犬の毛でフローリングの床が、2倍以上も滑りやすくなる

4月25日、犬用の靴などを販売するディライトクリエイション社は、北里大学名誉教授の馬渕清資博士と共同で、犬の毛の滑りやすさに関する実験の結果を発表した。

馬渕清資博士は、2014年に、バナナの皮を踏むとなぜ滑りやすいのか、という事を科学的に証明し、イグノーベル賞を受賞した事で知られている。

今回の実験では、まず最初にセンサー上に設置したフローリング材に、人の手で犬の足裏(肉球)を押し付け、その時の摩擦係数を調べた。

そして、犬の毛量を複数パターン用意して、そのフローリング材に犬の毛がある場合と無い場合の摩擦係数を5パターン測定した。

その結果、フローリング材に抜け毛が全く無く、犬の素足だけの場合には、摩擦係数が0.478だった。

これは、人での調査によると、全く転倒しない数値となる。

一方、フローリング材に犬の抜け毛(人が1日に抜ける毛量相当の約150本)を設置した場合には、摩擦係数が0.232となり、これは、約3人に1人が転倒する数値で、素足よりも2倍滑りやすくなる事が分かった。

さらに、抜け毛の量が増えると、摩擦係数がますます低下する結果が出た。

フローリング材は、ごくわずかな抜け毛であっても、明らかに滑りやすくなるようだ。

この実験により、馬渕名誉教授は「足裏で滑ると、転倒して深刻な事故になったり、関節部分に傷害が発生したりする。それは、人でも犬でも同じ事」と述べている。

特に小型犬の場合には、脱臼や骨折などのケガを追うリスクが高くなり、高齢犬の場合には、筋力が低下しており、肉球も乾きやすいため、さらに滑りやすくなるという。

このようなケガの予防には、室内のこまめな掃除、肉球周辺の被毛のカット、滑り止めの付いた靴下の着用、コルクマットの敷き詰めなどが必要のようだ。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト