スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


猫の皮膚糸状菌症(皮膚真菌症、白癬菌症)



猫の皮膚糸状菌症

猫の皮膚糸状菌症は、カビの仲間である真菌が皮膚(表皮)で過剰に繁殖した事によって、脱毛やかさぶたなどの病変が現れる、皮膚の真菌感染症です。

皮膚真菌症または猫白癬と呼ばれる場合もあります。

真菌は、もともと猫の体の至る所に存在しており、常在菌の一種とも言われています。

健康な猫の体表では、不顕性感染として無症状のままに存在しており、また、室内においても、抜け毛、フケ、垢の落ちる場所には、数多く生息しています。

しかし、真菌は葉緑体を持たず、光合成を行わないため、単独では生きていけず、人や猫などの動物の皮膚に寄生し、古い皮膚や皮脂などの老廃物を栄養源にする事で、生存する事ができています。

そして、皮膚に定着した後、過剰に繁殖してくると、皮膚病としての病変を引き起こすようになります。

猫の皮膚で繁殖する真菌は、人に寄生する真菌とは種類が異なると言われていますが、稀にうつる場合があるため、猫の皮膚糸状菌症は、人獣共通感染症と言われています。

また、人の水虫(白癬菌)が猫へとうつってしまうケースも、稀に見られると言われています。

猫の皮膚糸状菌症の原因

猫の皮膚糸状菌症は、既に病変が現れている猫との直接の接触や、真菌に侵された環境下で菌体が体に付着する事などから、感染が起こる場合があります。

また、感染猫を触った人の手や衣服に付着した菌体が、間接的に未感染の猫に付着してしまい、感染が起こる場合もあります。

免疫力の弱い子猫や老猫は感染が起こりやすく、また、ストレスが溜まっていたり、栄養不足の猫も感染が起こりやすい傾向にあります。

また、猫免疫不全ウイルス(FIV)、猫白血病ウイルス(FeLV)といった免疫力の低下を招くウイルス感染症にかかっているために、真菌への抵抗力がひどく弱まり、感染が起こりやすくなる場合もあります。

猫の皮膚糸状菌症の症状

猫の皮膚糸状菌症の症状は、感染した真菌が皮膚の角質層に定着したまま、菌糸を伸ばしながら根を張るようにして繁殖を続けるため、病巣の拡大とともに毛根がダメージを受け、局所的な脱毛が生じるようになります。

その脱毛は、最初は円形状に現れ、真菌の繁殖とともに大きく広がっていきます。

また、その患部を触った足で他の部位を触る事で、他の部位にもうつるため、同じような円形状の脱毛がいくつも現れるようになっていきます。

そのような事から、皮膚糸状菌(白癬菌)は、リングワームとも呼ばれています。

そして、脱毛部の周囲にはかさぶたが生じたり、フケが多く出るようになるなど、カサカサと乾燥したようになります。

また、ポツポツとした乾いた丘疹が現れる事もあり、皮膚がデコボコしてザラザラした状態になる場合もあります。

小さなフケが多く出る場合には、粉を吹いたように見える事もあります。

初期の頃から強い痒みが起こる事はほとんどありませんが、皮膚が傷ついて弱くなっている所に、他の細菌による二次感染が起こったり、他のアレルギー物質の影響を受けると、皮膚の腫れや発赤が起こる場合があり、痒みが生じるようになる事があります。

猫の皮膚糸状菌症の検査

猫の皮膚糸状菌症は、獣医師による視診だけでは判断できない場合も多いと言われています。

猫の皮膚糸状菌症の検査は、病変部の皮膚の一部を採取して、その組織に胞子や菌糸の存在を確認する顕微鏡検査が行われます。

また、ウッド灯と呼ばれる紫外線を照射する事で、真菌の有無を調べるウッド灯検査が行われる場合もあります。

顕微鏡検査でも見落とす可能性がある事や、ウッド灯検査でもホコリやフケに光が反応してしまう事があるため、確実な検査方法としては、その採取した組織から、真菌を培養する培養検査が行われ、真菌の検出を持って皮膚糸状菌症の確定診断となります。

培養検査は、検査結果が出るまでに1~2週間程度かかりますが、それまでの間は何も処置をしない事はほとんどなく、獣医師の判断により、患部の洗浄や殺菌、抗真菌薬の投与といった治療が行われます。

猫の皮膚糸状菌症の治療

猫の皮膚糸状菌症の治療は、シャンプーや薬浴などで体を洗浄したり、抗真菌薬の投与などが行われます。

猫は体がとても柔らかく、毎日こまめにグルーミングを行うため、塗り薬は舐め取ってしまう事が多いため、主に飲み薬が選択されます。

病変部の通気性を高めるために、患部の被毛を短く刈り上げる場合もあります。

治療中は、猫の体を清潔に保つとともに、猫の体から落ちた抜け毛、フケ、垢にも菌体は存在していますので、身の周りの生活環境も衛生的に保つようにして、病変部の拡散防止に努める必要があります。

猫の皮膚糸状菌症の予防

猫の皮膚糸状菌症は、既に感染している猫との直接の接触によって発症する事が多いため、他の猫との接触を避ける事が最も有効な予防方法となります。

また、飼い主が感染猫を触った手や、その猫と接触した衣服を介して、間接的にうつる場合もありますので、他の猫を触った後には、手洗いをしっかり行い、清潔な衣服に着替える事も重要です。

極力、そのような感染リスクを排除するには、完全な室内飼育にして、飼い主共々、他の猫との接触を避ける事が大切です。

飼い猫を外出させない事は、そのような真菌感染症の予防の他にも、ウイルス感染、寄生虫感染、猫同士のケンカ、野生動物との接触、交通事故など、様々な健康被害から愛猫を守る事にもつながります。

そして、猫の体を定期的にブラッシングしたり、除菌ケアを行うなどのお手入れしたり、身の周りの生活環境もこまめに掃除するなど、衛生面に留意する事も大切です。

猫の皮膚糸状菌症は、治りかけては再発するなど、とてもしつこくやっかいな皮膚病と言われていますので、ひどい状態で発覚してしまう前に、猫の体に異常がないかどうか、普段からこまめに様子を見ておき、早期発見、早期治療に努める事も大切です。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。