犬の代表的な皮膚病、膿皮症(のうひしょう)の症状と治療方法



犬が膿皮症にかかると、皮膚にニキビのようなポツポツとした吹き出物がいくつも現れるようになります。

その吹き出物には、黄色い膿が含まれている事が多く、それを犬が引っ掻くなどして潰してしまった場合には、中から黄色い膿が出てきて、周囲にカサカサしたカサブタのような状態で塊になっているのを確認できる場合もあります。

そのような状態のうちは、犬がそれほど痒がる事が無い場合もあります。

そして、膿皮症の症状がさらにひどくなると、毛穴の奥にも細菌感染が及ぶようになり、毛根(毛包)や毛根の周囲の表皮組織にも炎症が起こるようになると、皮膚が赤く腫れたようになり、強い痒みが生じるようになります。

そのような状態になると、細菌感染によって毛根が傷付けられた影響から、被毛が薄くなったり、局所的な脱毛が見られるようになります。

そして、犬はしきりに痒い部分を噛んだり、引っ掻いたりする仕草を繰り返し見せるようになります。

黄色ブドウ球菌は、黄色い色素を出す特徴を持つ、ブドウの房のような形をした細菌ですので、このような黄色い膿や皮膚の発赤の症状からは、視診によっても膿皮症の可能性が判断されますが、皮膚病がなかなか治らずに長期化している場合や、何度も再発を繰り返している場合には、他の細菌との混合感染や、薬剤耐性菌の発生、内臓疾患などの他の可能性も考え、血液検査を行ったり、皮膚の一部を採取して調べる病理検査などの詳しい検査が行われる場合があります。

そして、検出された病原菌に対して、抗生剤(抗生物質)の効果を予め確認する、薬剤感受性検査(細菌検査)も行われる事があります。

犬が激しく体を掻き毟ったり、被毛を引きちぎるようにして噛み続けているうちに、皮膚に掻き傷や噛み傷ができるようになり、ひどい場合にはじゅくじゅくした状態になり、出血が起こったり、浸出液が出るようになり、傷も治りにくくなっていきます。

そのような状態になると、ますます細菌が皮下の深部にも入り込みやすくなり、患部が大きく腫れ上がったり、痛みが伴うようになり、飼い主に触られるのを嫌がるようになる事もあります。

また、辛い痒みや傷の痛みに悩まれる事が、犬にとっては強いストレスになり、元気がなくなったり、食欲が低下してしまう場合もあります。

そのように皮膚がひどく傷付いてしまっている場合には、薬用シャンプーや薬浴による洗浄は、かえって患部を傷付けしまい、治りを遅くしてしまう可能性があるため、薬用シャンプーや薬浴による洗浄は禁止して、薬剤による治療と、刺激の少ない消毒薬だけを使用した治療が行われます。

アレルギー疾患やホルモン分泌異常(内分泌疾患)など、他の病因が背景にある事が確認できた場合には、その治療も同時並行で行われます。

また、ノミやダニなどの寄生虫感染が確認できた場合には、そのままでは治療効果が得られにくいため、駆虫薬を使用するなどして、寄生虫の駆除が行われます。

そして、膿皮症の治療中は、犬の体や身の回りの生活環境を清潔に保つように心がけ、適度な運動と、腸内環境を整える乳酸菌や酵素の摂取にも配慮して、犬の免疫力を高めるように努める事が大切になります。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト