スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


犬の外耳炎の原因、症状、予防方法について



犬がしきりに耳を引っ掻いたり、頭をよく振ったり、傾けて歩くなどしている場合には、犬が外耳炎にかかっている可能性があります。

そのような場合には、犬の耳の中を確認して、不快臭が生じていないか、耳垢が溜まっていないか、粘膜が赤く腫れていないか、などをチェックしてみる必要があります。

犬の外耳炎の大半は、カビの仲間であるマラセチア酵母様真菌によって引き起こされると言われています。

マラセチア酵母様真菌は、皮脂を栄養源にしながら活発に繁殖する性質があるため、脂漏症(脂漏性皮膚炎)などの皮膚炎を患っている犬は、耳の中にも感染が及ぶ事によって、外耳炎を併発する場合があります。

また、シーズー、マルチーズ、ミニチュア・ダックスフンド、トイ・プードル、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル、パグ、アメリカン・コッカー・スパニエル、イングリッシュ・コッカー・スパニエル、ラブラドール・レトリバー、ゴールデン・レトリバーなどの垂れ耳の犬は、普段から耳の中の通気性が悪いため、マラセチア酵母様真菌などの雑菌が繁殖しやすく、また汚れも溜まりやすいため、外耳炎を発症しやすい傾向にあります。

アトピー性皮膚炎や接触性アレルギーなどのアレルギー疾患によって、外耳炎が引き起こされる場合もあります。

また、耳の中に寄生するミミヒゼンダニ(耳ダニ)によって、粘膜が傷付けられた事によって痒みが生じていたり、その排泄物や死骸によって粘膜に炎症が生じている場合もあります。

時には、犬の耳掃除をほとんど行っておらず、耳の中の分泌物や耳垢が大量に溜まったままの状態になっており、このような細菌感染や寄生虫感染が生じやすくなる場合もあります。

そのため、犬の耳の中の状態は定期的に確認するようにして、定期的に耳掃除を行ってあげる必要があります。

それでも、耳の中の粘膜を強く擦ったり、耳垢を外耳道の奥に押し込んでしまうと、かえって外耳炎を発症しやすくしてしまいますので、慎重に行う必要があります。

犬の体をシャンプーで洗浄した後には、耳の中にシャンプーの溶液や水分が残ったままにならないように、耳の中を優しく拭き取るように心がける事も大切です。

特に垂れ耳の犬や、耳の中の毛が多い犬は、耳の中の通気性が悪く、外耳炎を発症しやすいために、十分注意が必要です。

犬が外耳炎になると、耳の中の粘膜が赤く変色していたり、時には大きく腫れ上がり、外耳道が狭くなったり、塞がってしまう場合があります。

また、臭いが強く粘度の高い耳垢が多く溜まるようになり、耳の中からは強い不快臭が生じるようになる事もあります。

気温や湿度が高くなる夏場になると、発症する犬が多くなりますが、垂れ耳の犬や耳の中の毛が多く、耳の中の通気性が悪い場合には、何度も再発を繰り返したり、慢性化して年中に渡って症状が持続してしまう事も多く、とても厄介な病気と言われています。

また、外耳炎は、ひどくなると中耳炎や内耳炎を併発してしまい、鼓膜に損傷が起こり、聴力が著しく低下してしまったり、常に顔を傾けるなどして平衡感覚を失ってしまう場合もあるため、早期の治療が必要になります。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。