BLEビーコンで迷い猫もすぐに発見できる、位置特定サービス「ねこもに」

オープンストリームは、迷子になった猫の位置を特定できるIoTアプリ「ねこもに」を2017年の春に提供開始予定と発表した。

国内の約1,000万頭に迫る勢いの飼育猫のうち、約30%は迷い猫になり、そのうち約20%しか飼い主には戻らないという。

同サービスは、そういった状況や、大災害発生時の安否確認などを想定して開発されたそうだ。

猫は物影などに潜む習性があるため、目視ではなかなか見つけにくいが、このサービスを利用する事で、エリアを絞り込んで効率的に捜索する事が可能になるという。

「ねこもに」は、飼い猫の首輪に内臓された発信機からのBLEビーコンを、スマートフォンで受信し、得られた位置情報から、猫のいる確率の高い場所へ飼い主を誘導するシステム。

利用開始には、専用アプリをインストールする必要がある。

また、猫の位置情報をクラウド上にアップロードして、ユーザー同士のコミュニティで共有する事もできるため、飼い主はより広い範囲で迷い猫の情報を取得する事ができる。

他にも、ユーザー同士のメッセージ交換機能などもある。

首輪に内臓された発信の電池寿命は約1年間。

10月4日に幕張メッセで開催された「CEATEC JAPAN 2016」で「ねこもに」が出展されてからは、ますます注目を集めている。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト