スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


猫の嘔吐の原因 - 健康的な猫の嘔吐と病的な猫の嘔吐



生理的にも多く見られる猫の嘔吐

猫は、体に異常が無い場合でも、生理的に吐く事がよくあり、嘔吐をする事の多い生き物と言われています。

猫は今でも完全な肉食動物ですので、草食動物のように臼歯(奥歯)が平らにはなっていないため、食べた物を飲み込める大きさにするためだけに咀嚼をしており、それを丸呑みして胃の中へと送り込んでいます。

その分、草食動物に比べると強力な消化液を持っているため、丸呑みした食べ物でも、問題なく消化吸収する事ができるようになっています。

また、人間に比べると嘔吐反射が弱いため、それによって嘔吐が起こりやすくなる原因にもなっています。

嘔吐反射は、口腔内の喉元付近に異物が接した事を感じた際に、それを吐き出そうとする生体の自然な反応です。

人間では、歯ブラシが舌の上に接した時や、薬の錠剤を飲み込もうとした時などでも、容易に起こりやすくなっており、異物を飲み込む前に吐き出す作用がとても強いですが、猫はこの嘔吐反射が肉食動物の特性上、弱くなっているため、水が無くても大きな固まりのご飯を難なく飲み込める事ができる分、食べ過ぎによる消化不良、毛玉やゴミなどの異物の蓄積、遊び道具の誤食などから、嘔吐が起こりやすい傾向にあります。

健康的な猫の嘔吐

猫の嘔吐には、自然な生理作用からきているものもあり、健康上において特に問題のないケースもいくつか存在しています。

このような嘔吐は、猫が吐いた後も辛い様子を見せる事もなく、ケロっとしていたり、普通にご飯を食べる事も多く、それほど心配する必要は無いと言われています。

そのため、猫の嘔吐によって床やカーペットが汚れてしまう事にはなりますが、むやみに邪魔はしないように注意しながらそっと見守り、自然な生理作用で吐かせるようにして、吐しゃ物(嘔吐物)の掃除は、猫が吐いた後に行うように配慮する事が大切になります。

消化不良、胃腸疲労によるご飯の吐き戻し

吐き戻しは、急にガツガツと勢い良く食べてしまった場合や、短時間のうちにフードの分量を多く摂取した場合などに起こるもので、胃の中に急に多くの食べ物が送り込まれ、胃に大きな負担がかかった際に、消化不良を起こしてしまう場合の嘔吐です。

このような状態は、人間の場合では早食いをする人、ドカ食いをする人などに見られますが、人間は食べ物をしっかり咀嚼してから飲み込むため、胃もたれ、胸やけ、腹痛といった不快感だけが生じる事が多いですが、猫の場合には、丸呑みした食べ物で胃の容量がいっぱいになると、嘔吐が起こりやすくなります。

そして、猫は再び吐き出したものを食べてしまう事もありますが、そのような吐き戻しを行う事で、自然に胃腸の負担の軽減を図っているもので、それほど心配する必要は無いと言われています。

草食動物は、消化吸収しにくい食物繊維ばかりを食べていますので、このような吐き戻しを普段から日常的に口腔内で行っていると言われています。

グルーミングで溜まった被毛、異物の吐き出し

猫はもともと小動物などの獲物を待ち伏せして、それを捕らえて生活していた生き物ですので、高い所に登ったり、箱の中などに隠れて潜む事を好む性質があり、また、獲物に自分のニオイを悟られないように、自分の体臭を抑えようとして、暇さえあればグルーミングを行い、清潔に保とうとする性質があります。

そのため、猫は他の動物に比べて体臭が少ないと言われています。

そのように、猫は頻繁にグルーミングを行っている事から、ザラザラした舌で抜け毛をひっかけてしまい、繊維クズやホコリなどの汚れと一緒に、胃の中へと飲み込んでしまう事も多く、それがある程度溜まってくると、自然に嘔吐が起こり、吐き出す事があります。

このような嘔吐は毛球症(ヘアボール)と言い、猫の正常な排出作用と言われています。

抜け毛の多い換毛期、ブラッシング不足、ストレスの多い猫は、毛球症になりやすいと言われています。

胃もたれ、むかつき、膨満感などを解消するために、猫草を食べる事で意図的に嘔吐を促して、すっきりしようとする場合もあります。

胃酸過多による吐き気、嘔吐

人間も、食べ過ぎによって胃腸の調子が弱ってくると、胃もたれ、胸やけ、むかつき、腹痛などが起こる原因になりますが、猫も体調不良や加齢などの影響から、同じようにお腹の調子を悪くする場合があります。

そのような状態は、胃の働きが低下しており、胃の中に内容物が長い間留まるようになるために、胃酸が多く分泌するようになる事が原因だと言われています。

猫がこのような状態になると、猫は人間に比べて嘔吐しやすいために、朝起きた直後や空腹時に胃酸過多が起こった際には、胃酸が逆流してしまい、透明または、白っぽい泡状の胃液だけを吐き出したり、黄色っぽい胆汁だけを吐き出す事があります。

また、このような嘔吐は、朝起きた直後や空腹時の他にも、くしゃみや咳の拍子に吐いてしまう事もあります。

病的な猫の嘔吐

猫の嘔吐の中には、病気の恐れのあるものや、体への負担が大きいものなど、危険な嘔吐のタイプも存在しています。

そのように、いつもと違う吐き方や、元気の無い様子が見られた場合には、何らかの体のトラブルを疑って、病院で診察を受ける必要があります。

吐しゃ物に血が混じっている

猫の吐しゃ物(嘔吐物)に赤い色や茶褐色の色が混じっている場合には、胃炎や腸炎によって、胃や腸から出血が起こっており、その血液が吐しゃ物に混じっている事が考えられます。

また、回虫(寄生虫)に感染しているために、腸壁が傷ついていたり、吸血されているために、出血が起きている可能性も考えられます。

このような出血が見られた場合には、何らかの胃腸に障害が起こっている可能性が高いため、早いうちに病院で詳しい検査を受ける必要があります。

時には、猫の吐しゃ物の中に、細長い回虫が混じって出てくる場合もあります。


連続的な吐き気(何度も吐こうとする)

猫が1日に何度も吐こうとしているにも関わらず、口からは何も吐き出さず、舌を出したり、よだれだけを垂らしている場合には、誤食した異物が胃や腸に詰まっている可能性が考えられます。

また、グルーミングによって飲み込んだ被毛の量が多すぎるために、胃や腸で詰まってしまい、なかなか出てこなくなっている事も考えられます。

異物が大きい場合や、被毛が大量に溜まっている場合には、胃腸壁の損傷や腸閉塞など、命に関わる状態へと発展する場合もあります。

また、肝臓、腎臓、膵臓などの内臓に重篤な障害が生じている可能性も考えられますので、頻繁な吐き気が治まらない場合には、早いうちに病院へ連れて行き、診察を受ける必要があります。

連続的な嘔吐(何度も吐く)

猫は生理的に嘔吐をする事は、決して珍しい事ではありませんが、1日に何度も嘔吐を繰り返している場合には、脱水症状が起こるため、病院で詳しい検査や治療を受ける必要があります。

激しい嘔吐は、毒性のある草、人間の食べ物、医薬品など、何らかの誤食によって食中毒を起こしていたり、細菌やウイルスによる感染症、膵炎や腎不全といった重い病気の可能性も考えられます。

また、異物や被毛が胃や腸に溜まったままで、それが吐いても出てこないために、吐き気や嘔吐が治まらない場合もあります。

嘔吐を繰り返している場合には、猫の体力も消耗してきますが、ぐったりしている場合や、いつになく大人しい場合には、重篤な内臓疾患や腫瘍など、緊急性の高い病気を患っている可能性も考えられますので、早めに病院に連れていき、詳しい検査を受ける必要があります。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。