スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


犬にも人間と同様に、嫉妬の感情がある事が研究実験から解明される

犬にも、人間と同様の喜怒哀楽といった感情があるのではないかと考えられていた中、嫉妬の感情を確かに持つという研究結果が、10月23日にアメリカで発表され、アメリカの科学誌「PLoS ONE(プロスワン)」に掲載された。

この研究結果を発表したのは、カリフォルニア大学サンディエゴ校の心理学者、クリスティーン・ハリス氏。

犬の嫉妬の有無については、初の実験とされる同研究によって、複雑な嫉妬の感情が人間特有のものだという見解が、見直される可能性があると発表している。

実験では、36匹の小型犬の飼い主に、(1)動くおもちゃの犬と遊ぶ、(2)ハロウィーン用のカボチャのバケツで遊ぶ、(3)子供向け絵本を音読する、という3つの動作を、飼い犬を無視しながら行い、犬の反応を観察した。

その結果、おもちゃの犬と遊んでいる時に飼い主を押したり、飼い主に触れる犬が約8割にものぼり、カボチャのバケツのほぼ2倍、子供向け絵本の約4倍に達した。

そして、そのうちの25%の犬は、おもちゃの犬に噛み付いたという。

クリスティーン・ハリス氏は、「犬の主観的な体験について語る事はできないが、彼らは大切な社会的な関係を守ろうとしているように見える」と話している。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。