スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「これおいしいよ!食べてみて!」犬は自分の幸せな気持ちを仲間と共感しようとする事が判明

犬の行動における最新の研究によると、犬は、人間やチンパンジー、ネズミと同様に、自分がとても幸せな気分になると、それを仲間と一緒に共感したいという感情を持ち、美味しいものを食べた時には、それを仲間に分け与えようとする行動を取る事が分かった。

オーストリアのウィーンにあるメッセルリ研究所の研究チームは、犬の感情や行動を分析するにあたって、様々な複雑な実験を行い、犬がどのような態度や行動を示すかを詳しく調べた。

その結果、犬は自分が幸せな気持ちを共感しようと、自分が食べた美味しいものを、他の犬にも分け与えようとする行動を取り続ける事が分かったという。

さらに、美味しい物を分け与える相手が自分の知らない犬の場合よりも、すでに顔見知りの犬である方が、その与えようとする行動は3倍も多くなり、自分の好みの犬を明確に選別している事も分かったという。

また、ニュージーランドのリンカーン大学の研究者達の報告では、犬は他の動物達の感情に波長を合わせる事ができるとする研究成果を発表しており、人間と同じように、他の動物の感情を汲み取る事ができ、優れた社会性を持つ事が分かっているそうだ。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。