スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アメリカのニューヨークで、人面犬ならぬ犬面犬が話題に

アメリカのニューヨークにある動物保護施設「ロリポップファーム」に、1匹の犬が保護され、その犬の写真がFacebookで紹介された途端、瞬く間に話題となり、多くの人々に拡散されて広まった。

その影響によって、その犬の里親希望者が殺到し、わずか2時間で新しい家が無事に決まるに至った。

そのような大きな話題を集めるきっかけとなったのは、この犬が保護された時は妊娠しており、施設で無事に元気な子犬を8匹も産んだのだが、実はもう1匹の子犬がひそかに隠れていたためだ。

それは、その犬の左耳に、自分そっくりの犬の姿が宿っており、人面犬ならぬ犬面犬と呼ばれるようになったためだ。

この耳の影響によって、犬のかわいらしい容姿にますます拍車がかかり、Facebookを中心に多大な人気を集める事となった。

8匹の子犬を産み、さらにもう1匹の子犬を体に宿したその犬は、ルーシーと呼ばれ、新しい家の守護神(神様のような不思議な犬)として、今も大切に飼われているそうだ。



光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。