スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


犬の腸炎(下痢、嘔吐)の原因、症状、治療、予防について



犬の腸炎

犬の腸炎は、その原因や症状に応じて、急性腸炎または慢性腸炎と呼ばれる場合があります。

急性腸炎は一過性の病態で、慢性腸炎は腸の炎症が何度も繰り返される病態ですが、これらは、厳密には病気の診断名ではなく、腸に炎症が起こる症候群としての総称とされています。

そのため、症状には軽いものから重いものまで含まれ、原因や症状にも様々なケースが見られます。

また、胃腸炎は、胃と腸の両方に炎症が起こっている状態とされています。

犬の急性腸炎の原因

犬の急性腸炎は、激しい腹痛や下痢が起こる腸炎で、腐敗した食べ物や飲み水の摂取による細菌感染、散歩中に接触した糞や吐瀉物からのウイルスや寄生虫の感染、毒性のある植物や人間用の薬剤やサプリメントの摂取による中毒、お腹の冷えにより腸内の悪玉菌が活発化するといった事などから引き起こされます。

また、急性腸炎はおもちゃなどの異物の誤食、食物アレルギーが原因で起こる場合もあります。

犬の慢性腸炎の原因

犬の慢性腸炎は、急性腸炎のような激しい症状が現れる事は少ないですが、慢性的に腸粘膜の炎症が起こるもので、下痢や嘔吐が何度も繰り返し起こり、それによって体力が低下したり、栄養不足によって他の臓器にも負担がかかるようにもなる腸炎です。

自己免疫疾患による炎症性腸疾患(IBD)などの難治性の腸炎や、細菌性腸炎や寄生虫性腸炎などの急性腸炎がしっかりと完治しないまま、不規則に症状が現れている場合もあります。

また、慢性腸炎はストレスやアレルギー、腫瘍が原因で引き起こされる場合もあります。

犬の急性腸炎の症状

犬の急性腸炎は、ある時から急に嘔吐や下痢の症状が現れるようになります。

そして、症状が重い場合には、犬がよだれを垂らすようになったり、便に血が混じるようになる場合もあります。

夏場における脱水症状の進行や、細菌やウイルスの感染症がひどくなるなどして、重篤な状態に陥る場合もあります。

犬の慢性腸炎の症状

犬の慢性腸炎の症状は、急性腸炎に比べると比較的緩やかですが、長期に渡って下痢や軟便が続くようになります。

下痢と便秘を繰り返す場合もあります。

また、食べたものが消化不良のまま腸を通過する事が多いため、腸内で発酵や腐敗が起こりやすく、腸内にガスが溜まりやすくなったり、便臭が強くなる場合があります。

時には口臭が強くなる事もあります。

そして、栄養分も吸収しにくくなりますので、体重の減少、元気の消失なども見られるようになります。

下痢によって体内の水分が失われていきますので、水をよく飲むようになり、それにともない尿量も多くなっていきます。

何度も下痢が繰り返され、炎症がひどくなっていたり、潰瘍ができている場合には、便とともに粘液や粘膜が混ざって出てきたり、便に血液が混ざっているのを確認できる場合もあります。

犬の食中毒について

梅雨から9月頃の高温多湿な夏場において急増する食中毒の中でも、特に代表的な原因とされている細菌に、黄色ブドウ球菌があります。

黄色ブドウ球菌は、人や犬の皮膚や粘膜にもともと存在している常在細菌で、過剰に増殖しなければ、特に異常が生じる心配はありません。

しかし、過剰に増えすぎると皮膚炎の原因になったり、嘔吐や下痢などの食中毒の原因になる事が知られています。

黄色ブドウ球菌は、人や犬の体温ほどの温かさを最も快適として、活発に繁殖しながら増殖していきます。

そして、エンテロトキシン(またはデルタトキシン)と呼ばれる毒素を大量に作り出していきます。

このエンテロトキシンと呼ばれる毒素は、少ない菌が作り出しただけの少量であれば、毒性は弱いとされていますが、大量に作り出されると、皮膚や粘膜に炎症を引き起こすようになります。

エンテロトキシンの毒素によって引き起こされた病変は、細菌そのものが原因ではなく、細菌が作り出した毒素が原因ですので、抗生物質などの薬剤で治療を行う事ができないという点が、とてもやっかいだと言われています。

また、エンテロトキシンは熱に大変強く、100℃の熱湯で30分以上煮沸しても、細菌は死滅させる事ができますが、エンテロトキシンの毒素は残ってしまう上、酸にも非常に強く、犬が持つ強力な胃酸や消化酵素にも分解されないため、一度食中毒を発症すると、栄養補給や水分補給を目的とした点滴治療が中心となり、安静に保ちながら体力や免疫力の回復を待つ事になりますので、子犬や老犬には特に注意が必要と言えます。

このような、熱にも酸にも強い細菌毒による食中毒を防ぐには、ドッグフードをはじめとする犬のご飯やおやつはしっかりと低温保存または真空保存を行い、常に飲み水は新鮮なものを与える事が重要になります。

そして、飼い主もしっかりと手洗いを行った上で犬のご飯に触れるようにして、食器やボウルも毎日しっかり殺菌、洗浄する必要があります。

ドライフードは水分量が少ないですが、空気に触れると空気中の細菌やカビの胞子、ホコリや花粉などの粒子が付き、ドッグフードそのものも酸化していきます。

そのため、夏場に常温放置したまま食べ残してしまったドッグフードは、早くに処分してしまう必要があります。

犬の腸炎の治療、予防

犬の腸炎の治療は、最初に血液検査やX線検査、便検査や内視鏡検査などから原因を特定し、その原因に応じた処置が行われます。

細菌感染が原因の場合には、病態に応じて抗生物質や下痢止めなどの薬剤が投与されます。

下痢が続いており、脱水になっている場合には、水分補給や栄養補給を目的に点滴治療も行われます。

異物の誤食の場合には、外科手術による開腹が必要になり、異物を取り除く場合もあります。

成犬の場合には、1日だけ絶食をさせて様子を見る事で、自然に下痢や嘔吐が治まる場合もありますが、子犬や老犬はすぐに重篤な状態に陥る場合がありますので、早いうちに動物病院で詳しい検査を受ける必要があると言われています。

このような犬の胃腸の病気の予防には、普段から拾い食いはさせないように注意して、人間の食べ物を与えないように努める事が大切です。

また、腸内環境を整えるために、普段から納豆や無糖ヨーグルトなどの発酵食品を少量与えたり、サツマイモやキャベツなどの食物繊維を少量与える事も、整腸作用が高まり、胃腸を強くする事につながります。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。