細菌感染によって起こる犬の皮膚病、膿皮症について



犬がかかる皮膚病の中でも、特に多く見られる病状の一つに、膿皮症(のうひしょう)があります。

膿皮症は、もともと皮膚に存在している黄色ブドウ球菌などの常在細菌が、過剰に繁殖してしまったために、皮膚に炎症を引き起こして、腫れや痒みなどの病変を誘発してしまう、犬がかかる代表的な皮膚病です。

動物病院で治療を受けても、何度も繰り返し再発するケースも多く、時には患部に薬剤耐性菌が発生していたり、アレルギーなどの他の皮膚病の影響から、治りにくくなってしまっている場合もあります。

膿皮症は、もともとアレルギーやアトピーなどの皮膚病を患っていたり、皮膚が乾燥しやすい体質などから、皮膚のバリア機能が弱い犬が発症しやすい傾向にあります。

また、そのような体質の他にも、ノミやマダニに噛まれた痒みが原因で、激しく体を掻きむしっていたり、ひどく噛み付くなどして皮膚を傷めてしまっている場合には、傷口から出血していたり、浸出液が出るなどして、細菌が繁殖しやすくなっており、病変が引き起こされる場合もあります。

高齢の犬は、加齢の影響から、皮膚の新陳代謝が極端に低下していたり、逆に、ホルモン分泌異常の影響から、異常に活発になっている場合があり、そのような場合には、皮膚の細菌が過剰に繁殖しやすくなってしまう場合があります。

また、加齢とともに免疫力が低下していき、皮膚の免疫細胞の働きも低下して、感染症にかかりやすくなる場合もあります。

アレルギーやアトピーの治療薬としてよく使用されるステロイド剤(免疫抑制剤)によって、免疫力を意図的に抑制しているために、皮膚の抵抗力が極端に低下して、感染症が引き起こされる場合もあります。

他にも、シャンプーの刺激が強すぎたり、シャンプーの頻度が過剰に多いために、皮膚が乾燥しやすくなっていたり、皮膚が炎症を起こしてしまい、皮膚病にかかりやすくなっている場合もあります。

このような皮膚の細菌感染症(細菌性皮膚炎)は、気温と湿度がともに高くなる夏場になると、最も発症する犬が多くなる傾向にあります。

健康な成犬が発症した場合には、症状が軽い場合には自然に治まっていく場合もありますが、子犬や老犬、または何らかの皮膚病を抱えている犬が発症した場合には、放っておくと、次第に感染部位が皮下の深層部にも及ぶ恐れがあり、患部が大きく腫れ上がってしまったり、時には痛みが生じるようになってしまう場合もあります。

膿皮症は、その症状の程度によって、表面性膿皮症(皮膚表面の角質層のみの感染)、表在性膿皮症(浅在性膿皮症:毛根(毛包)や周囲の表皮にも感染)、深在性膿皮症(毛根全体や真皮、皮下組織にも感染)という病名で区分されています。

好発部位は、汚れが溜まりやすい顔、首、脇、指の間、お腹、股下、尻尾の周囲などの部位と言われていますが、セッター系やコッカースパニエル系の犬は、上唇が下に垂れ下がるようにして、下唇が覆われているため、下唇に汚れが溜まりやすく、下唇の周囲にも病変が発生しやすいと言われています。

また、パグ、フレンチブルドッグ、ペキニーズなど、顔にシワの多い犬種は、そのシワの間に汚れが溜まりやすいため、顔に膿皮症の病変が生じる事が多いと言われています。

ジャーマン・シェパード・ドッグは、特異的に深在性膿皮症にかかりやすい犬種と言われています。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト