スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


犬の椎間板ヘルニアの原因、症状、治療、予防について



犬の椎間板ヘルニア

犬の脊椎(背骨)は、7個の頸椎、13個の胸椎、7個の腰椎、3個の仙椎、約5個の尾椎が一列に連なっており、真ん中には脊柱管と呼ばれる空間があり、その空間に脊髄と呼ばれる神経幹が通っています。

脊髄は、脳と合わせて中枢神経系と呼ばれる場合もあります。

犬の椎間板ヘルニアは、何かの拍子でその脊椎に強い衝撃が加わったために、一列に並んでいる椎骨と椎骨の間のクッションのような役割のある椎間板(軟骨)が変形したり、その一部が外側へと飛び出してしまったために、脊髄と呼ばれる神経幹を圧迫して、痛み、しびれ、麻痺、痙攣などを引き起こすようになる病気です。

犬の椎間板ヘルニアの原因

犬の椎間板ヘルニアは、どの犬種においても発症する可能性がありますが、中でもダックス、コーギー、ペキニーズ、シーズー、ビーグルなどの犬種は、遺伝的に椎間板ヘルニアを発症しやすい傾向にあります。

椎間板ヘルニアを発症する主な原因には、高所からの飛び降り、段差の昇り降り、連続的な飛びつき(ジャンプ)、全力疾走などがあります。

肥満の犬は、脊椎にかかる負担が大きくなる事や、脊椎を支える筋肉が貧弱になってくるため、椎間板ヘルニアを発症する危険性が高くなります。

また、老化による骨密度の低下(骨量の減少)や、椎間板の弾力の低下(水分量の減少)も、椎間板ヘルニアの発症リスクを高める原因になります。

犬の椎間板ヘルニアの症状

犬が椎間板ヘルニアになると、椎間板の異常が生じた箇所から、神経を圧迫して起こる鋭い痛みが生じるようになります。

そのため、安静時でも痛がって鳴いたり、体を触られるのを嫌がって怒るようになる場合があります。

散歩中に足のもつれがよく起こるようになったり、お尻をつくなどの傾向が見られるようになる事もあります。

また、神経麻痺が起こると、足を引きずったり、立ち上がれなくなるといった運動障害が見られるようになる事もあります。

ひどい場合には、四肢の全てが完全に麻痺する半身不随、トイレの失敗(粗相)の増加、排尿(排便)困難が起こる場合もあります。

時には、このような痛みの原因が脊椎や椎間板の障害ではなく、膝蓋骨の脱臼や変形によって起こっているケースも多いと言われています。

犬の椎間板ヘルニアの治療

犬の椎間板ヘルニアは、症状が軽い場合には、痛み止め薬や抗炎症薬などの薬剤を使用した内科治療を行い、なるべく運動を控えるなどして安静に保つようにする事で、徐々に改善していく場合があります。

人間のぎっくり腰のように、急な動作や運動によって、腰の周囲の筋肉が硬直し、それによって筋肉を包んでいる膜(筋膜)も硬直し、動けない程の強い痛みが生じているという場合もあり、脊椎や椎間板に異常が無い場合には、安静に保つ事で自然に治まる場合があります。

患部を温めたり、鍼灸治療を行う事も、筋肉の強張りが緩み、筋肉に栄養分が送られるようになるため、治療効果が現れる場合もあります。

しかし、このような急性の腰痛を繰り返し起こしている犬は、脊椎や椎間板の周囲の筋肉が弱くなっており、やがて椎間板ヘルニアを発症する場合があるため、運度のさせ方や肥満には十分注意が必要と言われています。

内科治療や、安静に保つ事でも改善が見られない場合には、手術により、飛び出した椎間板を物理的に除去したり、脊椎の一部を切除する外科治療が行われます。

手術後は安静に保つ必要がありますが、犬の多くは安静に保つ事が難しいため、手術に成功しても、その後の経過によって改善に至らない場合もあります。

自力で排尿や排便ができない場合には、尿道カテーテルを使用して人為的に排尿させたり、お腹を圧迫したり浣腸するなどして、人為的に排便させる事が必要になります。

また、治療後も運動機能の回復が見込めない場合には、犬用車いすなどの補助用具を使用して、その後の生活の質を高める事を考慮する必要があります。

犬の椎間板ヘルニアの予防

犬の椎間板ヘルニアを予防するには、フリスビーを空中でジャンプしてキャッチさせるなど、激しい運動を控えたり、連続的な飛びつき(ジャンプ)をさせないように躾ける事が大切になります。

また、高所からの飛び降りや段差の昇り降りなどをさせないように、ソファーやベッドにはスロープをつけて、なるべく脊椎に負担をかけないように配慮する事も大切です。

また、フローリングは犬が滑り、関節炎や脱臼の原因になる場合があり、脊椎にも負担がかかりますので、椎間板ヘルニアの予防には、コルクマットを敷き詰めたり、カーペットを敷く事も大切です。

食べ過ぎによる肥満は、椎間板ヘルニアをはじめ、様々な骨格の病気の発症リスクを高める原因になりますので、食事量と体重管理を定期的に行い、肥満防止に努める事も大切です。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。