スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


犬の皮膚病の原因と、薬に依存しない改善方法



犬が動物病院に通院する病因のうち、皮膚病は常に上位にあると言われています。

犬の皮膚病は、様々な原因が複雑に影響し合う事で引き起こされるため、原因がはっきりしないまま、長い間通院が必要になっているケースや、季節性があり、毎年同じ季節になると症状が現れるといったケースもあります。

犬の皮膚には、表面が被毛で覆われている分、皮膚そのものは非常に薄く、人間の1/3~1/5程度の厚さしかないと言われています。

そして、全身の毛穴にはアポクリン線(大汗腺)と呼ばれる、皮脂やタンパク質などの栄養分を多く含んだ汗が出る汗腺が密集しているため、皮膚の常在菌が繁殖しやすい状態になっています。

そのような事から、犬の皮膚病は、細菌、真菌(カビ)などの外部からの刺激に影響を受けて、腫れや炎症などが生じるケースも多く見られます。

また、花粉、ホコリ、ダニの死骸などのアレルギー物質を吸引したために、湿疹や蕁麻疹が現れたり、皮膚が真っ赤に腫れてひどく痒がるようになるケースもあります。

他にも、犬の皮膚病は、食物アレルギー(食餌性アレルギー)によって、特定の食品を口にした事が原因となって、口の周囲やお腹など、局所的に皮膚の赤みが見られるようになったり、皮膚の他にも、胃腸の粘膜に炎症が生じたために、下痢や嘔吐を繰り返すようになるケースもあります。

時には、これといった原因が無いものの、肝臓や腎臓の機能が低下しており、体内に溜まっている毒素が排出されず、毛穴から毒素や老廃物が排出されやすくなり、皮膚に痒みが生じやすくなるケースもあります。

そして、加齢とともに、皮膚の新陳代謝が低下して、皮膚が乾燥しやすくなる事で痒みが生じやすくなったり、ホルモンバランスの異常などから、皮膚の新陳代謝が過剰に進みすぎるために、皮脂が多くベトベトするようになったり、フケが異常に出るなどして、常在菌が過剰に繁殖して、皮膚炎を誘発してしまうケースもあります。

アトピー(アトピー性皮膚炎)は、アレルギーの一種と言われており、様々なアレルギー物質に対して過敏に反応しやすい体質と、皮膚が乾燥しやすくバリア機能が弱い体質によって引き起こされる、難治性の皮膚病です。

時には、黄色ブドウ球菌などの細菌や、マラセチア酵母様真菌などの真菌類、また、それらが作り出す毒素に対して、アレルギーを示す場合もあります。

加齢によって皮膚の新陳代謝が低下していたり、アトピー体質などで皮膚が弱くなっている場合には、金属、ゴム、プラスチックなどのアレルギー物質が皮膚に触れた事によって、湿疹や発赤が起こる、接触性アレルギーも起こりやすくなります。

ノミやマダニなどの大型の吸血性寄生虫や、肉眼では見る事のできない小型のヒゼンダニやニキビダニなどの寄生虫が、皮膚や被毛に感染する事によって皮膚病が引き起こされるケースは、居住環境の機密性が極めて高い現在では、年中見られる傾向にあります。

犬は皮膚に痒みが生じるようになると、我慢できずに、何度も繰り返し引っ掻いたり、噛み付いたりして、時には被毛を引きちぎったする事もあります。

そして、ますます痒みの生じる患部の皮膚が傷付いてしまい、痒みがひどくなったり、痛みが生じるようになるなどして、徐々に治りにくくなっていきます。

ひどい場合には、皮膚の角質層が何度も繰り返し破壊されては修復する事が繰り返されたため、まるでゾウの皮膚のように、厚く硬くなり、被毛も薄くなってしまうケースもあります。

このように、犬の皮膚病の原因には、様々なケースがあり、また、いくつもの原因が複合的に関与し合い、症状を引き起こしているケースもあります。

病状が改善しないにも関わらず、長期間、薬物治療を続ける事は、内臓機能に大きな負担をかけてしまったり、耐性菌の発生により、治療効果が得られなくなってしまうなどして、ますます病状を複雑化させてしまうケースもあります。

そのため、ただやみくもに薬の投与を行うだけではなく、食事やおやつの見直しや変更を行ったり、身の回りの生活環境の衛生管理も、極めて重要だと言われています。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。