犬の高齢化に伴い、犬の認知症が人間並みに増加

日本獣医生命科学大獣医学部の入交真巳(いりまじり まみ)氏の調査によると、8才以上の飼い犬のうち、約20%はアルツハイマー型の認知症(認知障害症候群)が疑われる行動が見られる事が分かったという。

また、今後発症する可能性が懸念される予備軍は、半数にも達しているという。

犬の8才は、人間で言えば50才ほどの年齢にあたる。

この調査は、全国の動物病院やドッグランを利用した飼い主に対して、症状の有無のアンケートを行ったものだ。

獣医師が実際に診断したケースは17%にとどまっており、認知症の症状が進行しており、夜間のムダ吠えや攻撃性が高まるなどして、異常行動が現れているケースにも、適切な対処ができていない可能性があるという。

認知症は、発症の初期段階ならば、食事や生活習慣を改善する事で、症状が治まる場合もあるため、入交氏は、「飼い犬が急に年を取ったと感じた際には、早いうちに獣医師に相談してほしい」と話している。

重い認知症の犬には、鎮静剤や麻酔薬で症状を抑えるしかないが、症状が軽いうちは、運動やゲームで脳に刺激を与えたり、脳の老化を防ぐ働きのあるドッグフードを与える事で、大きく改善した例もあるという。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト