スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


犬が人間に対して戦略的なウソをつく事が、実験により証明される

犬は様々な経験を学習する事によって、戦略的にウソをつく事ができるという論文が、学術サイト「Animal Cognition」に発表された。

スイスのチューリッヒ大学の研究者マリアン・ヘバーライン氏は、自分の飼い犬達の奇妙な行動に興味を持った。

それは、1匹がもう1匹の注意をそらし、その隙に相手の寝床を奪おうとした事だ。

このような犬の行動を見たマリアン・ヘバーライン氏は、犬は人間に対しても、このような行動を行うだろうかと考えた。

その論文に書かれた実験によって、犬は自身で考える戦略に応じて、人間に対してもウソをつく事が証明された。

その実験とは、見知らぬ2人の人間(1人はご褒美をくれる協力的な人、もう1人はご褒美を見せるも、自分でキープしたままくれない非協力的な人)とパートナーを組み、ご褒美の入った箱へパートナーを連れていかせるというものだ。

ご褒美の入った箱は3つ(1つは好物のおいしいソーセージ、2つ目はソーセージほど好物ではないビスケット、3つ目は空箱)を用意しておき、2人のパートナーのうちの1人を箱の傍へ連れていくように命じる。

そして、その作業の後は、犬は飼い主を箱の傍へ連れて行く事ができ、残ったご褒美が全てもらえるという設定だ。

その実験では、2人のパートナーのうち、非協力的な人を連れていく際のほとんどは、わざと空箱へと導き、自分がご褒美を得ようとした事が分かった。

このように、非協力的な人を自身の戦略から遠ざける行動は、他の実験においても証明されているそうだ。

それは、犬の飼い主が他の人に作業を手伝って欲しいと頼む際に、協力的な人、非協力的な人、中立的な人(観察者)を配置し、その作業後、非協力的な人と中立的な人の両方からご褒美を差し出された際に、そのほとんどは中立的な人を選んだというものだ。

このような行動には、飼い主に対する親愛や忠誠の表れにも関係があり、犬が高い認知能力を持っている事も分かったそうだ。

このような行動は、人間の幼児やオマキザルにも見られるそうだ。

また、犬種間でもそれほど大きな違いは無いという。

今回の論文に書かれた研究成果からは、犬に対してご褒美を与えるのを渋った際には、犬が自身の目的であるご褒美を得るために、時にはウソをつくなど、様々な戦略を組み立て、目的達成を図る可能性がある事を示唆しているそうだ。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。