猫の問題行動は、生活環境のストレスの影響か?

猫は、一度外出する習慣が身に付くと、定期的に自分のテリトリーを見回ったり、テリトリー内に自分のニオイを付ける必要性が生じるようになり、他のノラ猫とのケンカや伝染病の感染、交通事故に合うといった様々なリスクがつきまとうようになる。

そのため、猫の飼育は、完全な室内飼育に徹する事が好ましいとされている。

猫は一度も外出する習慣が無い場合には、室内の生活スペースを自分のテリトリーとして、平和にのんびりと過ごす事ができ、また飼い主にとっても、愛猫の健康状態を定期的に観察しながら、コミュニケーションを濃密に取る事ができるなど、数多くのメリットが生まれる。

そんな中、最近では、猫が過ごしやすいようにと、猫の行動や習性に配慮した室内リフォームが行われる事も多くなり、そのような提案をしてくれるリフォーム会社や建築事務所は、愛猫家の間で注目を集めている。

猫は元来、単独行動を好む性質があるため、集団行動を好む犬に比べると、自分の身は自分で守るしかないため、非常に警戒心が強く、自分が寝床とする場所も、薄暗い岩陰の隙間などの暗所や、木の枝などの高所など、外敵に襲われるリスクの少ない場所を選ぶ傾向にある。

猫は平均的に、自分の体高の5倍はジャンプする事ができると言われており、体高30~40cm前後の猫は、150cm程の高さであれば楽に飛べる事になる。

身体能力も非常に高く、高所での生活を苦にする事は無く、また、万が一落下しても、猫の三半規管は非常に優れているため、落下直後に素早く体を回転させ、足で自然な着地を行う事ができる。

そのような事から、猫の飼育スペースは、広さよりも高さが必要と言われており、猫が身を隠せる場所も複数箇所用意しておく事が好ましいとされている。

そのような点に配慮した猫優先のリフォーム依頼は年々増加しており、実際にリフォームを行った事例においては、猫が過ごす上での快適性が高まったためなのか、トイレを失敗したり、家具で爪を研ぐといった問題行動が全く無くなったケースも多いそうだ。

猫は人間以上に、快適な住まい環境に対しては敏感なのかもしれない。


光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト