犬の心拍テンポの変化から、犬のストレス状態が測定可能に

2月18日、大阪府立大学の島村俊介准教授らの研究チームは、犬の心拍数を測定する事によって、リアルタイムに犬のストレス状態を把握する手法を開発したと発表した。

島村俊介准教は、この手法により、「表に出にくいペットの病気やけがを家庭で手軽に察知できるようになる」と話している。

動物は、ストレス時には交感神経が優位になり、リラックス時には副交感神経が優位になり、どちらが強く働くかにより、心拍のテンポにも変化が生じる。

それは、その時々の環境に応じて、1拍ごとに速くなったり遅くなったりするという。

同研究グループでは、その心拍のテンポを計測できるリュック型の小型センサーを開発した。

そして、そのセンサーを犬に装着し、心拍のテンポの変化を観察する事で、緊張が高まった時には、心拍のテンポが変化していく様子を把握する事に成功した。

現在普及している手法は、犬の血液や唾液の成分を検査する必要があり、その結果が出るまでには数日かかる。

島村俊介准教は、「このセンサーを商品化し、家庭でリアルタイムに犬の状態を把握できるようにしたい」と話しており、今後はシャープと共同で、犬の体に取り付け、手軽に健康管理ができるセンサーの開発に乗り出す予定だという。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト