薬物治療に依存しない、体質改善による犬の皮膚病対策



犬の皮膚病の症状には、季節ごとに何度も再発を繰り返していたり、動物病院で治療を受けた直後は症状が治まるものの、すぐに悪化してしまうなど、慢性化してなかなか治りにくくなっている場合も多く見られます。

そのような難治性の皮膚病の原因の一つに、アレルギーやアトピーなどの体質が影響している場合があります。

アトピーも、アレルギーの一種と言われていますが、そのアレルギーの原因の中でも多く見られる病態に、食物アレルギーがあります。

食物アレルギーは、特定の食品を食べた際に、湿疹や蕁麻疹が現れたり、皮膚が真っ赤に腫れるなどして、皮膚に痒みが生じるようになる皮膚病です。

口の周りやお腹など、症状が局所的にだけ見られる場合もあります。

この食物アレルギーは、主に牛肉や鶏肉などの肉類、卵やチーズなどの乳製品、小麦や大豆などの穀物類に含まれているタンパク質に対して、アレルギーを示す事で発症すると言われています。

花粉やホコリなどの吸引性アレルギーは、肺から吸引したアレルギー物質が、血液中に多くなってくると、免疫細胞がそれらを排除しようとして活動するようになり、やがてその免疫細胞の活動が過剰に激しくなっていくために、周囲の組織にも炎症が起こるなどして、ダメージが生じてしまう状態です。

食物アレルギーも、その発症メカニズムには似ている点があり、特定の食品を消化分解する際に必要な消化酵素が、体内に存在していない、または極端に少ない場合には、アミノ酸レベルにまで分解しきれなかった未消化のタンパク質が血液中に多くなってくるため、免疫細胞がそれらを異物(非自己)として認識してしまい、それらを排除しようとして激しく活動するようになる状態です。

そのため、子犬や老犬の場合には、胃腸の機能が弱いために、このような食物アレルギーの症状が起こりやすい場合もあります。

また、犬によっては胃腸が丈夫な体質で、何を食べても正常に消化吸収する事ができ、異常が現れる事が無いという場合もあります。

時には、犬が風邪をひくなどして体調を崩しており、体内の酵素が代謝酵素に多く使われているために、消化酵素が少なくなり、下痢や嘔吐を起こしてしまったり、食物アレルギーと同じ症状を見せる場合もあります。

人や犬の免疫細胞の70~80%は、腸に集中していると言われており、腸内環境も、アレルギーの発症に深く関係している事が知られています。

自然界のオオカミは、捕食した獲物の内臓も食べる事で、生きた乳酸菌や酵素、ビタミンなども摂取する事ができていると言われていますが、加熱加工されているドッグフードには、乳酸菌が含まれていませんので、長い間ドッグフードばかりを食べ続けていると、どうしても腸内の善玉菌が減少していくために、腸内環境が悪化していきます。

また、乾燥したドライフードは、水分量がとても少ないため、普段から水をたくさん飲まない犬は、便秘になりやすく、腸内で悪玉菌が増殖しやすくなってしまいます。

さらに、いつも飼い主が食べるご飯をもらっていたり、しつけのたびにおやつを食べるなどして、食べ過ぎになっている場合には、胃腸の働きが鈍くなったり、胃酸の分泌量が減少して、消化吸収能力が低下したり、腸のぜんどう運動が鈍くなっていきます。

アレルギーの治療は、薬物治療が行われる事が非常に多いですが、腸の働きを高める無糖ヨーグルトや納豆などの発酵食品を与える事で、犬が持つ本来の胃腸の働きを正常化する事によって、症状が改善したり、大きく緩和につながる場合もあります。

発酵食品は、発酵過程で鎖状に連結しているアミノ酸の分解も進むため、牛乳や大豆に対してアレルギーを示す体質であっても、正常に消化吸収する事ができ、異常が現れない場合も多く見られます。

また、主原料の異なるフードに変更して様子を見る事で、アレルギーの症状が改善したり、症状が軽くなったケースも、数多く存在しています。

そして、皮膚に刺激の少ないシャンプーを使用したり、シャンプーの頻度を減らすなどして、皮膚を保護するスキンケアにも注意しながら、体質を改善していく事が重要だと言われています。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト