スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あなどってはいけない、猫の毛球症(ヘアボール)



猫の毛づくろい

猫は暇さえあれば、グルーミング(セルフグルーミング)と呼ばれる毛づくろいを行う習性があり、体中を舐め回したり、手で顔を洗ったりなど、自分の被毛のお手入れを欠かさずに行っています。

猫のグルーミングは、起きている間の約25%(平均3.6時間)もの間、行っているとも言われており、猫は毎日かなりの時間をかけて、入念にグルーミングを行う傾向にあります。

猫はもともと、自然界で狩りをしながら生活していた狩猟動物ですので、獲物に見つからないように、何かの物陰に潜む事を好み、また、自分の体臭が獲物に悟られないように、体臭を抑えようとして、頻繁にグルーミングを行う傾向にあります。

グルーミングには、皮膚や被毛を清潔に保つといった、体の掃除や衛生の目的があるの他にも、不安や緊張などを和らげる役割もあると言われており、自分の体臭だけに限らず、室内または寝床の異臭を強く感じたために、グルーミングの頻度が多くなったり、時には騒音や環境変化などの精神的なストレスから、グルーミングを過剰に繰り返す場合もあると言われています。

また、グルーミングには、飼い主や猫同士におけるコミュニケーション(スキンシップ)の意味もあると言われています。

猫の舌

猫の舌の上には、糸状乳頭(しじょうにゅうとう)と呼ばれる小さな突起が無数に存在しています。

この舌の上にある無数の突起は、獲物の骨に付いた肉をそぎ落としたり、水を飲む時に引っ掛けるようにしてすくったり、被毛の汚れをブラシですくようにして取る役割などがあります。

そのため、人や犬の舌に比べると、とてもザラザラしており、猫の舌で舐められると、まるでヤスリで擦られているかのように、場所によっては痛く感じる事もあるくらいです。

このような猫の舌には、グルーミングの際に抜け落ちた被毛がとても付きやすいため、そのまま飲み込んでしまう事で、胃や腸に被毛が固まりとなって溜まりやすくなります。

猫の毛球症

猫がグルーミングを行ったために、舌で被毛をからめ取り、そのまま飲み込んでしまう事はよくある事ですが、猫草を食べる事で、胃の中に溜まった毛玉を吐き出したり、便とともに体外へ排出する事ができていれば、特に異常が生じる心配はありません。

しかし、胃腸が弱っており、胃や腸の蠕動(ぜんどう)運動が起こりにくくなっていると、上手に毛玉を吐き出せなかったり、便とともに体外へ排出できなくなるため、毛玉が胃や腸に溜まったままとなり、何度も吐こうとする仕草を繰り返すようになったり、食欲不振を招いて体重が減少してくる場合があります。

ひどい場合には、ご飯が全く食べられなくなり、衰弱してしまったり、腸閉塞といった重篤な病気を引き起こす危険性もあります。

このように、胃腸に毛玉が固まりとなって残る病気は、毛球症(ヘアボール)と呼ばれています。

猫の毛球症の原因

猫の毛球症は、猫が皮膚病を抱えている場合には、体を舐める頻度が多くなり、また、爪で引っ掻いたりして毛が抜け落ちる事が多くなるため、毛球症を発症するリスクが高くなります。

加齢、体調不良、内臓機能の低下などから、吐く力が弱くなっていたり、便通が悪くなっている事が原因になる場合もあります。

定期的にブラッシングをしていない場合にも、抜け落ちる被毛の量が多くなりますので、毛球症を発症しやすくなります。

また、騒音、引越し、異臭、知らない人や動物などの影響から、精神的なストレスを感じ、頻繁にグルーミングを行うようになり、毛球症にかかりやすくなる場合もあります。

いつも留守番ばかりで、飼い主と遊ぶ頻度も少なく、運動不足の傾向にある場合には、胃腸の働きが低下したり、暇を持て余して、グルーミングを行う頻度が多くなるため、毛球症にかかりやすくなると言われています。

毛球症は、被毛の長さに関わらず、どの猫の品種も発症する可能性がありますが、長毛種の猫や、換毛期のある猫は、抜け落ちる被毛の量が多くなるため、毛球症になりやすいと言われています。

一度も吐いた事が無いにも関わらず、毛球症を発症しないケースもあり、また時には、頻繁な毛玉の吐き出しは、食物アレルギーや炎症性腸疾患など、他の病気が潜んでいるケースもあります。

猫の毛球症の症状

猫が毛球症になると、ご飯を何日も食べなくなったり、何度も吐こうとする仕草を見せたり、排便を行わなくなるといった症状が見られるようになります。

猫はもともと食が細く、保守的である事や、胃酸過多によって、吐き気や嘔吐が起こる場合もあり、また、トイレが不潔な場合には我慢する事もあるため、普段の仕草や様子などから、毛球症である事を判断する事は、非常に難しいと言われています。

動物病気でも、血液検査や尿検査などの詳しい健康チェックを受けても、異常を発見する事ができず、また、レントゲン撮影をおこなっても、胃や腸に溜まった毛玉が写らない場合もあり、体調不良の原因が発見できない事もあると言われています。

そのような場合には、毛球症である可能性を疑う必要があると言われています。

猫の毛球症の治療

猫の毛球症の治療には、毛球除去剤を猫の口元に塗り、口元を舐めさせる事で、胃や腸に溜まった毛玉を便とともに排泄させやすくする処置が行われます。

その後、排泄された便に多くの被毛が含まれており、胃腸がきれいに掃除できれば、自然に食欲は回復していきます。

毛球除去剤でも効果が見られず、腸閉塞などの重篤な病気を引き起こす危険性がある場合には、胃や腸を切開する開腹手術を行い、毛玉を摘出する事が必要になります。

猫の毛球症の予防

猫の毛球症を予防するには、定期的にブラッシングを行い、抜け毛を少しでも多く取り除いてあげる事が大切になります。

特に、長毛種の猫や、換毛期のある猫は、しっかり時間をかけてブラッシングを行う必要があります。

換毛期のある猫は、冬毛が抜け落ちる春先は、抜け落ちる被毛の量が多くなりますので、入念にブラッシングを行う必要があります。

そして、退屈な事からグルーミングの頻度が多くなったり、運動不足によって胃腸の働きが低下しないように、愛猫とのスキンシップや遊びの時間もしっかり取るようにする事も大切です。

適度な運動は、心身のリフレッシュやストレス発散にもつながります。

また、環境面からストレスを抱えさせないために、室内のにおいにも注意して空気清浄機を使用したり、静かに体を休められる、薄暗く閉鎖的で狭い寝床を用意してあげる事も大切です。

おしゃれなデザインなどの見た目にこだわるよりは、ダンボール箱にタオルを敷くだけの簡易的なものでも、複数箇所に用意してあげる方が、猫にとっては安心できると言われています。

猫は大変きれい好きで、トイレが汚れていたり、排泄物のにおいが強く残っていると、嫌がって排泄する事を我慢してしまう場合がありますので、猫のトイレは普段から清潔に保っておく事も重要です。

猫草を用意したり、食物繊維が豊富なヘアボール対策用のキャットフードを与える事も、毛玉の自然は排出を促す効果が期待できます。

毛球除去剤と同じような働きのあるオリーブオイルまたは無塩バターを、定期的に大さじスプーン1杯程度与えて、便通を良くする事も有効と言われています。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。