多い傾向にあります。

犬がアトピー性皮膚炎にかかると、皮膚に強い痒みが慢性的に生じるようになり、犬は我慢できずに何度も引っ掻いたり、掻きむしる事を繰り返すようになります。

そして、ますます皮膚が傷付いていくようになり、毛根が傷付いて脱毛が起こったり、皮膚に局所的な発赤や黒ずみなどの色素沈着が見られるようになる場合もあります。

皮膚に傷ができ、出血が起こったり、浸出液が出るようになると、細菌や真菌による二次感染が起こりやすくなり、さらに痒みがひどくなったり、患部の化膿や腫れが起こる場合もあります。

長期に渡って症状が続いている場合には、皮膚の角質層の破壊と再生が何度も繰り返される事で、まるで象の皮膚のように厚く硬くなってしまう場合もあります。

犬のアトピー性皮膚炎の治療方法、対処方法

犬アトピー性皮膚炎の治療は、アレルギーの症状を抑える働きのあるステロイド剤や抗ヒスタミン剤などの薬剤が用いられる場合が多い傾向にあります。

また、ひどく掻きむしったために、細菌や真菌による二次感染が生じている事も多く、抗生物質や抗真菌薬も同時に用いられる場合もあり、あまりにも痒みがひどい場合には、痒み止め薬も用いられる場合があります。

このような薬物治療は、長期に渡って継続する必要がある場合が多く、徐々に薬への耐性がついてきたり、肝臓や腎臓への負担が積み重なっていきます。

そして、長期的な投薬を中断したり減薬を行う事で、ひどいリバウンドが起こってしまうケースもあります。

そのため、薬だけに依存せず、毎日の食事やスキンケア、生活環境などを見直す事も重要になってきます。

ドッグフードは、主原料の異なるフードに変更したり、アレルギー対策用のフードに変更するなどして、その後の経過を見る事も大切です。

また、スキンケアの点では、シャンプーの頻度を少なく抑えたり、シャンプーの溶液を薄めて使用するなどして、その後は馬油やベビーオイルを皮膚に塗るなどして、乾燥しがちな皮膚の保油を行う事も有効です。

そのように皮膚の保護を第一に注意しながら、除菌対策を行う事で、常在菌による症状悪化を防ぐ事も大切な要素となります。

また、ホコリやダニの死骸などのハウスダストを吸引させないように、犬の身の回りや行動範囲は、いつも清潔な状態にしておく必要があります。

そして、腸内環境の改善からも免疫力の正常化を図るために、無糖ヨーグルトや納豆などの発酵食品を少量与えるようにしたり、おやつの代わりに茹でたキャベツやサツマイモなどの繊維質を多く含んだ食品を与えてみる事も、体内の解毒作用(デトックス効果)が高まり、体質改善につながる効果が期待できます。

アトピー性皮膚炎は、即効性のある強力な薬剤を使用する事により、短い期間で病変の完治を目指す事も重要ですが、長期的に薬物治療を継続する場合には、愛犬の健康面に大きな負担を与えてしまう可能性が高くなります。

そのため、時間をかけて少しずつでも症状を抑えながら、病状を軽減していく事に努めていくなど、上手にアトピー性皮膚炎の症状と向き合っていく姿勢も大切です。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。