長さはなんと118.33cm!世界一長~い猫が、ギネスワールドレコーズに認定される

先日、イギリスに住むルードという名前の猫が、生存する猫の中では世界一体が長いとして、ギネスワールドレコードに認定された。

体の長さは118.33cmもあり、小学1~2年生の平均身長並みというから驚きだ。

ルードは、大型の猫種として知られているメインクーンという品種の猫。

飼い主のケルシー・ギルさんは、ハリーポッターの映画に登場するメインクーンを見て、このルードを飼う事を決めたのだという。

飼い始めたのは、ルードが生後13週間の頃だったが、その時でも既に、年上のメインクーンと同じ大きさだったという。

ケルシー・ギルさんによると、ルードの体が大きいメリットの一つは、体がひときわ大きいため、部屋のどこにいても、すぐに見つける事ができる点なのだという。

過去には、同じ猫種のメインクーン、マイメインズ・スチュワート・ギリガン(スチューイ)という名前の猫がギネスワールドレコーズに認定されており、ルードはそれより5cm程小さかったのだが、そのスチューイは2013年1月に亡くなったために、今回、ルードがギネスワールドレコードに認定される事になった。



光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト