スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


犬の肺炎の原因、症状、治療、予防について



犬の肺炎

肺炎は、細菌や真菌、ウイルスや寄生虫などの影響によって、肺胞をはじめとする肺の組織に炎症が起こる病気です。

風邪(風邪症候群)や気管支炎も、細菌などの病原体によって引き起こされる感染症ですが、風邪の場合は、病原体の活動の場が、鼻腔から咽頭までの上気道だけに限定されており、咳や鼻水が多くなるなど、比較的軽い症状で済む傾向にあります。

また、気管支炎の場合は、気管支の粘膜に炎症が起こり、タンがからみやすくなったり、咳が多く出るようになるという病変部の違いがあります。

肺炎は、酸素と二酸化炭素のガス交換を行う肺胞に炎症が起こるため、息切れしやすくなったり、高熱が長い期間続くなど、風邪や気管支炎に比べて重い症状が見られるようになります。

重症化すると酸欠(チアノーゼ)を起こして、呼吸が速くなったり、舌や歯茎が青紫色になる場合があります。

犬の肺炎の原因

犬の肺炎の原因は、気管支敗血症菌やストレプトコッカスなどの細菌、コクシジオイデスやクリプトコッカスなどの真菌、ジステンパーやケンネルコフなどのウイルス、フィラリアや肺虫などの寄生虫またはその幼虫が、気管や気管支に入り込み、肺の組織に感染する事によって引き起こされます。

また、アレルギーや自己免疫疾患の影響を受けたり、タバコの煙(副流煙)や排気ガスを吸引する事によって引き起こされる場合もあります。

老犬の場合には、ご飯を正常に飲み込む事ができず、本来は食道を通過するはずの食べ物が、誤って気管へと入り込んでしまい、肺に炎症を引き起こす場合があります。

このような誤嚥(ごえん)によって起こる肺炎は、誤嚥性肺炎と呼ばれています。

犬の肺炎の症状

犬が肺炎になると、咳、発熱、吐き気(嘔吐)、食欲不振、元気消失などの症状が見られるようになり、散歩や運動を嫌がるようになったり、常に元気が無くぐったりとした様子を見せるようになります。

そして、軽く運動をしただけでもすぐに息が上がるようになり、頻繁にゼーゼーという息苦しそうな呼吸をするようになり、あきらかにおかしな様子に見えるようになります。

症状が重くなり、呼吸困難を起こすようになると、呼吸が異常に速くなったり、舌や歯茎の色が青紫色になる酸欠(チアノーゼ)が見られるようになる事もあります。

また、息苦しさや肺の痛みから、夜になっても眠れなくなる場合もあります。

このような重度の肺炎は、体力や免疫力の弱い子犬や老犬がかかりやすく、時には呼吸困難で命を落としてしまう場合もありますので、決して甘く見てはいけません。

犬の肺炎の治療

犬の肺炎の診断には、レントゲン検査(X線検査)や胸部聴診などがあります。

レントゲンで白い影が映った場合には、肺炎の確定診断となります。

治療には、抗生物質の投与が中心になりますが、重度の肺炎の場合には、酸素吸入やネブライザー(吸入器)による薬剤吸入、インターフェロン製剤の点滴や注射、気管支拡張薬の投与などが行われ、入院が必要になります。

治療期間は一ヶ月近くにも及ぶ場合がありますが、適切な治療を受け、体を安静に保ちながら十分な栄養を摂取する事によって、体力の回復とともにゆるやかに改善していきます。

犬の肺炎の予防

犬の肺炎は、体力が低下していたり、免疫力が弱まっていると発症しやすくなりますので、適度な運動、バランスの良い食事、衛生的な生活環境、体のお手入れ、ストレスケア(スキンシップ)などにも十分配慮する必要があります。

また、納豆、無糖ヨーグルト、米麹などの発酵食品を与える事も、腸内環境が改善され、免疫力の強化にもつながりますので、肺炎をはじめとする感染症の予防には有効です。

犬の肺炎は、重症化すると非常に危険ですが、適切な治療を受ける事で改善に至る病気ですので、愛犬の異常に気がついた際には、早いうちに動物病院で詳しい検査を受け、早期治療に努める事が重要です。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。