東レが猫の慢性腎臓病治療に有効とされる新薬を開発

東レは1月23日に、猫の慢性腎臓病治療薬として、ベラプロストナトリウムを有効成分とする、経口プロスタサイクリン(PGI2)製剤「ラプロス®」の製造販売承認を取得したと発表した。

そして、4月より共立製薬を発売元として、同製剤の販売を開始する予定としている。

腎機能低下の抑制を効果効能とした、国内初の製剤「ラプロス®」は猫専用のもので、1回あたり1錠、1日2回、朝晩の食後に経口投与する錠剤だ。

慢性腎臓病(慢性経過の腎不全)は、腎臓の機能が徐々に低下していく病気で、食欲不振、体重減少、多飲多尿、嘔吐といった様々な症状が現れる疾病だ。

高齢猫に多く見られる傾向にあり、10才以上の猫における有病率は、30~40%とも言われている。

しかし、病態が解明されていない点も多く、その治療法は限られていた。

最新の研究報告によると、腎機能低下の主要因は、腎臓の間質における線維化と判明しており、同社はこれに着目し、線維化の抑制が慢性腎臓病の防止につながると考え、新薬の開発を着手した。

同製剤は、血管内皮細胞保護作用、血管拡張作用、炎症性サイトカイン産生抑制作用および抗血小板作用を有しており、これらの薬理作用によって腎臓の虚血および低酸素状態を改善させる事ができ、腎機能の低下を抑制し臨床症状を改善させることを可能にするという。

同社の発表では、腎機能低下の抑制を効果効能として承認を取得している薬剤は他に無く、同製剤が国内初のものだという。

今後は、ライセンス契約などで海外展開なども積極的に検討するとしている。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト