スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アトピー性皮膚炎のかゆみの発生メカニズムが判明し、根本治療への期待が高まる

1月9日、九州大学生体防御医学研究所の福井宣規教授らの研究グループは、アトピー性皮膚炎のかゆみの原因物質を作り出すタンパク質を突き止めたと、英科学誌「ネイチャー・コミュニケーションズ」(電子版)に発表した。

この研究成果によって、かゆみを根本から絶つ、新薬の開発に期待が集まっている。

犬や猫の皮膚炎の中でも、特に難治性で治りにくいと言われているアトピー性皮膚炎は、親から子への垂直型の遺伝パターンだけに限らず、劣性遺伝によっても引き起こされるなど、複雑な遺伝パターンによって発症する事が知られている。

そのアトピー性皮膚炎は、皮膚から体内へと侵入した何らかの異物に対して免疫反応が働く事によって、皮膚のかゆみが慢性的に生じるアレルギーだが、そのような慢性的なかゆみが生じるために、皮膚を引っ掻いたり、掻き毟るなどして、病状の悪化を招いたり、治りにくくなっているケースも少なくない。

この、皮膚のかゆみを引き起こす原因物質は、異物を認識した免疫細胞から大量に放出されるタンパク質「IL31(インターロイキン31)」である事は判明していたが、そのかゆみの原因物質がどのようなメカニズムで作り出されるかまでは、解明されていなかった。

そんな中、同研究チームは、重いアトピー性皮膚炎のマウスの免疫細胞内に、正常なマウスにはないタンパク質「EPAS1(イーパス1)」を発見した。

そして、遺伝子操作によって免疫細胞内の「EPAS1」を増減させると、免疫細胞から放出される「IL31」も増減し、そのかゆみの原因物質の放出には、「EPAS1」が重要な役割を果たしている事が分かったという。

福井宣規教授は、「今回発見したタンパク質「EPAS1」が、アトピー性皮膚炎のかゆみの誘発に重要な役割をしている事が検証でき、そのかゆみを根本から絶つ、新薬の開発につなげたい。」と話している。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。