犬が発症する事の多い、皮膚病の種類、症例



犬が動物病院に通院する原因となる病気の中では、皮膚病が最も多いと言われています。

皮膚病は、細菌やアレルギー物質など、体の外側からの刺激によって引き起こされる場合や、内臓や免疫系の異常など、体の内側の問題によって引き起こされる場合もあり、様々な要因が可能性として考えられます。

また、体を引っ掻く癖や舐める癖があるなど、犬の普段の仕草や行動から引き起こされたり、食事の栄養バランスの偏りによって引き起こされる場合もあるなど、いくつもの要因が複合的に関与して生じる場合もあるため、原因がはっきりしないまま、慢性化していたり、再発を繰り返してしまう場合もあります。

中でも代表的な犬の皮膚病には、細菌性皮膚炎、真菌性皮膚炎、アレルギー性皮膚炎、寄生虫性皮膚炎、内分泌性皮膚炎などがあります。

細菌性皮膚炎(膿皮症)

細菌性皮膚炎は、皮膚にもともと存在している常在菌が、過剰に繁殖しすぎる事によって、皮膚に赤みや腫れなどの炎症が起こり、同時に強い痒みが生じるようになる皮膚疾患です。

皮膚や被毛の汚れ、免疫力の低下、他の皮膚病によって生じた傷、シャンプーのやりすぎ、栄養分の偏りなど、様々な要素が原因となって発症すると言われています。

アトピー性皮膚炎で皮膚が弱くなっていたり、皮脂の分泌量が少なく乾燥しやすい体質などの影響で、皮膚のバリア機能が弱いために、皮膚の細菌が繁殖しやすくなっている場合もあります。

気温や湿度が高くなる夏場になると発症する犬が増加する傾向にあります。

細菌性皮膚炎の大半の原因は、黄色い色素を出す性質のある黄色ブドウ球菌によって引き起こされる事が多く、病変部の皮膚には、黄色い膿を含んだ湿疹やかさぶたが見られる事がよくあります。

症状がひどくなるにつれて、皮膚の発赤がひどくなっていき、犬は体を激しく痒がるようになっていきます。

黄色ブドウ球菌の菌体そのものや、黄色ブドウ球菌が作り出す毒素に対してアレルギーを示す場合もあり、慢性化してなかなか治りにくくなってしまう場合もあります。

症状が軽い場合には、放っておいても自然に治まっていく場合もありますが、皮膚に赤みや腫れが生じている場合には、薬用シャンプーや薬浴による洗浄を行ったり、抗生剤(抗生物質)の投与が行われます。

真菌性皮膚炎(脂漏症、脂漏性皮膚炎)

真菌性皮膚炎は、皮膚や粘膜に存在している常在菌である真菌類(カビの仲間)が、皮膚に定着したまま繁殖を繰り返したために、皮膚の炎症や脱毛が起こり、時には強い痒みが生じるようになる皮膚病です。

マラセチア菌、カンジダ菌、皮膚糸状菌、白癬菌などによって引き起こされる事が多く、これらの真菌類は、毛穴から分泌する皮脂や古い角質を栄養源にして繁殖する性質があるため、皮脂の分泌量の多い脂漏体質の犬や、新陳代謝が異常に活発な犬が発症しやすい傾向にあります。

また、免疫力の低下、新陳代謝の異常、ホルモン分泌異常、栄養分の偏り、脂肪分の摂り過ぎ、シャンプーのやりすぎ、アレルギーなどの体質といった、様々な要素が原因となって引き起こされると言われています。

真菌性皮膚炎は、フケが異常に多くなったり、皮膚がカサカサになり乾燥したような状態になる場合もありますが、その多くは、過剰な皮脂の分泌量によって、体がベトベトしている場合が多く、強い発酵臭が生じる事が多い特徴があります。

治療においては、真菌類の栄養源となる皮脂を洗い流して少なくする必要があり、薬用シャンプーや薬浴による洗浄を定期的に行ったり、自宅でも毎日シャンプーをするように勧められる事も多い傾向にあります。

そして、抗真菌薬や痒み止め薬などの投与も行われます。

症状が治まってからも、もともと皮脂の分泌治療が多い体質の犬は、しばらくすると同じような体臭異常や皮膚炎が見られるようになる事も多く、何度も再発を繰り返してしまう場合があります。

通気性の悪い耳の中にも真菌感染が及ぶ場合もあり、外耳炎を併発してしまうケースも多く見られます。

アレルギー性皮膚炎(吸引性アレルギー、食事性アレルギー、接触性アレルギー)

アレルギー性皮膚炎は、花粉、ホコリ、ダニの死骸など、体にはそれほど有害ではない異物に対しても、免疫機能が過剰に激しく働くようになり、その異物を排除しようとして働くばかりか、健康な細胞や組織にも損傷を与えてしまう事によって病変が引き起こされる、免疫機能の過剰反応、または免疫機能の暴走によって生じる皮膚炎です。

その原因には、空気中に浮遊している花粉やカビの胞子の吸引、車の排気ガスやタバコの煙の吸引、ドッグフードに含まれている特定の食材や添加物の摂取、ノミやダニが出す分泌物や糞との接触、首輪として身に着けている金属や皮革製品の接触、身の回りにあるゴムやプラスチック製品の接触、公園やドッグランに生えている草花や雑草の接触など、様々な要素があり、アレルギーを引き起こす物質は、犬によっても個体差が大きく、特定する事がとても困難な場合が多い傾向にあります。

アレルギー性皮膚炎は、皮膚が真っ赤に腫れたような状態になり、昼夜を問わず激しい痒みに悩まされるようになります。

そのため、犬は我慢できずに何度も体を掻きむしったり、舐め続けたり、時には噛みついたり被毛を噛みちぎるなどして、頻繁に痒がる仕草を見せるようになります。

そして、次第に皮膚が傷付いていくために、被毛が薄くなったり、脱毛が生じたり、掻き傷や噛み傷がいくつも現れるようになる場合もあります。

アレルギー性皮膚炎を根本的に治療するには、病変を引き起こしているアレルギー物質を生活環境から排除する必要がありますが、その原因物質を特定する事が難しい場合には、ステロイド剤(免疫抑制剤)や痒み止め薬などの薬剤を定期的に投与して、症状の軽減や緩和を図る対症療法が長期的に必要になってきます。

そのような薬物治療が長期に渡ると、内臓機能にも大きな負担がかかるため、治療を行いながらも、ドッグフードを変更したり、身の回りの生活環境を見直すなどして、根気強くアレルギー物質の排除に努めていく必要があります。

寄生虫性皮膚炎(ノミ、マダニ、ヒゼンダニ、ニキビダニ、イエダニ)

寄生虫性皮膚炎は、ノミやダニが犬の体に寄生したために、ノミやダニが犬の皮膚を刺咬した際に痒みが生じたり、ノミやダニが吸血時に注入した唾液に対して痒みが生じるようになる皮膚病です。

ノミやダニに刺された場所からは、強い痒みが生じるために、その周囲をひどく掻きむしる事で皮膚が傷付いてしまい、細菌や真菌などの二次感染が生じる場合もあります。

また、ノミやダニに対してアレルギーを示す場合もあり、ノミやダニの体に触れただけでも皮膚が真っ赤に腫れ上がったり、その分泌物や糞に触れる事によって激しい痒みが生じるようになる場合もあります。

時には大量に血を吸われる事で、貧血を引き起こす場合もあります。

さらに、ノミが媒介する瓜実条虫(サナダムシ)や、マダニが媒介するバベシア原虫など、ノミやダニの体を潰した後に現れる条虫や原虫に感染してしまう場合もあります。

また、寄生虫性皮膚炎は、ノミやマダニなどの大型の吸血性寄生虫の他にも、ヒゼンダニやニキビダニなど、肉眼では見る事のできない微細な大きさのダニが寄生しているために、角質層や毛穴でうごめくたびに、強い痒みに悩まされるようになる場合もあります。

このような寄生虫感染症の治療は、駆虫薬を使用したり、寄生虫駆除に効果のある薬用シャンプーや薬浴を行い、体に付いた寄生虫を駆除する処置が行われます。

しかし、駆虫薬だけではノミやダニの卵を完全に死滅させる事ができない場合もあるため、被毛の奥に潜んでいるノミやダニの卵を駆除するために、バリカンで全身の被毛を短くカットしたり、定期的に駆虫薬を使用して、卵から孵化した成虫の駆除を行う場合もあります。

そして、痒みがひどく掻きむしってしまう場合には、痒み止め薬が処方される場合もあります。

内分泌性皮膚炎(甲状腺疾患、副甲状腺疾患、副腎疾患)

内分泌性皮膚炎は、甲状腺や副腎皮質など、ホルモン分泌器官の異常によって、体内で作られるホルモンが過剰に多くなったり、極端に少なくなる事によって引き起こされる皮膚疾患です。

先天的な異常、腫瘍、薬剤の副作用、虚勢や避妊、ストレスなどが原因となって引き起こされると言われていますが、中には原因がはっきりしない場合もあります。

犬の皮膚病の中では、唯一痒みが全く生じない場合もありますが、全身などの広範囲において脱毛が生じたり、被毛が薄くなるなどして、丸裸に近い状態になったり、時には血管が透けて見える程に皮膚が萎縮して薄くなるなどして、皮膚のバリア機能が著しく低下する事も多く、二次的に細菌や寄生虫などの感染症にかかったり、アレルギーを引き起こすケースも多く見られます。

そのような場合には、慢性的に強い痒みを引き起こすようになります。

代表的な病名には、甲状腺機能低下症、甲状腺機能亢進症、副腎皮質機能低下症、副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)などがあります。

治療方法は、過剰なホルモンの分泌量を抑制する薬剤や、少ないホルモンの分泌量を補充するための薬剤など、長期的な薬物治療が必要になるケースが多い傾向にあります。

また、二次的な皮膚の感染症やアレルギーを引き起こしている場合や、他の内臓疾患や腫瘍などの病変が確認できた場合には、それらの治療も同時に行われます。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト