スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


京大グループ、ガン細胞が排除されるメカニズムをハエで解明

京都大生命科学研究科の井垣達吏教授と大学院生の山本真寿さんらの研究チームは、ガンの前段階にある細胞が、その周囲にある正常な細胞から攻撃を受け、ガン化が進む前に排除される詳しいメカニズムを突き止める事に成功した。

京大の研究グループでは、これまでにも、正常な細胞内に「Slit」「Robo」というタンパク質を作る遺伝子が壊れる事で、ガンの元となる変異細胞を排除できなくなることを発見しており、その研究成果を発表していた。

ガン化の初期段階では、ガンの元となる変異細胞が、周囲の正常な細胞から何らかの仕組みで攻撃される事は分かっていたが、それがどのようなメカニズムで排除されるかまでは、詳細には解明できていなかった。

今回の研究は、ショウジョウバエの眼の組織に、人工的にガンの元となる細胞を誘導し、その細胞の排除に必要な正常な細胞側の遺伝子を探索したものだ。

その結果、「Sas」と呼ばれる細胞表面のタンパク質が、ガン細胞の排除に必要である事を発見するに至った。

また、正常な細胞がガンの元となる変異細胞に接すると、正常な細胞の表面のタンパク質「Sas」が変異細胞の表面の「PTP10D」と呼ばれるタンパク質に結合して、変異細胞の増殖が抑えられ、さらに変異細胞が死滅しやすくなる事も分かった。

本研究成果は、2017年1月17日に英国の学術誌「Nature」に掲載され、今後の新たなガン治療法の開発に結びつく事に、大きな期待が集まっている。

井垣教授は「哺乳類でも実験して、新たながん治療の戦略となるか検討したい」と話している。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。